ニュース

11歳の子を持つ母親で仕事を持つ割合は8割ー21世紀出生児縦断調査(厚生労働省)

 厚生労働省はこのほど、平成22年出生児を対象にした第11回の21世紀出生児縦断調査について結果を公表した。

 結果によると約8割の母親が働いており、平成13年出生児の結果と比べて8.5ポイント高かった。仕事を持つ母親の割合が増えていることが分かる。

母親が有職の割合は約8割に

 21世紀出生児縦断調査は、21世紀の初年である平成13年(2001年)生まれの同じ子どもを対象に、0歳から15歳になるまで毎年実施し、経年変化の状況などを継続的に観察してきた。

 平成22年(2010年)生まれの子どもを対象にした調査もその後同様に始まり、平成13年出生児と比較することで少子化対策などに役立てている。今回公表された平成22年出生児の第11回調査では、対象児童は11歳(小学5年生)になっている。

 調査結果によると、母親が有職の割合は79.3%で、同時期に平成13年出生児を対象にした調査と比べると8.5ポイント高い。出産1年前に61.9%だった有職の割合は出産半年後には35.6%に低下していたが、その後年々上昇している。

 有職者の雇用形態について内訳を見ると、常勤は29.1%、パート・アルバイトが43.3%と差が見られる。常勤は出産半年後の時点で25.4%あり、3歳6か月時点の第4回調査からはゆるやかな上昇傾向を続けている。

 一方、パート・アルバイトは出産半年後の5.8%から年々上昇を続け、第11回調査では常勤の割合を大きく越えるまでになった。

出典:厚生労働省/2022年5月18日

 これらのことから母親は子どもの年齢が上がるにつれて就労割合が増えるものの、大多数はパート・アルバイトで従事していることが分かる。

 それでも出産1年前に常勤だった母親のうち、35.4%は第11回調査まで継続して常勤で働いていた。この割合は平成13年出生児に比べて10.2ポイント高く、出産や育児を経ても常勤での勤務を継続している母親が増えていることが分かる。

子どもはテレビ・ゲームの時間数が増加

 子どもの生活の状況について調べた結果では、学校のある日にコンピューターゲームをする割合が78.8%と、平成13年出生児の64.7%に比べて14.1ポイントも高くなっていた。小学1年生のときの調査では46.6%で、学年が上がるにつれて割合が増えている。

 ゲームで遊ぶ時間は、「2〜3時間未満」が15.2%、「3時間以上」が8.4%で、いずれも学年が上がるにつれて割合が増えている。

 学校のある日でも9割以上はテレビを見ているが、時間別では「3時間以上」が14.7%を占め、小学1年生時点での7.4%に比べて倍増していた。

出典:厚生労働省/2022年5月18日

[yoshioka]

「産業保健」に関するニュース

2022年06月03日
「職域がん検診の現状と課題」へるすあっぷ21 6月号
2022年06月02日
11歳の子を持つ母親で仕事を持つ割合は8割ー21世紀出生児縦断調査(厚生労働省)
2022年05月30日
「ヨガ」「太極拳」にストレス解消とリラックスの効果 初心者も気軽に自宅でできる
2022年05月30日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年05月30日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年05月30日
【新型コロナ】子供の新型コロナワクチン接種後の副反応を調査 成人に比べ副反応は少ない
2022年05月30日
【新型コロナ】ワクチン接種後の抗体産生量の個人差と時間変化を調査 医療従事者など2,202人 順天堂大
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
2022年05月23日
【新型コロナ】起床・朝食が遅くなった子供で運動不足や栄養バランスの乱れが 規則正しい食事・睡眠が大切
2022年05月23日
【新型コロナ】コロナ禍で結婚数と出生数が減少 将来に対する不安や経済的な悩みが原因?
みんチャレの新しい禁煙
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶