ニュース

体罰は子どもの脳の発達に深刻な影響をおよぼす 「体罰等によらない子育てのために」とりまとめを公開

 昨年6月に成立した児童福祉法等改正法により、親権者などが児童のしつけとして体罰を加えてはならないことが法定化され、4月から施行された。
 厚生労働省は「体罰等によらない子育ての推進に関する検討会」による「体罰等によらない子育てのために」をとりまとめ、公開した。
 児童相談所への児童虐待の相談対応件数は増加が続いているが、中には保護者が「しつけ」と称して暴力や虐待をふるうケースがある。

 日本には「しつけなので子どもを叩くことはやむを得ない」といった意識が根強く、徐々にエスカレートした結果、重篤な事態を引き起こす事例もあった。

 そのため2019年6月、児童福祉法の改正法で体罰は許されないものであることが法定化され、2020年4月1日からの施行が決定。子どもの権利が守られる体罰のない社会を実現していくためには、保護者に対する支援も含めて社会全体で取り組む必要性がある。

 今回のとりまとめは、体罰禁止についての考え方を社会全体に普及させ、社会全体で体罰等によらない子育てについて考えてもらうこと、また子育てで悩んでいる保護者に適切な支援がつながることを目的に作成。子育て中の人のほか、その周囲の人、教育現場をはじめとした子どもの生活の場で子育て支援に携わる人などを対象としている。

 内容は「しつけと体罰は何が違うのか」、「なぜ体罰等をしてはいけないのか」、「体罰等によらない子育てのために」などで、分かりやすく解説。

 最後に「子どもが健やかに成長・発達するためには、体罰等に対する意識を一人ひとりが変えていかなくてはなりません。同時に、保護者が孤立せず、子どもが育ちやすい社会であるために、体罰等を容認しない機運を醸成するとともに、寛容さを持って子どもの成長に暖かいまなざしを向け、社会全体で子育てを行っていく必要があります」と締めくくられている。

 「体罰等によらない子育てのために」のポスターやパンフレット、リーフレットはHPから閲覧でき、ダウンロードも可能。全ての人に周知され、体罰等によらない子育てが応援される社会づくりを進めていこうと呼び掛けている。

[yoshioka]

「健診・検診」に関するニュース

2021年06月29日
産業保健師活用テキスト『産業保健師がいること』のご紹介
2021年06月28日
【生活習慣病の医療費】トップは入院では「脳血管障害」、入院外では「糖尿病」 特定健診と特定保健指導が重要 健保連
2021年06月01日
実行しやすい健康改善プランを提案するAI(人工知能)を開発 健診データから1人ひとりに最適なプランを選択
2021年06月01日
日本の代表的な6研究機関が連携 36.6万人規模のゲノムコホートを構築 「個別化医療・個別化予防」の早期実現を目指す
2021年05月26日
2021年度版【保健指導アトラス】を公開!保健指導に携わる人が知っておきたい法律・制度
2021年05月20日
【オピニオン新連載】緊急事態宣言下で前進した特定保健指導のオンライン化と働き方 ―総合健康保険組合の取り組み―
2021年05月18日
心理的ストレスが腸内細菌を乱すメカニズムを解明 うつ病に腸内細菌叢が大きく関わっている 「脳腸相関」を解明
2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年05月10日
「腸内環境」は植物性食品で整えられる 肥満やメタボの人は「腸内エコシステム」が乱れやすい
2021年05月10日
【新型コロナ】リモートワークで生活リズムが乱れ睡眠不足に 自然光の変化に合わせた室内照明で睡眠の質を向上
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶