ニュース

今夏の熱中症による救急搬送人員は95,000人、昨年度に比べて大幅増加

 総務省消防庁はこのほど、平成30年5月~9月における「熱中症による救急搬送状況」を取りまとめ、公表した。
 平成30年の全国の熱中症による救急搬送人員数の累計は約95,000人で、昨年同期間と比べると約42,000人増加。
 初診時の確認において、熱中症により死亡した人も160人と、昨年同期間の48人より大幅に増えている。
 平成30年は東日本と西日本は記録的な高温となったこともあり、熱中症による救急搬送人員数、死亡者数は前年に比べて大幅に増加した。

救急搬送人員数年次推移.jpg 出典:総務省消防庁「平成30年(5月から9月)の熱中症による救急搬送状況」

 月ごとの集計では7月が約54,000人、8月が約30,000人。週ごとの比較では、7月16日~22日が約23,000人と最多。

 年齢区分別の救急搬送人員数は満65歳以上の高齢者が最も多く、約46,000人で全体の48%を占めた。次いで成人(満18歳以上 満65歳未満)の約35,000人(37%)、少年(満7歳以上18歳未満)の約13,000人(14%)、乳幼児(生後28日以上満7歳未満)の約1,000人(1%)と続く。

初診時死亡人数も昨年度比較で大幅増
 初診時の傷病程度は、入院加療を必要としない「軽症」が最も多く、全体の65%。また、傷病の程度が重症または軽症以外で入院診療を行う「中等症」は32%で、軽症と中等症で全体の97%を占める。

 一方、3週間以上の長期入院を必要とする「重症」は約2,000人(2.2%)、初診時に死亡が確認されたのは160人(0.2%)と、全体から見た割合は低いが、昨年度に比べると人数は大幅に増加している。

 発生場所ごとで比べると「住居」が最も多く、次いで道路、公衆(屋外:不特定者が出入りする場所の屋外部分)、仕事場①(道路工事現場、工場、作業所等)の順だった。

 都道府県別の救急搬送人員数で最も多いのは東京都で約7,800人。一方、人口10万人あたりの救急搬送人員数で比べると岡山県が最も多く、群馬県、岐阜県、奈良県、三重県と続いた。

報道資料「平成30年(5月から9月)の熱中症による救急搬送状況」(総務省消防庁)
[yoshioka]

「地域保健」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月20日
「住環境」は健康増進にも影響 「断熱と暖房」が血圧や住宅内での活動量に寄与 足元が暖かいことも大切
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月13日
【新型コロナ】日本人はなぜ感染・死者数が少ない? 風邪でつくられた免疫が新型コロナにも有効に働いている可能性 理研
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶