ニュース

「乳がん」は早期発見すれば治る病気 10月は「ピンクリボン月間」 コロナ禍でがん検診の受診者が減少

 日本人女性の9人に1人が発症する乳がん。10月の「ピンクリボン月間」には、乳がんの早期発見を啓発するイベントが各方面で実施されている。
 乳がんは、早期の段階で適切な治療をすれば、約9割が治る病気とされている。しかし、コロナ禍の影響でがん検診の受診者は減少している。
 ピンク色のライトアップ、イベントの配信、SNSへの参加の呼びかけなどで、乳がん検診の受診の必要性を呼びかけている。
乳がんは早期発見で"治る病気"に
 乳がんは、女性がかかるがんのなかでもっとも多く、患者数は年々増加している。2018年に全国で乳がんと診断されたのは9万4,519人に上る。

 その一方で、乳がんの治療や手術は進歩しており、また乳がんのタイプ分けの研究が進み、タイプごとに効果的な治療を行えるようになってきた。そのため乳がんは、早期の段階で適切な治療をすれば、約9割が治る病気とされている。

 しかし、日本では乳がんの検診率はもともと低く、さらに今年は新型コロナウィルスの影響で検診率が減っている。早期発見が遅れると死亡率も上がってしまうおそれがある。

 40歳以上の女性は2年に1回、乳がん検診を受けることが推奨されている。ほとんどの市町村で、検診費用の多くを公費で負担している。
コロナ禍でがん検診の受診者は3割減少
 コロナ禍の影響でがん検診の受診者が減少していることが、日本対がん協会の調査で明らかになった。全国の32ヵ所の同協会グループ支部によると、2020年に実施された5つのがん検診(胃、肺、大腸、乳、子宮頸)の受診者は、対前年比30.5%の大幅減少となった。

 がん検診の受診者は、2019年はのべ567万796人だったのに対し、2020年は394万1,491人となり、172万9,305人減少した。

 同協会によると、コロナ流行下でも、がんは変わらず発生していると考えられる。減少した受診者数に2018年度の各がん発見率を掛けて推計すると、計約2,100件のがんが未発見となっている可能性がある。

 同協会グループ以外のがん検診や、別の病気の治療中に偶然発見されるがんなども合わせると、2020年の日本では少なく見積もっても1万人以上のがんが未発見となっていることが懸念される。がん検診の受診を見送っているうちに未発見のがんが進行がんとなり、治療の選択肢を狭めてしまいかねない。

 「各検診(健診)機関は国のガイドラインにのっとった感染防止対策を徹底しています。ぜひ、定期的ながん検診の受診をお願いします」と注意を呼びかけている。
10月はピンクリボン月間 各地で乳がん検診の受診を呼びかけ
 日本対がん協会などが参加するピンクリボンフェスティバル運営委員会事務局は、「MY PINK ACTION 知ろう、自分と乳がんのこと。」を新たなスローガンに、「ピンクリボンフェスティバル2021」を開催し、乳がん検診の受診を呼びかけている。

 その一環として10月のピンクリボン月間に、東京・名古屋などの8ヵ所の建造物をピンク色にライトアップし、ピンクリボンのメッセージを発信している。

 オンラインでの実施となった「ピンクリボンシンポジウム」では、10月1日より配信。乳がんの最新治療やコロナ禍でどのように乳がんと向き合っていくかなど、専門医による講演とゲストトークを視聴できる。ゲストは歌手の太田裕美さん。太田さんが乳がんをどのように乗り越え、活躍しているかを語っている。

 20~30歳代の女性に向けて乳がんとブレストケアについて正しい知識を伝える「ピンクリボンセミナー」も10月15日より配信開始。ゲストは乃木坂46キャプテンの秋元真夏さん。秋元さんからの疑問に専門医が答え、解説していく。
「ピンクリボン音頭」を制作 乳がんのセルフチェックを学べる
 乳がんの検診率が低迷しているのを受け、ピンクリボンアートプロジェクトなどは「ピンクリボン音頭」を制作した。

 レトロポップでかわいい音頭だが、実は乳がんのセルフチェックが学べる振付と歌詞になっている。体を活発に動かし踊ることで、代謝や免疫力を向上させる狙いもある。

ピンクリボン音頭

 振付を担当したのは、さまざまなCMで振り付け指導を行っている香瑠鼓さん。腕を上下に振るなど、両腕のダイエットにもなるとして、30~40代の女性にもぜひ試してもらいたいとしている。

ピンクリボン音頭PV(ピンクリボンアートプロジェクト)

 日本対がん協会も、乳がんセルフチェック推奨キャンペーンを実施し、ピンクリボン音頭とコラボレーションしている。毎月ピンクの日(19日)にはSNSでも配信している。

 Twitter、Instagramで「#MYPINKACTION」のハッシュタグを付けて配信。これは企業や有名人、一般の人々が、それぞれ自分と乳がんのことについて考え理解し、自分ならではのピンクアクションを実践し、自身のSNSアカウントで投稿してもらうための取り組みだ。

ピンクリボン音頭~ピンクの日~
(ピンクリボンフェスティバル×ピンクリボンアートプロジェクト)



公益財団法人日本対がん協会

ピンクリボンフェスティバル

乳がん(国立がん研究センター がん情報サービス)
[Terahata]

「がん」に関するニュース

2021年11月09日
【世界糖尿病デー】東京都「今日から始めよう!糖尿病予防」キャンペーン 都民の4人に1人は糖尿病かその予備群
2021年11月05日
「脳・心臓疾患の労災認定基準改正 働き方改革の一層の推進へ」へるすあっぷ21 11月号
2021年11月02日
「慢性疼痛」とスマホアプリで上手に付き合う 痛みの3分の2は心理的ケアにより改善・解消できる可能性
2021年10月26日
COPD(慢性閉塞性肺疾患)について知っていますか? 咳・痰・息切れがある人は要注意
2021年10月20日
「乳がん」は早期発見すれば治る病気 10月は「ピンクリボン月間」 コロナ禍でがん検診の受診者が減少
2021年10月06日
「職場のハラスメント対策 ~今日的課題と対策~」へるすあっぷ21 10月号
2021年09月28日
「HPVセルフチェックキット」サンプルセットの申込受付中!
Web×郵送で注目を集める子宮頸がん早期スクリーニング検査
2021年09月27日
「健康経営銘柄2022」「健康経営優良法人2022」の申請受付中!令和3年度の調査に反映されるポイントをご紹介
2021年09月03日
「災害時における企業の安全配慮義務」へるすあっぷ21 9月号
2021年08月24日
乳がん検診では超音波検査も追加すべき マンモグラフィの欠点を補い効果的 日本人女性7.6万人を調査
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶