ニュース

乳がんのマンモグラフィ検査は女性の命を救う 50万人以上を39年間調査 「確実に受けることが大切」

 マンモグラフィ検査を定期的に受けることで、進行乳がんや致死的な乳がんを発症するリスクを減少できることが、スウェーデンの50万人以上の女性を対象に39年間追跡した調査で明らかになった。
 「40歳以上の女性が、乳がん検診を確実に受けられる仕組みが必要です」と、研究者は強調している。
検査を受けると10年以内の乳がん死亡リスクが41%減少
 研究グループは、マンモグラフィによるスクリーニング検査の対象となった女性の1977~2015年の39年間のデータを用いて、検査を受けた女性と受けなかった女性とで、乳がんの発症率にどれだけの差が生まれるかを調査した。

 対象となったのは、40〜69歳の54万9,091人の女性で、これはスウェーデンでマンモグラフィ検査を勧められた女性の30%に相当する数だという。診断されてから10年以内および20年以内に死亡を引き起こす乳がんの年間発生率を計算するために、研究グループは新しい手法を開発した。

 その結果、マンモグラフィ検査を受けた女性では、受けなかった女性に比べ、進行乳がんの発症リスクが25%減少し、診断から10年以内に乳がんで死亡するリスクは41%減少したことが明らかになった。

 「乳がんのマンモグラフィ検査を受けることで、致死的な乳がんのリスクを大幅に低減できることが明らかになりました」と、スウェーデンのファールン中央病院のタバール ラースロー氏は言う。マンモグラフィ検査を受けることで得られる利益については、これまでも多くの研究で示されている。
乳がんの早期発見に勝るものはない
 一方で、乳がんの死亡リスクが低下しているのは、乳がんの治療技術が向上したことによるという指摘もある。しかし、今回の研究は、マンモグラフィ検査の実施から39年間追跡して調べることで、同時期の乳がんの治療の長期的な影響から独立して、乳がん検査にベネフィットが多いことが示された。

 「今回の研究で、乳がんの早期発見に勝るものはないことが示されました。乳がん治療の進歩の恩恵を最大限に受けられるようにするためにも、早期発見は重要です」と、ラースロー氏は強調する。

 「乳がんがまだ小さく、転移のないうちに発見するには、マンモグラフィによるスクリーニングは効果的です。乳がんの治療法は進歩しており、死亡率は減少しています。今回の調査結果では、乳がん治療に含め、スクリーニング検査を定期的に受けることの重要さがあらためて示されました」と、ロンドンのクイーン メアリー大学のスティーブン ダフィー教授は言う。

 英国では、国営医療サービス(NHS)の提供する乳がん検診プログラムにより、50歳以上のすべての女性はマンモグラフィ検診を受けることが推奨されており、受診率は70%を超えている。しかし、低所得の世帯の多い地域などでは受診率は伸び悩んでいるという。

 「社会経済的に恵まれない地域でも、女性に乳がん検診プログラムに確実に参加してもらうよう働きかける必要があります」と、ダフィー教授は指摘する。
すべての女性が乳がん検診を受けられる仕組みが必要
 一方、乳がん検診で使われているマンモグラフィには、検査時に圧迫感や痛みがあったり、高濃度乳房の場合は、乳がんの可能性のある病変が乳腺組織に隠れてしまい、正常組織と区別できる割合が低下するという欠点もある。

 そうした欠点はあるにしても、マンモグラフィは乳がん検診の目的である乳がんで亡くなる人を減らす(死亡率減少)効果が明らかになっている検査だ。

 日本でも、乳がんが30~64歳の女性で死因のトップとなっていることから、40歳以上の女性に対して、定期的に自身の乳房の変化をセルフチェックするとともに、マンモグラフィ検査を定期的に受けることがが推奨されている。

 しかし、40~69歳の日本人女性の乳がん検診の受診率は50%未満と少ない。日本乳癌学会は「高濃度乳房であるかどうかにかかわらず、定期的に検診を受けること、そして、何か症状があれば放置せず、速やかに医療機関を受診することが大切です」と強調している。

Early mammography screening lowers risk of developing fatal breast cancer(Wiley 2020年5月11日)
Mammography screening reduces rates of advanced and fatal breast cancers: Results in 549,091 women(Cancer 2020年5月11日)
患者さんのための乳がん診療ガイドライン2019年版(日本乳癌学会)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2022年10月25日
【特定健診】健診結果から糖尿病リスクを予測するAIを開発 スマホアプリに搭載し生活改善を促す 大阪大学
2022年10月24日
「フレイル」をわずか5つの質問で簡便に判定 フレイル予備群も分かる 保健指導でも活用
2022年10月11日
高齢者の半数以上は「フレイルが心配」 フレイル健診を受診したのは23%と少数 データを活用した「対策モデル事業」も
2022年10月03日
【がん検診】胃カメラ検査は本当に効果がある? 胃内視鏡検査はX線検査よりも効果が高いことを確認
2022年09月27日
有害業務に伴う歯科健康診断の報告
―10月1日から規模にかかわらず、すべての事業場に義務化
2022年09月21日
がん検診受診率の目標を60%へ
職域のがん検診受診「個人単位」での把握検討を―「がん検診のあり方検討会」より
2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」
保健師の実践活動から、強みと意義を考える
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
アルコールと保健指導

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶