ニュース

【新型コロナ】クラスターが発生した典型的な事例を公表 病院や職場などに対策を呼びかけ 国立感染症研究所

 国立感染症研究所 感染症疫学センターは、院内感染クラスターや昼カラオケクラスター、職場会議クラスターなど、新型コロナウイルスの集団感染が発生した典型的なケースを分析した事例集を公表した。
新型コロナのクラスターを解析
 国立感染症研究所 感染症疫学センターの専門チームは、7月までの半年間に各地で確認されたクラスター約100例を分析し、典型的なケースを事例集にまとめた。

 いわゆる「3密(密閉・密集・密接)」の環境にいたり、マスクを着用していなかったり、従来から指摘されていた共通点が明らかになった。

 例として挙げているのは、▼医療機関での院内感染、▼カラオケを伴う飲食店、▼職場での会議、▼スポーツジム、▼接待を伴う飲食店、▼バスツアーの6つ。
クラスターの発生しやすい場所、環境、行動を避けることが重要
 院内感染クラスターの事例では、以下の点が指摘されている。

・ 処置やリハビリ時の感染対策の不徹底による職員の感染
・ 休憩室など換気が悪く、密な場所での感染から別病棟への広がり
・ 感染に気付かないまま、施設へ退院、退院先で感染波及

 対策としては以下が挙げられる。

・ 標準予防策、経路別感染、予防策の徹底
・ 有症状者の早期探知
・ 院内の3密を減らす工夫
・ 転院、退院時の情報共有

出典:国立感染症研究所、2020年

 職場会議クラスターの事例では、以下の点が指摘されている。

・ 職場の会議は、締め切った空間で一同に会してプレゼンや議論をし、3密(密閉、密集、密接)となることが多い。

 対策としては以下が挙げられる。

Web会議等が勧められるが、対面の会議を開催する場合は、
・ 換気の徹底
・ 十分に間隔をとる
・ マスクを着用
に十分留意する。

出典:国立感染症研究所、2020年

 日本では、COVID-19対策の重要な柱の1つとしてクラスター対策が行われてきた。

 「クラスター対策は、全国の保健所、衛生研究所、医療機関などの支援により実施できる。クラスターの発生しやすい場所、環境、行動を避けるよう啓発することで、クラスターの形成を防止できる」と、同センターでは述べている。

正しい手洗いの方法

正しいマスクのつけ方

NHKスペシャル"パンデミック"との闘い~感染拡大は封じ込められるか~」から

 

クラスター事例集(国立感染症研究所 感染症疫学センター)
新型コロナウイルス(2019-nCoV)(国立感染症研究所)
新型コロナウイルス感染予防のために(厚生労働省)

関連情報

[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」
保健師の実践活動から、強みと意義を考える
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
2022年05月23日
【子宮頸がん】HPVワクチンの予防効果は優れている 接種9年後の感染率は0% ワクチンの有効率は100%
2022年04月19日
「サルコペニア肥満」は軽度認知機能障害と認知症のリスクを高める BMIと握力の簡便な検査でリスク予測
2022年04月04日
【新型コロナ】医療従事者・自治体・ニュースからの情報提供は、予防行動を高めるのに貢献している?
2022年02月15日
【特定健診】尿潜血検査を必須にすると、病気の早期発見と医療費削減につながる 費用対効果も優れる
2022年01月13日
大人の風しん抗体検査とワクチン接種を呼びかけ 東京都福祉保健局
2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶