ニュース

「新しい働き方、新しい取り組みへ ニューノーマル時代の産業保健活動」産業保健と看護 2021年4号

 働く人の健康を支えるすべての産業保健従事者向け定期刊行物「産業保健と看護」2021年4号のご紹介です。
「産業保健と看護」2021年4号▶株式会社メディカ出版▶

「産業保健と看護」は、産業看護職のみならず、企業における従業員の健康支援に携わる医療看護職、人事労務職、安全衛生管理者の方まで、多くの方に役立つ情報を掲載している定期刊行物(隔月刊)です。

 産業保健従事者のネットワークづくりと情報収集、自主学習の実践書として活用いただけます。

「産業保健と看護」 隔月刊、年6回発行
定価(1冊):2,200円(税込)
年間購読料:
・本誌+増刊:16,280円(税込)
・本誌+増刊+年間購読ヨメディカ::20,680円(税込)
発行:株式会社メディカ出版

【目次】

【第1特集】==============
新しい働き方、新しい取り組みへ
ニューノーマル時代の産業保健活動
プランナー◎中野愛子(株式会社日立製作所)

◆Web座談会
●ニューノーマル時代の産業保健活動を考える
須藤ジュン(西武バス株式会社)
村田陽子(有限会社ビーイングサポート・マナ)
山崎有子(株式会社東芝)
中野愛子(株式会社日立製作所)

●これからの健康経営
土肥誠太郎(三井化学株式会社)

●これからの健康増進・健康教育
長谷川梢(株式会社日立製作所)

●これからの多職種連携
佐久間涼(千葉県警察本部)

●副業解禁と産業保健
竹内幸子(ヤフー株式会社)

【第2特集】==============
リモートワークで負担激増!?
VDT作業における労働衛生管理
プランナー◎東川麻子(株式会社OHコンシェルジュ)

●情報機器作業における労働衛生管理のためのガイドライン背景およびポイント解説
城内博(独立行政法人労働安全衛生総合研究所)

●在宅勤務中の心身にやさしい作業環境を考える
永田智久(産業医科大学)

●「座りすぎ」が健康に及ぼす影響とその対策
甲斐裕子(公益財団法人明治安田厚生事業団)

●心身の疲れをリフレッシュ!民間企業のサービス事例
樋口毅(株式会社ルネサンス)

【STUDY】==============
●今さら聞けない産業衛生のきほん
勝木美佐子(株式会社産業医かつき虎の門事務所)

●経営学の視点で考える産業保健
森永雄太(武蔵大学)

●隠れた問題を見抜く力をつける!
スペシャリストに教わる作業環境測定実践トレーニング
軸丸靖章(社会福祉法人聖隷福祉事業団)

●急ぐの? 待てるの?職域で行う救急判断とその対応
泊慶明(京阪グループ)

【COLUMN】==============
●困ったら聞いてみよう!産業看護実践Q&A
加倉井さおり(株式会社ウェルネスライフサポート研究所)

【CATCH】==============
◆ナースのお悩み背負い投げ鳥ボーイのコミュニケーション鬼道場
鳥ボーイ/喜多一馬(医療者が運営する医療メディア「メディッコ」)

【Campanio! 2021 02】==============
方言のちょっとコワーイ話
医療者のためのメンタルヘルス講座
油断大敵な皮膚症状
静脈血栓塞栓症の予防に取り組んでみませんか!
緩和ケア病棟に音楽療法を
わたしたちの臨床倫理
医療・看護・介護のトピック18本!

【INFORMATION】=========
・学会・研究会INFORMATION
・次号予告

【購入はこちら】

メディカ出版「産業保健と看護」購入ページ▶
[soshinsha]

「健診・検診」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月09日
保健師など保健衛生に関わる方必携の手帳「2022年版保健指導ノート」
2021年11月16日
思春期に糖質を摂り過ぎると成長後にメンタルヘルスに悪影響が 単純糖質の摂り過ぎに注意が必要
2021年11月09日
【世界糖尿病デー】東京都「今日から始めよう!糖尿病予防」キャンペーン 都民の4人に1人は糖尿病かその予備群
2021年11月08日
肥満のある人・肥満のない人の両方に保健指導が必要 日本人4.7万人の特定健診データを解析
2021年11月02日
【新型コロナ】ワクチン接種はコロナ禍を終わらせるための重要なツール 50歳以上で健康やワクチンに対する意識が上昇
2021年11月02日
健診や医療機関で腎臓の検査を受けていない高齢男性は透析のリスクが高い 7万人弱を5年間調査
2021年10月26日
「特定健診受診率向上プロジェクト」を実施 大阪府と大阪府立大学看護学科が協働 特定健診の対象者に合わせた効果的な受診勧奨
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶