ニュース

「HPVセルフチェックキット」サンプルセットの申込受付中!
Web×郵送で注目を集める子宮頸がん早期スクリーニング検査

エヴァリンブラシ

 健康保険組合・自治体で自己採取型HPV(ヒトパピローマウイルス)検査が急速に広まっています。抵抗感が強いとされている子宮頸がん検診(細胞診)の未受診者対策として注目を集めており、ユーザーの方々から「自宅でカンタンに受けられる」など、ご好評です。

 保健指導リソースガイドでは、自己採取型HPV検査キットをぜひ一度お手にとっていただきたく、先着300名様に「HPVセルフチェックキット」サンプルセットをお届けすることになりました。

 お申込みは2021年10月11日18時まで。お早めのご応募をお待ちしています。ご応募いただいた方にはダウンロード資料として「自己採取型HPV検査の検診事業における活用方法と導入メリット」も併せてお送りします。

 応募期間は終了しました。沢山のご応募、まことにありがとうございました!

注目度が高まる「子宮頸がん」

 欧米などでは"絶滅しつつあるがん"と言われているにもかかわらず、日本に限っては増加傾向にある「子宮頸がん」。HPVワクチンの積極的勧奨再開について、田村憲久厚生労働相が「10月の早い時期にも検討を始めたい」と述べるなど、いま注目度が高まっています。

 子宮頸がんの罹患率・患者数が先進国で最低水準である理由のひとつとして、検診受診率が圧倒的に低いことが挙げられます。「細胞診」を適切に実施するには医療機関で医師の採取が必須のため、抵抗感が強く、時間的拘束が生じるのが実情です。

未受診者対策として注目を集める自己採取型HPV検査

 そのような中、健康保険組合・自治体で急速に広まっているのが自己採取型HPV検査です。抵抗感が強いとされている子宮頸がん検診(細胞診)の未受診者対策として、いま注目を集めています。

 今回ご案内するHPV検査キット「エヴァリンブラシ」は自己採取でも実施可能(※医師採取と自己採取の結果一致率は99%)です。「自宅でカンタンに受けられる」「恥ずかしくない」「痛くない」など、ユーザーの方々から喜びの声もいただいております。
 さらにWebと郵送で申し込みから結果通知まで完結するため、利用者のプライバシーも守ることができます。

 自覚症状がない早期のうちにスクリーニング検査で発見することができれば、子宮頸がんに苦しむ人を減らすことができます。女性の健康をテーマに、企業や健保で検査をサポートする取り組みも増えてきていますので、奮ってご応募ください。

HPVセルフチェック「&Scan」も無料体験いただけます

 ご希望の方にはハッチヘルスケア株式会社が提供している「&Scan」の無料体験チケットもお送りします。

 「&Scan」はHPVセルフチェック申し込みから結果通知だけに留まらず、陽性者の方に必ず二次検査を受診してもらえるよう、徹底的に勧奨することが可能です。
 実際の画面をみながら、本システムを体験していただければ幸いです。

子宮頸がん早期スクリーニング検査「&Scan」の詳細はこちらから

お申込みについて

【申込期限】
2021年10月11日(月)18時締切/先着300セット限定
※規定数に達し次第、受付を終了します。

 応募期間は終了しました。沢山のご応募、まことにありがとうございました!

【セット内容(1セット)】

  1. 自己採取用HPV検査キット「エヴァリンブラシ」✕ 2個
  2. 子宮頸がんリスクチェック「&Scan」のご案内
  3. ダウンロード資料「自己採取型HPV検査の検診事業における活用方法と導入メリット」
    ※ご応募完了後、メールにてURLをご案内します

【対 象】

  • 健康保険組合、企業または自治体にお勤めの保健師さん
  • 医療・保健指導専門職の方

【発送について】

  • 1セットのみのお申込みとなります。
  • お送りする「エヴァリンブラシ」はサンプル仕様のため、臨床試用はできません。
    実際の検査にはご使用いただけませんので、予めご了承ください。
  • サンプルセットの発送は先着順となります。
  • 結果は発送をもって代えさせていただきます。
  • 商品のお届けは、ご応募後4週間程度を予定しております。

【ご注意】
本キャンペーンは医療・保健指導専門職の方のみ、ご応募いただけます。一般の方への発送はいたしかねますので、予めご了承ください。

提 供: ハッチヘルスケア株式会社

※個人情報の取り扱いは「個人情報保護方針」をご覧ください。

■関連情報

[soshinsha]

「健診・検診」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月09日
保健師など保健衛生に関わる方必携の手帳「2022年版保健指導ノート」
2021年11月16日
思春期に糖質を摂り過ぎると成長後にメンタルヘルスに悪影響が 単純糖質の摂り過ぎに注意が必要
2021年11月09日
【世界糖尿病デー】東京都「今日から始めよう!糖尿病予防」キャンペーン 都民の4人に1人は糖尿病かその予備群
2021年11月08日
肥満のある人・肥満のない人の両方に保健指導が必要 日本人4.7万人の特定健診データを解析
2021年11月02日
【新型コロナ】ワクチン接種はコロナ禍を終わらせるための重要なツール 50歳以上で健康やワクチンに対する意識が上昇
2021年11月02日
健診や医療機関で腎臓の検査を受けていない高齢男性は透析のリスクが高い 7万人弱を5年間調査
2021年10月26日
「特定健診受診率向上プロジェクト」を実施 大阪府と大阪府立大学看護学科が協働 特定健診の対象者に合わせた効果的な受診勧奨
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶