ニュース

【全国生活習慣病予防月間2020】「多動」川柳を募集中!!(賞金5万円)

全国生活習慣病予防月間「少食」一無、二少、三多で生活習慣病を予防!

 生活習慣病の一次予防を中心に、その普及・啓発を行う一般社団法人日本生活習慣病予防協会(理事長・宮崎 滋)では、生活習慣病予防に対する国民の意識向上と、これによる健康寿命の伸長を目指すべく、毎年2月を「全国生活習慣病予防月間」と定め、広く啓発活動を行っております。

 月間では「"一無、二少、三多"による生活習慣病予防」をメインテーマに、年度テーマと併せて情報発信を実施しており、様々な事業を展開していきます。

 ご家族や職場で、また、全国の自治体、医療機関、企業、健保組合、学校、介護施設、関連団体など健康増進事業に携わられている方々に広くこの機会をご活用いただき、健康啓発にお役立ていただけることを願っております。

 毎年2月の「全国生活習慣病予防月間」、今回のテーマは、健康標語である「一無、二少、三多」の"多動(元気に動いて健康づくり)"にフォーカスし、啓発活動を行います。

 恒例となりました川柳(5・7・5)形式のスローガン募集を今年も実施いたします。皆さまからのご応募お待ちしております!

 毎日仕事や家事に忙しく、なかなか運動をする機会が取れないという方も多い現代社会ですが、日々の生活の中に上手く取り入れることで日常生活の活動量を増やして身体活動を高めることが出来ます。

 「2本の足は2人の医者」という格言もあるとおり、1日に20分の歩行を2回、体操・筋力トレーニングを各10分といった小さな積み重ねでも健康づくりには効果的です。

 「多動(元気に動いて健康づくり)」を伝えるために、自身のエピソード、効果的な運動方法など運動に関するご自身の思いやアイデアを川柳形式(5・7・5)でご応募ください。

 最優秀賞作品は、生活習慣病予防月間のスローガンとして採用し、ポスター・ホームページなどに使用します。

多動スローガン(5・7・5)応募要項
  • 応募資格:どなたでも
  • 作品の規定:川柳形式(5・7・5)、お1人様につき5作品まで。
    ※重複応募は無効となります、応募規約 を必ずご確認の上、ご応募ください。
  • 入賞:最優秀賞1名(5万円)、優秀賞3名(5000円ギフトカード)、佳作5名(1000円ギフトカード)を贈呈!
  • 応募締切:2019年10月18日

過去入賞作品例:
・運動で 減らす体重 増す寿命(はちまん あおぐ/男性/兵庫県)
・あと10分 歩いて延ばす 健康寿命(みんとん/女性/兵庫県)
・運動で 体のリズム 良い調べ(なっつママ/女性/群馬県) 
・家事だって 立派な運動 母元気(おおききこ/女性/茨城県)
2014年「多動」川柳入賞作品をもっと見る

 その他、応募について

■郵送での応募も可能です

■郵送先:
〒105-0003
東京都港区西新橋2-8-11 第7東洋海事ビル8階
株式会社 創新社内


■選 考:全国生活習慣病予防月間実行委員会(医師、メディア関係者)

■入賞作品の発表:
川柳(スローガン)は2019年12月頃予定。採用者に通知するほか、当協会ホームページほか関連サイトで受賞発表。

■注意事項:
・応募作品は未発表で自作のものに限ります。
・応募いただいた作品の著作権は主催者(一般社団法人日本生活習慣病予防協会)に帰属するものといたします。
・作品は、ポスターなどに使用するほか、予防月間で行う事業や、関連サイト・SNS、主催者が必要と認めたものに活用させていただきます。応募者情報として、お名前またはペンネーム、住所(都道府県のみ)、年齢、職業を公開します。
・応募者の個人情報は、主催者にて厳重に管理し、採用審査・当選者への連絡用途に限り使用することとし、正当な理由のない第三者への開示や、譲渡および貸与等は一切いたしません。

≫応募ルールは応募規約 も必ずご確認ください。

主 催:一般社団法人 日本生活習慣病予防協会

お問い合わせ:
一般社団法人 日本生活習慣病予防協会事務局

[soshinsha]

「運動」に関するニュース

2021年12月20日
「住環境」は健康増進にも影響 「断熱と暖房」が血圧や住宅内での活動量に寄与 足元が暖かいことも大切
2021年12月08日
「今求められる女性の健康サポート」へるすあっぷ21 12月号
2021年12月07日
「少食+運動不足」の女性は健康リスクが高い 運動習慣のない人も取り組みやすい「女性のためのエクササイズ」動画を公開
2021年12月07日
筋肉が減る「サルコペニア」は早期に対策すれば防げる 運動を意識して行い、筋肉の量と機能の低下を防ぐ
2021年11月30日
内臓脂肪が多いと認知症リスクが上昇 脳の異常も発生 内臓脂肪を減らせばリスクを減らせる
2021年11月16日
【新型コロナ】ウォーキングなどの運動でうつや不安を解消 座ったままの時間が長いとうつリスクが上昇
2021年11月09日
【世界糖尿病デー】東京都「今日から始めよう!糖尿病予防」キャンペーン 都民の4人に1人は糖尿病かその予備群
2021年11月08日
肥満のある人・肥満のない人の両方に保健指導が必要 日本人4.7万人の特定健診データを解析
2021年11月08日
音楽に合わせた軽めの運動が認知機能や気分を向上 「運動は、少し動きを速くして休憩を挟みながら行うと、より楽しく快適に」
2021年11月05日
「脳・心臓疾患の労災認定基準改正 働き方改革の一層の推進へ」へるすあっぷ21 11月号
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶