ニュース

【申込受付中】保健事業に関わる専門職・関係者必携
保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2024年版」

 提供  一般社団法人 日本家族計画協会

 一般社団法人日本家族計画協会が発行する保健指導用・健康事業用「教材・備品カタログ2024年版」が完成しました。カタログ送付申込を下記フォームから受け付けています。

 ※カタログ送付費用は一切かかりません。

インパクトのあるイラスト付き
食習慣14種、コンビニごはん2種、産前産後ケア7種など新作掲載!

 専門職の皆様の幅広いニーズに対応した保健指導用・健康事業用「教材・備品カタログ2024年版」の申し込み受付を開始しました。

 本カタログは、生活習慣病のほか、高齢者の健康、妊娠・出産・子育て、思春期保健、女性の健康など、幅広いテーマの教材・ツールを約4,000点以上収載しています。保健事業に関わる専門職や、その関係者には必携の一冊となっております。

 「2024年版」ではコミック調のイラストで対象者の目をとめて、食生活の問題と解決策を伝える『食生活』シリーズ、実際のママたちの声を元に妊娠中から産後まで切れ目なくサポートした『ママと赤ちゃんの健康サポート』シリーズが仲間入り。
 他にも、好評の生活習慣予防、コンビニごはん、カラダコンディショニング、一緒に親子育てシリーズに新作が追加されております。ぜひお役立てください。

カタログ請求はこちら

WEBからの購入は「JFPA®オンラインショップ」

 なお、同カタログの教材・ツールはECサイト「JFPA®オンラインショップ」から購入することが出来ます。(※一部商品を除く)

 JFPA®オンラインショップは、年1回発行のカタログと違い、新作教材ができたタイミングでアップされるため、常に最新の教材を手に入れることができます。

あなたと対象者にあった教材が見つかる!

  • 教材名、キーワード、カテゴリー検索で数ある教材から希望の教材を短時間で探せます
  • 教材画像を拡大して詳細を見られるため、内容をしっかり確認してから購入できます
  • 見積依頼から注文までネットで完結、24時間いつでも注文できます

JFPAオンラインショップ
クリックで「JFPA®オンラインショップ」へ!

参考情報

一般社団法人 日本家族計画協会

[保健指導リソースガイド編集部]
side_メルマガバナー

「健診・検診」に関するニュース

2023年11月27日
働いている人のパフォーマンス低下への影響が強いのは[睡眠不足・運動不足・就寝前の夕食] 企業従業員1.2万人超の特定健診データを調査
2023年11月24日
【申込受付中】保健事業に関わる専門職・関係者必携
保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2024年版」
2023年11月20日
冬は血圧が高くなりやすい 85%の人が健診で「高血圧」と言われて改善行動を実行 脳卒中や心臓病を予防
2023年11月14日
【世界糖尿病デー】35歳から生活習慣病のリスクが上昇 健診を受けて自分の体の現在値(いま)を知ることが大切
2023年11月06日
「肥満症対策に向けた6つの提言」を発表 患者・市民・地域が参画し協働 多様な介入手法が必要 日本医療政策機構
2023年10月23日
健診で心臓病・腎臓病・糖尿病の異常が出ても3人に1人が再検査を未受診 「ナッジ理論」を活用した受診勧奨の開発へ
2023年10月23日
特定健診の実施率の高い都道府県は慢性腎臓病(CKD)が少ない 透析導入率も減少 健診の実施率を⾼めて腎不全を防ぐ
2023年10月23日
医療費の6割を占める高額医療費 メタボ予防の重要性が浮き彫りに 高血圧・糖尿病・脂質異常症を併発したメタボが32%
2023年10月23日
高齢者の「フレイル」の簡単なチェック方法 ペットボトルの開け方を見れば筋力低下が分かる 筋力低下は要介護リスクを高める
2023年10月13日
2021年死亡率、10年ぶりに2.2%増へ、がんの死亡率は0.6%減
「国立がん研究センター」が分析結果を報告
アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶