ニュース

「体罰等によらない子育てのために~みんなで育児を支える社会に~」を開設 児童虐待に対する社会的関心喚起を

 11月の児童虐待防止推進月間に合わせ、厚生労働省は11月29日、インターネット配信で「子どもの虐待防止推進全国フォーラム」を開催する(高知県・高知市共催)。事前申し込み不要で、参加費は無料。

 今年は新型コロナウイルス感染症対策による学校休業や外出自粛による環境変化などから虐待リスクの高まりが懸念されており、厚労省はみんなで育児を支える社会になるよう多くの参加を呼び掛けている。

特設HP「体罰等によらない子育てのために~みんなで育児を支える社会に~」を開設

 厚労省は毎年11月を「児童虐待防止推進月間」と定めて家庭や学校、地域など社会全般にわたり児童虐待問題に対する関心、理解を広めている。今年度の標語は「189(いちはやく)知らせて守る こどもの未来」。

 また同省では、児童虐待問題に対する社会的関心の喚起を図るため、特設ホームページ「体罰等によらない子育てのために~みんなで育児を支える社会に~」を開設した。

 一方、今年4月から体罰は許されないものであるとする児童福祉法等改正法が施行されたが、1月から6月までの児童虐待相談対応件数(速報値)では、前年同月に比べて増加傾向が見られる。

 コロナ禍で子どもや家庭の生活環境が変化し、虐待リスクの高まりが懸念されるとして、政府は4月24日、「子どもの見守り強化アクションプラン」を公表し、地域の見守り体制強化を図るなどしてきた。

「子どもの虐待防止推進全国フォーラム」は11月29日に配信

 推進月間の期間中は集中的に広報、啓発活動が全国で展開されているが、11月29日にはYou Tubeの厚労省動画チャンネルで「子どもの虐待防止推進全国フォーラム」を配信。新型コロナウイルス感染症拡大に伴う生活様式の変化がある中、子どもたちを取り巻く環境や関わり方のポイントなどについて考える。

 基調講演は恵泉女学園大学の大日向雅美学長による「子どもの権利が守られる体罰等のない社会へ」と、女優のサヘル・ローズさんによる「児童虐待のない健やかな社会の実現に向けて〜家族の愛情と出会い〜」の二つ。

 また「体罰や暴言によらない、みんなで育児を支える社会とは」や「地域の見守り支援 〜コロナ禍における虐待予防と居場所づくり〜」をテーマに、子育て支援者や有識者らでパネルディスカッションを行う。

 最後は大日向さん、俳優の杉浦太陽さん、タレントの福田萌さん、厚生労働省子ども家庭局家庭福祉課虐待防止対策推進室長の山口正行さんでトークセッションも予定している。

 開催日時は11月29日14時から16時半。事前申し込み不要で、だれでも視聴できる(参加費無料)。フォーラムの案内は特設サイトから。

[yoshioka]

「地域保健」に関するニュース

2022年08月16日
食事指導を個別化し肥満やメタボを改善 1人ひとりの好みやスタイルに合わせた食事プログラム
2022年08月16日
中年女性の肥満を予防・改善するための新しいガイドライン 保健指導は女性にも必要 早期の介入が効果的
2022年08月16日
【新型コロナ】「子供のメンタルヘルス」を改善 大人のワクチン接種や社会経済的な環境が影響
2022年08月16日
【新型コロナ】家庭内暴力など家族の問題が増加 児童虐待の不安はどういう人に起こりやすい?
2022年08月16日
【新型コロナ】感染後3ヵ月以内に糖尿病と心血管疾患のリスクが上昇 生活スタイル改善のアドバイスが必要
2022年08月09日
【新型コロナ】ノババックスのワクチンの3回目接種の結果 副反応の頻度は他のワクチンより低い
2022年08月04日
【新型コロナ】感染が疑われるときはどうすれば良い? 限りある医療資源を有効活用するために
2022年08月04日
【専門職の皆さまへ】地域・職域で実践できる飲酒・生活習慣改善指導!
「DASHプログラム」特設ページ開設のおしらせ
2022年08月02日
【新型コロナ】ストレスに弱くなり「頑張り」がきかなくなったのもコロナの後遺症?
2022年08月01日
【新型コロナ】モデルナのワクチンの3回目接種後の副反応は2回目に比べ減少 高齢者の1割は免疫反応がきわめて弱い
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶