ニュース

「職域がん検診の現状と課題」へるすあっぷ21 6月号


「へるすあっぷ21」6月号

月刊、年12冊
定価(1冊):980円+税 送料110円
年間購読料:12,889円(送料込)+税
発行:株式会社法研
保健指導に役立つ情報源の一つである定期刊行物
「へるすあっぷ21」2022年6月号をご紹介致します。
 企業や健康保険組合等が実施する職域がん検診を受ける人は多く、その推進に大きな期待が寄せられています。

 その一方で、課題も明らかとなってきています。働く女性や定年延長による高年齢労働者の増加により職場のがん罹患者は増えることが予測されます。職域がん検診の現状と課題を踏まえ、職域に求められている取り組みを考える特集です。

 ●コロナ禍の影響と職域がん検診の課題
 ●健保組合におけるがん検診精度管理の実施に向けて
 ●職域がん対策の重要性とがん検診受診率に効く12の取り組み<がん対策推進企業アクション>
 ●アフラック生命保険(株)がん検診受診率90% 予防から両立支援までトータルにサポート

★新登場★
公式通販サイト「へるすあっぷ21」

「へるすあっぷ21」6 月号
株式会社法研




【目次】

■わかる!身につく!健康力
 4月から保険適用 知っておきたい不妊治療
 
■最前線レポート
 働く世代への歯科健診の普及に向けて

■最新予防・医療情報
 聞こえても「聞き取れない」APD(聴覚情報処理障害)の現状と課題

■そこが知りたい がん検診 中山富雄
 検診で「異常あり」放置はまずい?

■HEALTH TOPIC
 令和3年度職場のメンタルヘルスシンポジウム

■ストレス・ハラスメント対策に役立つコミュニケーション術 戸田久実
 介護と仕事を両立したい...それってわがまま?

■ワークで学ぶ イケてる健康教育 柴田善幸
 教え方の5つのプロセス1-分析②「受講者はどんな人か」

■心が元気になる食事 功刀浩/食のスタジオ
 腸内細菌バランスを整えよう

■伝わる広報研究所 佐久間智之
 Twitter・Instagramの効果的な運用法

■けんぽREPORT
 ブラザー工業健康保険組合 連携と工夫で効果の高い保健事業を推進

■健康な食環境づくり
 カゴメ(株) 手のひらで野菜摂取量を推定する「ベジチェック®」

【連載】

■世界の国から健康よもやま話  寺田直子
 伊豆大島のあしたばパワーを体感

■NG例から学ぶ ビジネスメール術  平野友朗
 メールを送っても返信がもらえない

■産業保健 気になる!トピックワード  時澤健
 熱中症予防の新常識 プレクーリング

■職場で取り組み歯科対策のヒント  川口陽子
 喫煙やメタボと歯周病のかかわり

■働く人のための介護リテラシー向上講座  川内潤
 直接介護することが親孝行とは限らない

■女性のカラダのホントの話  宋美玄
 出産に王道あり!? そもそも自然な出産とは

■その健康情報 信じて大丈夫?  大野智
 メタボ健診のベネフィットは行動変容?

■判例解説 企業の安全配慮義務と産業保健 岡田邦夫/山田長伸
 産業保健の専門家として期待されている役割と責任

■やる気が出ない、続かない...が変わる!楽トレ  坂詰真二
 柔軟性を高めよう

★新登場★
公式通販サイト「へるすあっぷ21」

「へるすあっぷ21 6月号」
株式会社法研
[保健指導リソースガイド編集部]

「新型コロナ」に関するニュース

2022年11月01日
【新型コロナ】高齢化が世界一の日本でなぜ死亡率が低いのか? 日頃の医療や保健活動の積み重ねが成果
2022年10月31日
【新型コロナ】運動がワクチン効果を高める ウォーキングなどの適度な運動によりワクチン効果は3倍に
2022年10月31日
【新型コロナ】ネットやSNSの医療・健康情報は信用できる? ヘルスリテラシーを高める4つのポイント
2022年10月24日
【新型コロナ】不安やうつを予防するのに「健康的な食事」が効果 ストレスになるニュースを遮断するのも有効
2022年10月18日
【新型コロナ】腸内環境が新型コロナにも影響 腸内細菌と代謝物質で重症化しやすさが分かる
2022年10月17日
【新型コロナ】重症化リスクを高める要因は高齢・タバコ・糖尿病・肥満 危険因子を減らす対策が必要
2022年10月17日
仮想現実で運動する「VRエクササイズ」で運動が楽しくなる 運動嫌いの人も気分を高められる
2022年10月11日
高齢者の半数以上は「フレイルが心配」 フレイル健診を受診したのは23%と少数 データを活用した「対策モデル事業」も
2022年10月11日
【新型コロナ】妊婦へのコロナ禍の影響を全妊娠期で調査 日本の多くの女性は妊娠期の栄養が不足
2022年09月26日
【社会生活基本調査】男性の家事・育児などの時間は過去最長 でも女性はその4倍に 「男性中心型社会」からの脱却が必要
DASHプログラム

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶