ニュース

ヨーグルトを食べると心血管疾患のリスクが低下 女性では30%減少

 ヨーグルトの摂取量が多いほど、高血圧の男性と女性の心血管疾患のリスクが低下する傾向があることが、7万人以上を対象とした調査で明らかになった。ヨーグルトを食べると、糖尿病のリスクが低下することも分かっている。
ヨーグルトが心臓の健康の維持に役立つ
 高血圧は、心筋梗塞や心不全などの心血管疾患の主要な危険因子だ。世界の10億人が高血圧であると予測されており、効果的な心血管疾患の予防策が求められている。

 これまでの研究で、ヨーグルトなどの乳製品を食べることで、高血圧、2型糖尿病などを予防・改善でき、インスリンの効きが悪くなるインスリン抵抗性を改善できることが示されている。これらは心血管疾患の危険因子であり、ヨーグルトを食べることで心血管疾患を予防できる可能性があることが、7万人以上を対象とした調査で明らかになった。

 「高血圧の男性と女性を30年以上追跡した大規模な研究で、ヨーグルトが心臓の健康の維持に役立つことが分かりました。食物繊維が豊富に含まれる野菜や果物、全粒穀物とともに、ヨーグルトを食べることが勧められます」と、ボストン大学医学部予防疫学部のジャスティン ブレンディア氏は言う。

ヨーグルトが女性の心筋梗塞リスクを30%減少、男性では19%減少
 研究チームは、米国で実施されている大規模調査である「看護師健康研究」(Nurses' Health Study)に参加した5万5,898人の女性(30~55歳)と、「医療従事者追跡研究」(Health Professionals Follow-up Study)に参加した1万8,232人の男性(40~75歳)のデータを解析した。

 研究の参加者は、61項目の食事についての質問票に回答し、心筋梗塞や脳卒中などの発症や、血行再建術などの治療歴について報告した。期間中に3,300人の女性と2,148人の男性が、これらの疾患と診断されたり治療を受けた。

 解析した結果、ヨーグルトの摂取量が増えると、高血圧のある人で、心筋梗塞のリスクが女性では30%減少し、男性では19%減少することが分かった。女性では、ヨーグルトを食べることで、血行再建術の手術を受ける割合が16%低下した。

 さらにどちらのグループでも、週2回以上のヨーグルトを食べている人は、追跡期間中に主要な冠動脈性心疾患や脳卒中を発症するリスクが20%減少した。

 「ヨーグルトなどの乳製品が健康に良いことは多くの研究で指摘されています。今回の研究で、ヨーグルトを長期間食べ続けると、心血管疾患のリスクを低下できることが示されました」と、ブレンディア氏は言う。
ヨーグルトが糖尿病リスクを下げる
 ヨーグルトを積極的に食べると、2型糖尿病のリスクを低下できるという調査結果も発表されている。

 2型糖尿病は、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが十分に分泌されなかったり、インスリンが効きにくくなる「インスリン抵抗性」という状態に陥ることで発症する。

 ヨーグルトを食べることが、糖尿病の発症リスクにどう影響するかを調査したこの研究は、ハーバード公衆衛生大学院栄養学部のフランク フー教授らによるものだ。

 研究チームは、米国で行われた大規模調査である「看護師健康研究」(1980~2010年)、「看護師健康研究II」(1991~2009年)「医療従事者追跡研究、」(1986~2010年)に参加した男女を対象に調査した。

 対象となった人数と年齢はそれぞれ、4万1,436人(40~75歳)、6万7,138人(30~55歳)、8万5,884人(25~42歳)だった。調査期間中に1万5,156人が2型糖尿病を発症した。

 分析した結果、ヨーグルトを毎日28g食べていると、2型糖尿病を発症するリスクが18%減少するという結果が得られた。ヨーグルト28gはティースプーン山盛り2杯半分に相当する。
ヨーグルトがインスリン受容性を改善、炎症も低減
 研究チームは、「ヨーグルトを食べると、インスリン受容性が改善し、血糖を下げるインスリンの効きが良くなり、炎症を減らす作用を得られる可能性があります」と指摘している。

 また、炭水化物の摂取前に乳製品を摂取すると、インスリン分泌を刺激する消化管ホルモンである「グルカゴン様ペプチド-1」(GLP-1)の分泌が刺激され、食後の血糖値の上昇を抑えやすくなることが、過去の研究で確かめられている。

 「植物ベースの食事を摂ること、野菜や果物、全粒穀物を十分の摂ること、運動を習慣として続けることなどに加え、ヨーグルトを食べることを健康的な習慣に加えるべきでしょう」と、ハーバード公衆衛生大学院栄養学部のフランク フー教授は述べている。

Eating yogurt may reduce cardiovascular disease risk(オックスフォード大学 2018年2月15日)
Regular Yogurt Intake and Risk of Cardiovascular Disease Among Hypertensive Adults( American Journal of Hypertension 2018年2月15日)
Yogurt may reduce type 2 diabetes risk(ハーバード公衆衛生大学院 2014年11月25日)
[Terahata]

「栄養」に関するニュース

2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月09日
野菜摂取量向上を図るプロジェクトが最優秀賞 「第10回健康寿命をのばそう!アワード」生活習慣病予防分野
2021年12月08日
「今求められる女性の健康サポート」へるすあっぷ21 12月号
2021年12月06日
【新型コロナ】腸内環境を健康にして感染対策 食物繊維で善玉菌をサポート 腸内菌が感染と重症化を防ぐ?
2021年11月30日
牛乳やヨーグルトなどの乳製品が高齢者の骨折や転倒のリスクを減少 カルシウムとタンパク質を十分に摂ることが大切
2021年11月30日
内臓脂肪が多いと認知症リスクが上昇 脳の異常も発生 内臓脂肪を減らせばリスクを減らせる
2021年11月30日
【新型コロナ】感染拡大の影響で食生活も変化 食育への関心は高いが実行がともなわない 食育を紹介したピクトグラムを作成
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶