ニュース

【新型コロナウイルス感染症】「緊急Webセミナー」「医療機関における対応ガイド 第2版」を公開

 日本臨床微生物学会は3月5日に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する緊急Webセミナーを開催する。また、日本環境感染学会は3月2日に、「医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド(第2版)」の公開を開始した。
緊急Webセミナーを開催 日本臨床微生物学会
臨床検査に関わる対応~検体採取・検体の取り扱い・検査・結果解釈~
 日本臨床微生物学会は3月5日に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する緊急Webセミナーを開催する。新型コロナウイルス感染症について、日本での感染拡大状況におけるフェーズが変わり、一般病・医院での受入が実施されることを想定して実施するもの。

 今回の緊急Webセミナーは、臨床検査に関わる医療従事者(医師、臨床検査技師、看護師など)を対象とした、血液検査、培養検査、PCR検査などの検体採取時の注意点、臨床検体の保管、輸送、検査時の取り扱い、PCR検査の概要と解釈などの周知を目的として実施される。

配信日時2020年3月5日(木)17:30~18:30
配信内容 講演1「診断に必要な検査と検体採取時の注意点」
細川直登(亀田総合病院 感染症科 部長)

講演2「臨床検体の取り扱いと各検査時の対応」
三澤成毅(順天堂大学医学部附属順天堂医院 臨床検査技師長)

講演3「nCoV検出のための遺伝子検査法」
青木弘太郎(東邦大学医学部 微生物・感染症学講座 助教)
視聴方法などは日本臨床微生物学会ホームページをご覧ください。
「医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド(第2版)」を公開
 日本環境感染学会は「医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド(第2版)」の公開を開始した。

 医療機関の診療および感染対策で適切な対応をとるための一助になるよう、2月12日に公開を開始した第1版を改訂したもの。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を取り巻く状況は大きく変化しており、医療現場からは個人防護具の具体的な着脱の方法や、医療従事者の曝露リスクに応じた就業制限などについての記載の要望が多く寄せられたという。

 COVID-19について「特徴」「発生状況」「臨床的特徴(病態、症状)」「診断」「治療・予防」「感染対策」「国内における患者の診療体制」「法律上の規定」「相談窓口、問い合わせ先」「参考文献、情報」の項目に分けて解説。

 同ガイドの主な対象は一般の医療機関だが、高齢者介護施設でも基本となる感染対策の参考にできる内容になっている。ガイドの内容は随時アップデートされる予定。

[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2022年10月25日
【特定健診】健診結果から糖尿病リスクを予測するAIを開発 スマホアプリに搭載し生活改善を促す 大阪大学
2022年10月24日
「フレイル」をわずか5つの質問で簡便に判定 フレイル予備群も分かる 保健指導でも活用
2022年10月11日
高齢者の半数以上は「フレイルが心配」 フレイル健診を受診したのは23%と少数 データを活用した「対策モデル事業」も
2022年10月03日
【がん検診】胃カメラ検査は本当に効果がある? 胃内視鏡検査はX線検査よりも効果が高いことを確認
2022年09月27日
有害業務に伴う歯科健康診断の報告
―10月1日から規模にかかわらず、すべての事業場に義務化
2022年09月21日
がん検診受診率の目標を60%へ
職域のがん検診受診「個人単位」での把握検討を―「がん検診のあり方検討会」より
2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」
保健師の実践活動から、強みと意義を考える
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
アルコールと保健指導

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶