ニュース

野菜を食べると体重が減りやすい 日本人5万人超を調査 果物の食べ過ぎには注意

 野菜の1日の摂取量が増えると、体重が減ることが、日本人5万人超を対象とした調査で明らかになった。とくに、黄・赤色野菜や、ネギ類野菜が効果が高いという。
 一方、果物の摂取量が増えると、体重はむしろ増えやすいことも分かった。
野菜・果物を多く食べると体重にどんな変化があるか
 「JPHC研究」は日本人を対象に、さまざまな生活習慣と、がん・2型糖尿病・脳卒中・心筋梗塞などとの関係を明らかにする目的で実施されている多目的コホート研究。

 研究グループは、1990年と1993年に、岩手、秋田、東京、長野、沖縄、茨城、新潟、大阪、高知、長崎の11保健所管内に在住していた40~69歳の男女を対象に、研究開始から5年後と10年後に食事アンケート調査を実施した。

 5年後調査時にがんや糖尿病、高血圧、高脂血症、循環器疾患になっていなかった5万4,015人(平均年齢 56.5歳)を対象に、5年間の野菜・果物の摂取量の変化と、体重変化との関係を調べた。

 野菜・果物には食物繊維・ポリフェノール・水分などが豊富に含まれる。野菜・果物を多く食べることで、空腹感の減少、エネルギー摂取量の減少、脂質やエネルギー代謝の調整などにつながり、体重をコントロールしやすくなると考えられている。

 しかし、野菜や果物の摂取量を増やすことで、実際に体重を減らせるかを、日本人を対象に確かめた研究は少ない。そこで、研究グループは日本人を対象に、5年間の野菜・果物摂取量の変化と、体重変化との関連を調べた。

 調査した野菜・果物の種類は以下の通り――。
野菜(29種類)
緑色野菜(5種類)ほうれん草、春菊、ピーマン、ヨモギ、さやいんげん
黄・赤色野菜(4種類)にんじん、かぼちゃ、トマト、トマトジュース
アブラナ科野菜(11種類)キャベツ、大根、大根の漬物、白菜の漬物、白菜、小松菜、チンゲンサイ、からし菜、野沢菜漬物、フダンソウ、ブロッコリー
ネギ類野菜(2種類)玉ねぎ、にら
その他(7種類)きゅうりの漬物、ナスの漬物、きゅうり、レタス、もやし、ゴーヤ、へちま
果物(17種類)
柑橘類(3種類)みかん、みかん以外の柑橘類(はっさく・いよかん・オレンジ)、100%オレンジジュース
柑橘類以外の果物(14種類)メロン、スイカ、りんご、100%リンゴジュース、なし、もも、梅干し、かき、イチゴ、ぶどう、キウイフルーツ、パイナップル、バナナ、パパイヤ
野菜摂取量が1日100g増えると体重は減少
 その結果、野菜の5年間の摂取量が1日に100g増加するごとに、体重が25g減少していたことが分かった。とくに、黄・赤色野菜や、ネギ類野菜は、1日に100g増加するごとに、体重が74g、129gそれぞれ減少した。

野菜の摂取量が1日に100g増えると体重は変化する
出典:国立がん研究センター 社会と健康研究センター、2020年

 果物については、摂取量が1日に100g増加するごとに、体重が70g増加したが、摂取量が減少すると体重は変わらなかった。また、5年間に果物の摂取量が増加したグループでは、摂取量が1日に100g増加するごとに体重が70g増加していたが、摂取量が減少したグループでは体重は変わらなかった。

果物の摂取量が増えると体重はむしろ増える
出典:国立がん研究センター 社会と健康研究センター、2020年
日本人にとっても野菜はメリットが多い
 今回の研究では、野菜の摂取量が増えると、体重が減少することが示された。その理由の1つとして、野菜は食事と一緒に摂取するため、その摂取量が多いと、ご飯や他のおかずの摂取量が減り、全体のエネルギー摂取量が減りやすくなる可能性が考えられる。

 一方、果物の摂取量が増えると体重が増加していた。果物は間食として食べることが多く、その摂取量が増えると食事全体のエネルギー摂取量が増加する可能性がある。

 野菜には食物繊維・ポリフェノール・水分などが含まれる。野菜を食べることで、空腹感の減少、エネルギー摂取量の減少、糖質の吸収をゆるやかにすると考えられている。

 食物繊維が豊富に含まれる野菜を食事に取り入れることで、食べ過ぎを防いで肥満予防につながり、血糖コントロールも改善しやすくなる。また、脂質やコレステロールなどの吸収を抑えることで動脈硬化を予防し、その結果として心筋梗塞や脳卒中などを予防することが期待できる。

多目的コホート研究(JPHC Study) 国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究グループ
Associations Between Changes in Fruit and Vegetable Consumption and Weight Change in Japanese Adults(European Journal of Nutrition 2020年4月6日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2021年01月28日
【オピニオン新連載】行動科学に基づいた保健指導スキルアップ~対象者の行動変容を促すには?~
2021年01月26日
【新型コロナ】接触確認アプリ「COCOA」がコロナ禍の心理的ストレスを減らす? 企業従業員の心の健康をどう守るか
2021年01月26日
スマホの運動アプリで1日の歩数を2000歩増やせる 新型コロナをきっかけに、運動への関心は世界中で拡大
2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月26日
人工知能(AI)を活用して大腸がんを高精度に発見 医師とAIが一体となり、がん検査の見逃しをなくす
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
2021年01月18日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 急激な温度変化は体にとって負担 血圧変動や脱水に注意
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶