ニュース

【健やか21】「コロナ×こどもアンケート」第2回調査報告を公開

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」より、専門職向けの学校保健・母子保健に関する最新情報をピックアップしてお届けします。
 「健やか親子21」では、「すべての子どもが健やかに育つ社会」の実現を一緒に推進して頂ける企業や団体を募集しています。詳細・登録はこちら≫健やか親子21応援メンバー登録

「コロナ×こどもアンケート」第2回調査報告を公開
 このたび国立成育医療研究センターは、「コロナ×こどもアンケート 第2回調査報告書」を公開しました。

 コロナ禍における子どもたちが今どのような状況に置かれているのか、大人たちが子どもたちのためにできることは何なのかを知るため、国立成育医療研究センターは、2020年6月~7月に実施した「コロナ×こどもアンケート」第2回調査の全体報告をまとめました。

 本調査では、「コロナのことを考えると嫌になる」や「最近集中できない」といった、何らかのストレス反応を示すこどもは72%で、4月~5月に行った第1回調査からあまり改善が見られませんでした。

 例年8月下旬~9月上旬に子どもの自殺が多く、夏休み明けを迎える子どもの心への負担が指摘されいます。新型コロナにより例年と異なる今年は特に注意をはらうことが重要です。

【詳細はこちら】
「コロナ×こどもアンケート」第2回調査報告

最新トピックス・イベント(2020年8月20日更新)

・プレスリリース『「コロナ×こどもアンケート」第2回調査報告 32%のこどもが、コロナになったら人に知られたくないと回答』(国立成育医療研究センター)
・#学校ムリでもここがあるよ2020キャンペーンの開催について(フリースクール全国ネットワークなど)v ・2020年度特別セミナー「虐待をしてしまう親への理解と対応(2)〜トラウマとアタッチメントの視点を通して〜」の開催について(児童虐待防止協会)
・プレスリリース「with コロナ時代の妊活中の不安に関するアンケート」結果 の掲載について(NPO法人 Fine)
・暮らしに役立つ情報『危険な暑さを事前に知らせるための新たな試み「熱中症警戒アラート(試行)」がスタート!』の掲載について(内閣府)
・新型コロナウイルス感染症への対応等に関する調査結果の掲載について(全国保育協議会・全国保育士会)
・子ども安全メール「Vol.516 手持ちミキサーでのけがに注意!」の掲載について(消費者庁)
・LINEを使った小学校給食の食物アレルギー・献立情報の確認について(福岡市)
・動画「海のプロにきく"遊泳時4つの心得"」の公開について(海上保安庁)
・「PTA活動における新型コロナウイルス感染症対応ガイド」の作成について(日本PTA全国協議会)
・「みんなで安心マーク」の発行について(日本医師会)
・女性にやさしい職場づくりナビ:専門家コラム「COVID-19で変わる職場と母性への健康配慮 」の掲載について(厚生労働省)
・学会からの提言「イオン飲料とむし歯に関する考え方」の掲載について(日本小児歯科学会)

※詳しい情報は、健やか親子21(第2次)ホームページを参照。

「健やか親子21」とは?母子の健康水準を向上のための国民運動計画

 「健やか親子21」は、平成13年から始まった母子の健康水準を向上させるための様々な取組を、みんなで推進する国民運動計画。

 平成27年度からは、現状の課題を踏まえ新たな計画(~平成36年度)が始まりました。

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」は、情報収集や情報を共有することによる交流・連携ができる有用なツールとして、様々な活動に役立つことが目的。

健やか親子21(第2次)ホームページ
トピックス一覧

[保健指導リソースガイド編集部]

「健診・検診」に関するニュース

2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」
保健師の実践活動から、強みと意義を考える
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
2022年05月23日
【子宮頸がん】HPVワクチンの予防効果は優れている 接種9年後の感染率は0% ワクチンの有効率は100%
2022年04月19日
「サルコペニア肥満」は軽度認知機能障害と認知症のリスクを高める BMIと握力の簡便な検査でリスク予測
2022年04月04日
【新型コロナ】医療従事者・自治体・ニュースからの情報提供は、予防行動を高めるのに貢献している?
2022年02月15日
【特定健診】尿潜血検査を必須にすると、病気の早期発見と医療費削減につながる 費用対効果も優れる
2022年01月13日
大人の風しん抗体検査とワクチン接種を呼びかけ 東京都福祉保健局
2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶