ニュース

スマホで「禁煙アプリ」を使うと禁煙の成功率が高まる 医師が処方するアプリの有効性を実証

 慶應義塾大学は、ニコチン依存症に対する治療用アプリの大規模多施設ランダム化比較対照試験の結果を発表し、禁煙外来での長期的な禁煙継続率が改善したことを明らかにした。
 禁煙治療用のスマホアプリの長期的な効果を実証した大規模臨床治験は国際的にもはじめて。保険診療によるデジタル療法が発展することで、診療の質を向上できる可能性がある。
禁煙外来での禁煙継続率はわずか3割
 研究は、慶應義塾大学医学部内科学教室(呼吸器)の正木克宜助教、舘野博喜講師(非常勤)、福永興壱教授、CureAppの佐竹晃太氏、鈴木晋氏らの研究グループによるもの。研究成果は、「npj Digital Medicine」に掲載された。

 喫煙は国内の予防可能な最大の死亡要因であるだけでなく、労働生産性を低下させ、医療費増加の原因となっている。喫煙行動の本態はニコチン依存症であり、その治療手段として、日本では2006年から禁煙外来が保険適用となっている。

 禁煙外来では12週間に5回の診療を行い、禁煙補助薬の処方やカウンセリングを行うが、1年後に禁煙継続できているのはわずか3割ほどであり、長期的な禁煙継続効果をもたらす手段が必要とされている。
医師が処方するスマートホン向け「治療用アプリ」
 一方で、デジタル療法への関心が高まっており、海外ではすでに糖尿病などを対象とした治療用アプリが保険適用となった事例がある。国内でも治療薬のように、医師が処方して疾患のコントロールを改善する「治療用アプリ」の開発が進んでおり、今後、さまざまな疾患に対する治療用アプリの登場が期待されている。

 今回の研究で使用された「ニコチン依存症治療用アプリ」は、慶應義塾大学医学部内科学教室(呼吸器)とCureAppで共同開発した国内初の治療用アプリであり、また、アプリの臨床的な治療効果を検証する治験自体も国内初となる。さらに、禁煙治療用アプリの長期的な効果を実証した大規模臨床試験は、国際的にもはじめての試みだという。

 この治療用アプリは、日本の禁煙治療ガイドラインに相当する「禁煙治療のための標準手順書」の治療内容にもとづいて開発された。喫煙欲求や禁煙治療薬の副作用が出現した際の対応を、個別化された内容で助言する自動応答チャット機能、禁煙治療のための教育動画コンテンツ配信、自宅で測定する呼気一酸化炭素濃度と連動したデジタル禁煙日記などの機能がある。

ニコチン依存症治療用アプリ
出典:慶應義塾大学、2020年
アプリを使えば禁煙継続率を高められる
 試験は、全国31ヵ所の禁煙外来を受診した喫煙者584人を対象に実施。標準的な治療内容に加えてニコチン依存症治療用アプリを併用した介入群と、治療用プログラムが入っていない対照アプリを使用した対照群とに患者をランダムに割り付け、有効性を検証した。

 その結果、9~24週における禁煙継続率は介入群で63.9%、対照群で50.5%となり、統計学的な有意差をもって半年間の禁煙効果が高まった(オッズ比1.73;95%信頼区間 1.24‐2.42 P=0.001)。

 さらに、9~52週における禁煙継続率でもその治療効果は有意に保たれており(介入群 52.3%、対照群41.5%)、同アプリが1年後まで禁煙継続率を高めることが示された。

 今後、同アプリが保険承認され、保険診療の処方ができるようになれば、これまで以上に多くの患者を禁煙成功へと導くことができると期待される。「デジタル療法が今後発展することにより、診療の質の均てん化や効率化につながることが期待される」と、研究グループは述べている。

ニコチン依存症治療アプリ(CureApp)
慶應義塾大学医学部 呼吸器内科
A randomized controlled trial of a smoking cessation smartphone application with a carbon monoxide checker(npj Digital Medicine 2020年3月12日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」
保健師の実践活動から、強みと意義を考える
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
2022年05月23日
【子宮頸がん】HPVワクチンの予防効果は優れている 接種9年後の感染率は0% ワクチンの有効率は100%
2022年04月19日
「サルコペニア肥満」は軽度認知機能障害と認知症のリスクを高める BMIと握力の簡便な検査でリスク予測
2022年04月04日
【新型コロナ】医療従事者・自治体・ニュースからの情報提供は、予防行動を高めるのに貢献している?
2022年02月15日
【特定健診】尿潜血検査を必須にすると、病気の早期発見と医療費削減につながる 費用対効果も優れる
2022年01月13日
大人の風しん抗体検査とワクチン接種を呼びかけ 東京都福祉保健局
2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶