ニュース

新型コロナウイルスと季節性インフルエンザの同時流行に注意 感染状況に応じたリーフレットを公開

 今冬は新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザの同時流行が懸念される中、政府は関係団体、アカデミア、経済団体、地方自治体とともに「新型コロナ・インフル同時流行対策タスクフォース」を立ち上げ、国民への呼びかけについて協力、検討を重ねてきた。

 この議論を踏まえて厚生労働省はこのほど、国民向けの周知用リーフレットを取りまとめ、関係団体らに啓発の協力を依頼。
 感染状況に応じてリーフレットの内容を使い分けながら、医療のひっ迫が起きないよう国民に協力を促していく。
感染状況等に応じてリーフレットの活用を

 「新型コロナ・インフル同時流行対策タスクフォース」は冬季の同時流行を見据え、国民への情報提供と重症化リスクなどに応じた外来受診・療養への協力の呼びかけが効果的に実施されるよう、10月から検討を開始。  

  • 「感染が落ち着いている状況」
  • 「感染者の増加が見られ同時流行(又は新型コロナ/インフルの感染拡大)の兆しが見える状況」
  • 「同時流行(又は新型コロナ/インフルの感染拡大)により医療のひっ迫が懸念される状況」
 感染状況をこれら3段階に分けて、情報提供のポイントを整理し、国民への具体的なメッセージをそれぞれに打ち出してきた。

「感染が落ち着いている状況」

 「感染が落ち着いている状況」では、「この冬は、ワクチン接種・新型コロナ抗原定性検査キット・解熱鎮痛薬の準備を」とするリーフレットを用意。ワクチン接種の検討や、発熱などの体調不良時に備えて新型コロナ抗原定性検査キットや解熱鎮痛薬の準備、電話相談窓口などの連絡先確認などを呼びかける。
 また、新型コロナ抗原定性検査キットは国が承認した「医療用」か「一般用」のキットを使用するようにお願いも加えた。

出典:「この冬は、ワクチン接種・新型コロナ抗原定性検査キット・解熱鎮痛薬の準備を」
 
「感染者の増加が見られ、同時流行の兆しが見える状況」
「同時流行で医療のひっ迫が懸念される状況」

 一方、「感染者の増加が見られ、同時流行の兆しが見える状況」では、「新型コロナウイルスの重症化リスクの高い方 小学生以下の子どもと保護者の方へ」と「新型コロナウイルスの重症化リスクの低い方へ」の2種類のリーフレットを用意。

 重症化リスクが低い人には自宅療養を案内し、高齢者や基礎疾患を有する人、妊婦などの高リスク者と、小学生以下の子どもには、発熱外来の速やかな受診をうながす内容になっている。

 さらに「同時流行で医療のひっ迫が懸念される状況」になった際も同様のリーフレットを用いるが、「速やかに受診できない状況が発生している」と強く打ち出したうえで、発熱外来が重症化リスクの高い人に重点を置いて対応できるよう、さらなる強い協力を求めていく方針。

 感染状況には地域差があることから、「感染が落ち着いている状況」から「同時流行の兆しが見える状況」への切り替えは、全国一律ではなく地域の実情に応じて柔軟に対応する。

出典:「重症化リスクの低い方」
「重症化リスクの高い方(高齢者・基礎疾患を有する方・妊婦)小学生以下の子どもと保護者の方」

 11月18日に開かれた第3回新型コロナ・インフル同時流行対策タスクフォースでは、新型コロナウイルスが今夏のような感染拡大となる可能性があること、また季節性インフルエンザ位は一部の地域で増加傾向が見られることが報告された。

 全国的に病床使用率の上昇傾向、救急搬送困難事案の増加傾向も見られることから、「同時流行の兆しが見える状況」用に制作されたリーフレットも活用しつつ、重症化リスクに応じた外来受診・療養を呼びかけていく、とした。今後、医療のひっ迫が懸念される状況が進行した場合は、より強い呼びかけに変えていくという。

[yoshioka]

「産業保健」に関するニュース

2022年11月25日
新型コロナウイルスと季節性インフルエンザの同時流行に注意 感染状況に応じたリーフレットを公開
2022年11月22日
特定健診を受けた日に健康相談が受けられるサービスを開始 健診結果に関わらず保健師などが対応 京都府
2022年11月22日
高齢者の「精神的フレイル」を簡易に検査 うつや不安症を尿検査で判定できる可能性 早期介入で改善
2022年11月21日
「果物」を食べるとうつ病リスクが3分の1に減少 フラボノイドなどの果物の天然成分がうつに予防的に働く?
2022年11月21日
健康管理アプリは医療者や専門職による支援・サポートが加わると効果的 アプリのみだと効果なし
2022年11月18日
自殺総合対策大綱には女性の自殺対策を重点施策に 令和4年版「自殺対策白書」
2022年11月17日
あなたと地球の健康のために禁煙を!~市民公開講演会・参加者募集中(参加費無料)~
―全国生活習慣病予防月間2023ー
2022年11月15日
【新コーナー】働く人に伝えたい!薬との付き合い方/日本産業衛生学会 全国協議会レポートなど 「トピックス・レポート」より
2022年11月14日
保健指導を受けた人は自分の食事は健康的になったと過大評価しがち 実際には大きな変化はなし
2022年11月14日
【新型コロナ】子供の運動不足も深刻 動作時のバランス能力が低下 不規則な生活やスクリーンタイムは増加
DASHプログラム

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶