ニュース

厚労省が不妊治療と仕事の両立に関して初めての調査を実施

 厚生労働省はこのほど、「不妊治療と仕事の両立に係る諸問題についての総合的調査事業」の調査結果報告書を公表。大多数の企業が不妊治療を行っている従業員を把握しておらず、労働者も約6割が不妊治療をしていることを職場でオープンにしたくないと考えていることなどが明らかになった。厚生労働省が、不妊治療と仕事の両立に関して調査を行うのは初めて。

 調査は2017年、不妊治療と仕事の両立に関する実態や問題点、企業における両立支援状況などの把握と分析を行うことが目的に、企業と労働者を対象にそれぞれアンケートで実施。

 企業アンケートは「女性の活躍推進企業データベース」でデータ公表を行っている約7900 社から、従業員規模10 人以上の企業4000 社を無作為で抽出し、779 社から回答を得た。このうち11社においてはヒアリング調査も実施している。

 「不妊治療を行っている従業員の把握状況」では、67%が「わからない」と回答。「不妊治療のための制度導入数」についても、「特化した制度はない」が81%を占めた。制度がある企業のうち、一番多かったのは「不妊治療のための休暇制度」だった。

 一方、不妊治療に特化はしないものの、不妊治療を行っている従業員も利用可能な制度がある企業は43%。そのうち最も多い制度は、「半日単位・時間単位の休暇制度」だった。

 労働者アンケートは男女労働者2,060 人の登録モニターを対象に、インターネット調査で行われた。

 14%の人が不妊治療を経験、もしくはこれから予定しており、そのうち53%の人が「仕事と不妊治療を両立している」と回答。しかし87%の人が両立を難しいと感じており、その理由は「通院回数が多い」、「精神面で負担が大きい」「待ち時間など通院時間にかかる時間が読めない、医師から告げられた通院日に外せない仕事が入るなど、仕事の日程調整が難しい」の順で多かった。

 一方、「両立できなかった」と答えた人は全体の35%に上り、その結果、「仕事を辞めた」(16%)、「不妊治療を辞めた」(11%)、「雇用形態を変えた」(8%)となっていた。

 また職場で不妊治療をしていることを伝えている人の割合は38%。職場でオープンにしない理由は「不妊治療をしていることを知られたくないから」、「周囲に気遣いをしてほしくないから」などだった。一方、職場に不妊治療をしていることを伝えている人のうち、18%が上司や同僚から嫌がらせや不利益な取り扱いを受けていたことも明らかになった。

 不妊治療と仕事の両立を図るため、行政に望む支援は「不妊治療への国民・企業の理解を深める」が最も多かった。

報道発表「不妊治療と仕事の両立に関して厚生労働省として初めての調査を実施しました」(厚生労働省)
[yoshioka]

「産業保健」に関するニュース

2021年06月29日
【新型コロナ】ワクチンを否認しているのはどんな人? 全国で大規模調査を実施 情報発信が必要「地域や社会の健康と回復につながる」
2021年06月29日
夫が育児に参加すると妻の心理的苦痛を低減できる 男性も積極的に育児に取組む必要が 7万組超の夫婦を調査
2021年06月29日
産業保健師活用テキスト『産業保健師がいること』のご紹介
2021年06月28日
【生活習慣病の医療費】トップは入院では「脳血管障害」、入院外では「糖尿病」 特定健診と特定保健指導が重要 健保連
2021年06月28日
高齢者の脳の老化予防に効果的なのはウォーキングなど「有酸素運動」 記憶力が低下する前に運動を始めることが大切
2021年06月28日
肥満は薄毛・脱毛も引き起こす 肥満を早期から予防すれば、毛を生やす細胞を維持できる メカニズムを解明
2021年06月25日
【新型コロナ】ワクチン接種で副反応が 熱が出たら市販の解熱鎮痛剤を利用することも可能 厚労省が成分を示す
2021年06月25日
【健やか21】「一般のみなさまへ 妊娠中の体重増加の目安について」の掲載について(日本産科婦人科学会)
2021年06月22日
「食中毒」の季節が到来 「予防の3原則」で夏を快適に過ごす 食中毒にともなう脱水を防ぐには
2021年06月22日
【新型コロナ】野菜や魚を食べると新型コロナが重症化しにくい 健康的な生活スタイルで感染対策
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶