ニュース

なぜ日本人は少しの肥満で糖尿病になるのか 遺伝子でメカニズムを解明 検査で発症を予測

 神戸大学は、日本人2型糖尿病の原因遺伝子の1つであるEIF2AK4遺伝子が糖尿病を引き起こすメカニズムを世界ではじめて明らかにしたと発表した。
 これにより、なぜ日本人は欧米と比べ少しの肥満でも2型糖尿病を発症しやすいのかという疑問の一部が明らかになった。2型糖尿病の発症予測や個別化医療への応用が期待される。
なぜ日本人は少しの肥満で2型糖尿病になりやすいのか
 研究は、神戸大学大学院保健学研究科の木戸良明教授、医学研究科糖尿病·内分泌内科学部門の淺原俊一郎助教、神野歩医学研究員らの研究グループによるもの。研究成果は、米科学誌「JCI Insight」に掲載された。

 日本では欧米と比較して肥満が少ないにもかかわらず、人口当たりの糖尿病患者数は欧米に匹敵することが知られている。これは、日本人ではインスリンを分泌する膵臓のβ細胞が脆弱であるからだとされている。しかし、なぜ日本人の膵β細胞は脆弱なのか、どのような治療が適切なのかについてはよく分かっていない。

 そこで研究グループは、2型糖尿病の原因遺伝子であるEIF2AK4遺伝子に着目し、今回の研究で、EIF2AK4遺伝子がつくりだすタンパク質であるGCN2が2型糖尿病の発症抑制に重要な役割を果たしていることを世界ではじめて明らかにした。

 EIF2AK4遺伝子は2008年に日本人で2型糖尿病原因遺伝子の1つとして同定された遺伝子であり、遺伝子内のSNP(一塩基多型)が2型糖尿病の発症リスクに関係することが報告されている。

 遺伝子を構成しているDNA配列の1ヵ所の塩基配列が別の塩基配列に代わっているものが集団内で1%以上の頻度でみられるとき、これを一塩基多型(SNP)と呼んでいる。SNPは2型糖尿病などの生活習慣病のなりやすさと関連していると考えられている。

関連情報
2型糖尿病の原因遺伝子があると膵臓のβ細胞が減少
 研究グループが、EIF2AK4遺伝子内の2型糖尿病発症との関連が報告されているSNP(一塩基多型)をもつ人ともたない人で比較したところ、このSNPをもつ人ではインスリンを分泌する能力が低下しており、身長あたりの体重が重くなるほどインスリンを分泌する能力が低くなることが分かった。

 一方、EIF2AK4遺伝子はGCN2(タンパク質)をつくりだす遺伝子であり、EIF2AK4遺伝子のSNPをもつ人はGCN2が不活性化することが確認されている。

 GCN2をなくしたマウスは、通常のエサを与えても糖尿病を発症しなかったが、高脂肪のエサを与えることによりインスリンの分泌量が少なくなり糖尿病を発症した。このGCN2をなくしたマウスでは、膵臓のβ細胞が減少していることが判明した。そのβ細胞では、細胞の成長を促すシグナルに異常をきたしていた。

 以前より、GCN2は細胞内のアミノ酸濃度が低下したときに働くことが知られているが、今回の研究では、高脂肪のエサを与えられたマウスのβ細胞ではアミノ酸の濃度が低下しているという結果が得られた。

 高脂肪のエサを食べることによりβ細胞は多量のインスリンを産生するが、インスリン産生のためにアミノ酸が多く消費され、濃度が低下したものと考えられる。

 上述の高脂肪のエサを与えられたGCN2をなくしたマウスでは、β細胞のアミノ酸濃度が低下するが、その際に働くべきGCN2が働けないために細胞の成長を促すシグナルの異常が起こってβ細胞の量が減少し、糖尿病を発症した可能性がある。

GCN2(EIF2AK4)欠損マウスの表現型
出典:神戸大学、2020年
SNPを調べれば糖尿病の発症を予測できる可能性が
 EIF2AK4遺伝子内の日本人2型糖尿病との関連が報告されているSNPは、他の人種と比較すると日本を含めた東アジア人で多く認められる。データによると、全世界でSNPをもつ人は10%未満だが、今回の研究では38%の人がSNPをもっていた。

 このSNPをもつ人が過食や肥満をきたすことでGCN2をなくしたマウスと同様の異常が起こる可能性がある。つまり、このSNPをもつ人はもたない人と比べ、肥満した際の膵β細胞が脆弱であり、2型糖尿病を発症しやすいと考えられる。

 今回の研究で、EIF2AK4遺伝子とその遺伝子がつくりだすタンパク質GCN2の活性の低下が糖尿病を発症させるメカニズムが明らかになった。

 今後、EIF2AK4遺伝子にSNPをもつかを調べることで2型糖尿病の発症予測が可能となり、SNPをもつ場合に早期から生活習慣に介入することで2型糖尿病の発症抑制に貢献できる可能性がある。

高脂肪食負荷時における膵β細胞量調節機構
出典:神戸大学、2020年

神戸大学大学院 保健学研究科
神戸大学大学院 医学系研究科医学研究科 糖尿病·内分泌内科学部門
GCN2 regulates pancreatic β cell mass by sensing intracellular amino acid levels(JCI Insight 2020年5月7日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月09日
保健師など保健衛生に関わる方必携の手帳「2022年版保健指導ノート」
2021年11月16日
思春期に糖質を摂り過ぎると成長後にメンタルヘルスに悪影響が 単純糖質の摂り過ぎに注意が必要
2021年11月09日
【世界糖尿病デー】東京都「今日から始めよう!糖尿病予防」キャンペーン 都民の4人に1人は糖尿病かその予備群
2021年11月08日
肥満のある人・肥満のない人の両方に保健指導が必要 日本人4.7万人の特定健診データを解析
2021年11月02日
【新型コロナ】ワクチン接種はコロナ禍を終わらせるための重要なツール 50歳以上で健康やワクチンに対する意識が上昇
2021年11月02日
健診や医療機関で腎臓の検査を受けていない高齢男性は透析のリスクが高い 7万人弱を5年間調査
2021年10月26日
「特定健診受診率向上プロジェクト」を実施 大阪府と大阪府立大学看護学科が協働 特定健診の対象者に合わせた効果的な受診勧奨
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶