オピニオン/保健指導あれこれ
産業保健

業務効率化で「働くひとと組織の健康を創る」(提供:(株)iCARE)

産業医・労働衛生コンサルタント・総合内科専門医・心療内科医
(株)iCARE 代表取締役 CEO 山田 洋太

 企業における労働者の健康管理業務での非効率性で、嫌になった経験のある保健師や人事労務担当者は多いのではないでしょうか。

 この5回の連載を通じて、企業における健康管理業務のススメ方や現場で働いている保健師を中心とした方々が悩みやすい業務を取り上げながら、より効率よく業務を行えるヒントにして頂ければと思っています。

 産業医、労働衛生コンサルタントとして活躍している筆者が立ち上げたヘルスケアカンパニー iCAREは、「働くひとと組織の健康を創る」をビジョンに掲げ、「保健師や人事が抱える煩雑で複雑な健康管理業務をカンタンにする」ことを目指しています。

 100名以上の産業医、保健師、人事労務の方からの要望で創りあげた健康管理クラウドサービス「Carelyクラウド」は、これまでの健康管理システムとは異なり、使いやすさ、業務の自動化を他社の1/2〜1/5の費用で導入が可能となります。健康管理をより効率的に行いたい多くの企業様から導入を頂いており、すでに企業規模問わず170社・3万人以上の導入実績があります(2018年12月現在)。ご興味のある方は是非、iCAREまで連絡ください。

iCARE WEBお問い合わせ

プロフィール

  • (株)iCARE 代表取締役 CEO 山田 洋太
  • (株)iCARE 代表取締役 CEO 山田 洋太
    産業医・労働衛生コンサルタント・総合内科専門医・心療内科医

     ”働くひとと組織の健康を創る”をビジョンに掲げ、 法人向けヘルスケアサービスを提供しています。 チャット健康相談「Carely(ケアリー)」をサービスの中心に据え、 働くひとが病院に行かずとも、オンライン上で健康問題を相談・解決できる世界をめざしています。

     まだまだ非効率なこの業界に、圧倒的な効率性と自動化をもたらすクラウドサービス、 日々の健康不安を解決するチャットサービス、その他の健康診断やストレスチェック、 産業医紹介を通して、働くひとと組織の健康を創っています。

    【プロフィール】
    金沢大学医学部卒業。沖縄県立中部病院で3年間研修後、公立久米島病院にて離島医療に従事する。その後、慶應大学ビジネス・スクール(大学院)に入学し、MBAを取得。在学中に同級生と共に株式会社iCAREを創業。

    大学院と並行して心療内科を学び、これまでメンタルヘルス患者2万人以上に携わる。大学院修了後に、東京ベイ・浦安市川医療センターで経営企画室室長として病院の経営再建に取り組み黒字化に成功。現在も産業医として活躍するかたわら、プロの産業医育成のための勉強会を主催する。厚生労働省「第2回 柔軟な働き方に関する検討会」にて産業医の立場から提言。厚生労働省「VDT検診の見直し検討会」委員。

    【参考】
    iCARE ホームページ
    iCAREの社員ブログ

「産業保健」に関するニュース

2021年09月15日
【新型コロナ】肥満や糖尿病などリスク因子が多いほど新型コロナは重症化 リスク因子を減らすことが重要
2021年09月14日
肥満やメタボはメンタルヘルスにも悪影響 幸福感も低下 スティグマなどのサポートが必要
2021年09月14日
【子宮頸がん】HPVワクチンの積極的な接種勧奨の再開を 接種機会を逃した女性に対する支援も必要
2021年09月14日
「産後うつ」は産後1年でもあらわれる 母親となった女性には長期的なケアを 1万人超の妊婦を調査
2021年09月10日
【新型コロナ】年齢や基礎疾患による死亡リスクが判明 基礎疾患があると死亡率は5.6倍に上昇 慢性腎臓病は14%
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶