ニュース

【新型コロナウイルス】健康な食事スタイルを維持するために 国連食糧農業機関(FAO)がアドバイス

 テレワークや在宅勤務、学校の休校が長期化して、食事について悩んでいる人が多い。仕事で忙しい人、運動量が低下している人、血糖値が気になる人、経済的な悩みがある人、食事に対する不安がある人などさまざまだ。
 こんな時期だからこそ、食事を工夫して、楽しく食べられるように発想を変える必要がある。
人との身体的距離を確保し、
まめに手洗い・換気をする
 新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的流行により、世界のほとんどの人が日常生活で多くの変化を体験している。

 この厳しい状況下でも、健康な生活を維持するために、できることがある。

 まず、COVID-19の感染および感染拡大から身を守るために、各国政府のガイダンスに沿って行動すること。

 COVID-19に対する一番の予防方法は、人との身体的距離と、良好な衛生状態を保つことだ。

 日本政府の感染症対策専門家会議(座長:脇田隆字・国立感染症研究所長)は5月4日、新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」をまとめて提言した。

 日常生活での基本的な生活スタイルとして、▼まめに手洗い・手指消毒をする、▼咳エチケットを徹底する、▼こまめに換気をする、▼身体的距離を確保する、▼3密(密集、密接、密閉)を回避する、▼毎朝の体温測定、健康チェック、▼発熱または風邪の症状がある場合は無理せず自宅で療養――といった具体策を盛り込んだ。
免疫力を上げるためにも健康な食事は必要
 国連食糧農業機関(FAO)は「新型コロナウイルス感染症:健康的な食事を維持するために」を公開している。

 感染症から身を守るためにも、栄養状態を良好に保つことが重要だ。感染症はとくに発熱時に体に大きな負担をかけ、体は通常よりも多くのエネルギーと栄養素を必要とする。

 また、感染症の治療に用いられる薬剤の中には、血糖値を上昇させる可能性のあるものがある。

 糖尿病の人がウイルス性疾患にかかると、ケトーシスやケトアシドーシスのリスクが高くなる。感染症のリスクの高い時期には、良好な血糖コントロールはいっそう重要になる。

 免疫力を上げるためにも、健康な食事は必要になる。さまざまな多種多様な食品を組み合わせて、必要なカロリーと栄養素を満たすことで、免疫力を高められると考えられている。

 COVID-19感染を防ぐことのできる特定の食品や栄養素はないが、単一の食品のみを食べていると効果はあまり期待できなくなる。
食事の基本は主食・主菜・副菜をそろえること
 FAOは、免疫力を高めて健康的な食生活をおくるために、次のことを勧めている。こうした食事により、免疫システムを助けて炎症を抑えることが期待できる。

多様な食品を組み合わせる

野菜や果物を十分に摂る

全粒穀物、ナッツ類、豆類、大豆、海藻などの植物性食品を摂る

魚介類、鶏肉などの脂肪の少ない高タンパク質の食品を摂る

不飽和脂肪酸が多く含まれる油(大豆油・オリーブ油・ゴマ油・ナタネ油・キャノーラ油など)を摂る

 日本人のための「食事バランスガイド」によると、食事の基本は主食・主菜・副菜をそろえること。野菜・果物、牛乳・乳製品、豆類、魚などの多様な食品を組み合わせて、家庭での調理と外食、加工食品や調理済食品を上手に組み合わせることが大切になる。

 新鮮な野菜からは、食物繊維、ビタミンやミネラルを摂取できる。手に入らないときも、冷凍品や缶詰でも良いが、糖質や油脂、食塩を加えてないものを選ぶ。

 なお、腎臓病や糖尿病などの食事療法を実施している人は、かかりつけの医師や管理栄養士に相談することを勧めている。
脂質、糖質、塩分を摂り過ぎないようにする
 多くの人は食べることでストレスを癒しているが、食べ過ぎは糖尿病や高血圧、脂質異常症のリスクを高めるだけでなく、感染症の予防や治療にとっても良くない。

 多くの人が食欲をそそられ"おいしい"と感じるのは、脂質、糖質、食塩が多く含まれ、カロリーの高い食品だ。

 加工食品や料理済食品の多くに、これらの栄養素が多く含まれる。健康的な食品を選ぶために、食品の栄養表示をよく見ることが大切だ。
水を定期的に飲む
 免疫システムを維持するために、水を飲むことも大切。成人は1日にカップ6〜8杯を飲むことで、十分な水分を補給できる。

 糖質の入った高カロリー飲料はなるべく飲まないようにする。エネルギーの摂り過ぎも防ぎ、健康的な体重を維持するために勧められるのは単純に「水」だ。
インターネットで食品を購入
 日本では非常事態宣言が発令され、欧米でも多くの都市がロックダウンされた。食料の供給について不安になっている人は多いが、これまでのところ大きな混乱は起きていない

 厳しい状況ではあるが、健康的な食事を続けることは可能だ。住んでいる場所に関係なく、健康な食事スタイルを続けるための適切な食品の組み合わせが分かっている。

 多くの地域では、食品をインターネットで購入して、家に直接配達してもらうこともできる。

 インターネットを通じて食品を販売しているスーパーマーケットや小売業者は増えている。

 小規模農家が消費者に直接販売して届ける、コミュニティー主体の農業システムも普及してきた。これは、地元の農家をサポートすることにもつながる。
無駄や廃棄の少ない食生活を
 食料資源を大切にするために、FAOは無駄や廃棄の少ない食生活も重視している。

 まだ食べられるのに廃棄されている食品ロスを減らするために、調理や保存を上手にして、食べ残しのない適量を心がけることが大切。賞味期限や消費期限も考えて利用しよう。
運動・睡眠・ストレス対策も重要
 免疫システムを維持し、健康を維持するために、食事に加えて他の生活スタイルの要素も重要だ。

 健康的な生活スタイルには、次のようなことが含まれる。

禁煙する

運動を習慣として行う

睡眠を十分にとる

ストレスを軽減できるように対策する

アルコールを飲み過ぎない

Maintaining a healthy diet during the COVID-19 pandemic(国連食糧農業機関(FAO))
新型コロナウイルス感染症対策専門家会議(厚生労働省)
食生活指針について(農林水産省)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月09日
保健師など保健衛生に関わる方必携の手帳「2022年版保健指導ノート」
2021年11月16日
思春期に糖質を摂り過ぎると成長後にメンタルヘルスに悪影響が 単純糖質の摂り過ぎに注意が必要
2021年11月09日
【世界糖尿病デー】東京都「今日から始めよう!糖尿病予防」キャンペーン 都民の4人に1人は糖尿病かその予備群
2021年11月08日
肥満のある人・肥満のない人の両方に保健指導が必要 日本人4.7万人の特定健診データを解析
2021年11月02日
【新型コロナ】ワクチン接種はコロナ禍を終わらせるための重要なツール 50歳以上で健康やワクチンに対する意識が上昇
2021年11月02日
健診や医療機関で腎臓の検査を受けていない高齢男性は透析のリスクが高い 7万人弱を5年間調査
2021年10月26日
「特定健診受診率向上プロジェクト」を実施 大阪府と大阪府立大学看護学科が協働 特定健診の対象者に合わせた効果的な受診勧奨
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶