ニュース

【健やか21】RSウイルス感染症の報告数が急増。乳幼児は早めの受診と感染予防を(東京都)

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」より、専門職向けの学校保健・母子保健に関する最新情報をピックアップしてお届けします。
 「健やか親子21」では、「すべての子どもが健やかに育つ社会」の実現を一緒に推進して頂ける企業や団体を募集しています。
乳幼児は早めの受診と感染予防を

 乳幼児を中心に流行するRSウイルス感染症の報告が都内で急増していることから、東京都が注意喚起を行いました。保育所等での複数感染事例も報告されているとのことです。

 RSウイルス感染症は、かぜに似た症状で多くの場合軽症で治まりますが、感染力は強く、1歳未満の乳児の場合や、先天性心疾患、慢性肺疾患などを持つ小児の場合は、重症化するおそれがあります。そのため、早めの受診や感染予防をこころがける必要があります。

 保育所や幼稚園などにおいては、保護者や職員を含めた手指衛生の徹底や、咳などの症状がある場合は無理をさせないなど、感染を拡大させないための注意が必要です。

最新トピックス・イベント(2021年 7月 1日更新)

  • 「小学校等における医療的ケア実施支援資料~医療的ケア児を安心・安全に受け入れるために~」の公開について(文部科学省)
  • 「障害のある子供の教育支援の手引~子供たち一人一人の教育的ニーズを踏まえた学びの充実に向けて~」の作成について(文部科学省)
  • 「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントのとりまとめたリーフレットの更新について(厚生労働省)
  • 「コロナ時代の妊娠・出産・子育て~Withコロナ、Afterコロナに対応するために~」の更新について(母子衛生研究会)
  • 「早寝早起き朝ごはん」の効果に関する調査研究報告書の掲載について(「早寝早起き朝ごはん」全国協議会)
  • 梅雨明けの時期から盛夏期にかけての熱中症予防対策について(気象庁)
  • 国の災害用備蓄食品の有効活用の取組について(厚生労働省)
  • 「誤飲等による乳幼児の危険」~ヒヤリ・ハット調査の実施について(東京都)
  • 小冊子「新生児聴覚検査で『要精密検査』を伝えられたご家族や保護者の方々へ」の掲載について(日本産婦人科医会)
  • 児童生徒の自殺予防に関する調査研究協力者会議(令和3年度第2回) 配付資料の掲載について(文部科学省)
  • 子ども安全メール「Vol.557 ベビーゲートを正しく使用し事故を防止しましょう!」の掲載について(消費者庁)
  • 子どもサポート情報「液体芳香剤の誤飲 重症になることも」の掲載について(国民生活センター)
  • 第1回 母子保健マスター講座 Withコロナ時代の「両親学級」成功の秘訣が学べるセミナーの開催について(日本家族計画協会)
  • イギリスのこどもたちの様子:Co-SPACE研究 報告書の日本語版の作成について(国立成育医療研究センター)
  • 三重県で発生した百日咳家族内感染事例の掲載について(国立感染症研究所)
  • 日本の予防接種スケジュールの更新について(国立感染症研究所)
※詳しい情報は、健やか親子21(第2次)ホームページを参照。
「健やか親子21」とは?母子の健康水準を向上のための国民運動計画

 「健やか親子21」は、平成13年から始まった母子の健康水準を向上させるための様々な取組を、みんなで推進する国民運動計画。

 平成27年度からは、現状の課題を踏まえ新たな計画(~平成36年度)が始まりました。

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」は、情報収集や情報を共有することによる交流・連携ができる有用なツールとして、様々な活動に役立つことが目的。

[soshinsha]

「地域保健」に関するニュース

2021年07月06日
【新型コロナ】コロナ禍が終わってもマスク着用は必要 インフルエンザとの共感染を防ぐためにマスクが有用
2021年07月06日
フレイルは特定健診だけでは発見できない 65歳の3%に「サルコペニアの疑い」 痩せ・運動不足でリスク増
2021年07月06日
血液数滴でアルツハイマー型認知症を判定 ノーベル賞技術を応用した世界初の検査機を開発 患者負担が小さくコストも安い
2021年07月05日
座位時間が長いほど死亡リスクが上昇 生活習慣病があるとさらに危険「立ち上がって運動を」 日本人6万人超を調査
2021年07月05日
野菜を食べると健康リスクを抑えられる 野菜にはどんなサプリよりも強い効果が がんや腎臓病も予防
2021年07月02日
【健やか21】RSウイルス感染症の報告数が急増。乳幼児は早めの受診と感染予防を(東京都)
2021年06月29日
【新型コロナ】ワクチンを否認しているのはどんな人? 全国で大規模調査を実施 情報発信が必要「地域や社会の健康と回復につながる」
2021年06月29日
夫が育児に参加すると妻の心理的苦痛を低減できる 男性も積極的に育児に取組む必要が 7万組超の夫婦を調査
2021年06月29日
産業保健師活用テキスト『産業保健師がいること』のご紹介
2021年06月28日
【生活習慣病の医療費】トップは入院では「脳血管障害」、入院外では「糖尿病」 特定健診と特定保健指導が重要 健保連
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,995 人(2021年07月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶