ニュース

【健やか21】避難所等で生活している妊産婦、乳幼児の支援のポイントについて

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」より、専門職向けの学校保健・母子保健に関する最新情報をピックアップしてお届けします。
 「健やか親子21」では、「すべての子どもが健やかに育つ社会」の実現を一緒に推進して頂ける企業や団体を募集しています。詳細・登録はこちら≫健やか親子21応援メンバー登録
豪雨災害により避難所等で生活している妊産婦、乳幼児の支援のポイント

 このたびの各地での豪雨災害により、避難所等での生活を余儀なくされている被災者の方々が多くいます。

 避難所等での生活は心身の健康への影響が生ずることが想定され、特に妊産婦及び乳幼児に対しては、健康管理に配慮した相談支援などを継続的に行うことが重要です。

 厚労省は、「避難所等で生活している妊産婦、乳幼児の支援のポイント」についてまとめた資料を公開しています。また、専門職向けの「災害時 妊産婦情報共有マニュアル」等もダウンロード出来ます。

 普段とは異なる生活の中で注意したい点や症状などをまとめた本資料をぜひご活用ください。

【詳細はこちら】
「避難所等で生活している妊産婦、乳幼児の支援のポイント」PDF(厚生労働省)
「災害時 妊産婦情報共有マニュアル」PDF(厚労省)

最新トピックス・イベント(2020年7月9日更新)
・「避難所等で生活している妊産婦、乳幼児の支援のポイント」の掲載について(厚生労働省)
・「避難所等で生活する障害児者への配慮事項等について」の掲載について(厚生労働省)
・令和2年度「子どもの事故防止週間」の実施について(消費者庁)
・第2回【コロナ×こどもアンケート】中間報告の掲載について(国立感染症医療研究センター)
・「A-C-Tで確認!子どもの車内置き去りを予防するために」の掲載について(Safe Kids Japan)
・新型コロナウイルス感染症に関連したいじめや差別、偏見について考える教材の作成について(東京都教育委員会)
・発達障害のある方とそのご家族向け「新型コロナウイルス感染症の影響についてのアンケート」の開始について(発達障害情報・支援センター)
・「イクメンスピーチ甲子園2020」エピソード募集の開始について(厚生労働省)
・エコチル調査:妊婦の血中鉛濃度と妊婦のうつ症状との関連について調べた論文の国際的学術誌への掲載について(エコチル調査)
・「第4回 食育活動表彰 受賞者の取組紹介動画」の公開について(農林水産省)
・子ども安全メール「Vol.510 家庭用プールでの事故に注意しましょう!」の掲載について(消費者庁)
・「子ども・子育て会議(第52回)、資料・動画」の掲載について(厚生労働省)
・「学校における医療行為の判断,解釈についてのQ&A」の掲載について(日本小児科学会)

※詳しい情報は、健やか親子21(第2次)ホームページを参照。

「健やか親子21」とは?母子の健康水準を向上のための国民運動計画

 「健やか親子21」は、平成13年から始まった母子の健康水準を向上させるための様々な取組を、みんなで推進する国民運動計画。

 平成27年度からは、現状の課題を踏まえ新たな計画(~平成36年度)が始まりました。

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」は、情報収集や情報を共有することによる交流・連携ができる有用なツールとして、様々な活動に役立つことが目的。

健やか親子21(第2次)ホームページ
トピックス一覧

[保健指導リソースガイド編集部]

「健診・検診」に関するニュース

2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」
保健師の実践活動から、強みと意義を考える
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
2022年05月23日
【子宮頸がん】HPVワクチンの予防効果は優れている 接種9年後の感染率は0% ワクチンの有効率は100%
2022年04月19日
「サルコペニア肥満」は軽度認知機能障害と認知症のリスクを高める BMIと握力の簡便な検査でリスク予測
2022年04月04日
【新型コロナ】医療従事者・自治体・ニュースからの情報提供は、予防行動を高めるのに貢献している?
2022年02月15日
【特定健診】尿潜血検査を必須にすると、病気の早期発見と医療費削減につながる 費用対効果も優れる
2022年01月13日
大人の風しん抗体検査とワクチン接種を呼びかけ 東京都福祉保健局
2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶