関連資料・リリース情報

「平成23年国民健康・栄養調査報告」

「平成23年国民健康・栄養調査報告」
(厚生労働省/2013年3月12日)

〇生鮮食品の摂取状況
【成人の摂取量】
 ・野菜類 277.4g
 ・果物類 110.3g
 ・魚介類 78.6g
 ・肉 類 80.7g
 ※10年前(平成13年)と比べると、野菜類、果物類、魚介類は減少、肉類は増加

〇災害時のための食糧の備蓄
 ・用意している世帯の割合、全国で47.4%
 ・もっとも高い地域、東海65.9%
 ・もっとも低い地域、九州24.6%

〇運動習慣者の状況
 ・習慣のある割合、男性35.0%、女性29.2%
 ※前年と比べ男女とも変化なし

〇喫煙の状況
 ・習慣的に喫煙している割合、男性32.4%、女性9.7%
 ※前年と比べると男性は変化ないが、女性は増加

〇飲酒の状況
 ・習慣的に飲酒している割合、男性35.1%、女性7.7%
 ※前年と比べ男女とも変化なし

〇日常生活の中で感じている悩みや不安
 ・最も高かったのが「自分の健康について」、男性42.1%、女性48.2%
 ・20歳代男性、20~40歳代女性では「収入や将来の生活設計について」が高い
 ・30~50歳代男性は「仕事について」が高い

〇肥満及びやせの状況
 ・肥満者(BMI≧25)の割合、男性30.3%、女性21.5%
 ・やせの者(BMI<18.5)の割合、男性4.6%、女性10.4%
 ※肥満・やせとも、前年と比べ男女とも変化なし

〇糖尿病に関する状況
 ・糖尿病が強く疑われる割合、男性15.7%、女性7.6%
 ※前年と比べ男女とも変化なし

〇血圧に関する状況
 ・収縮期(最高)血圧の平均値は、男性135.0mmHg、女性128.0mmHg
 ※前年に比べ男女とも変化なし
 ・収縮期(最高)血圧が140mmHg以上の割合は、男性36.9%、女性27.4%
 ※前年に比べ男女とも変化なし

〇血中コレステロールに関する状況
 ・血清総コレステロールの平均値は、男性196.7mg/dL、女性206.2mg/dL
 ※前年と比べ男性が減少、女性は変化なし
 ・血清総コレステロールが240mg/dL以上の割合、男性10.2%、女性16.4%
 ※前年と比べ男性は減少、女性は変化なし

〇「健康寿命」の認知度、その取組
 ・「健康寿命」の言葉の意味を知っていた割合、20.0%
 ・「健康寿命」の延伸のため、良い生活習慣を行っている割合、38.5%
 
「平成23年国民健康・栄養調査報告」

(厚生労働省/2013年3月12日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「行政・団体の関連資料」に関する資料・リリース

2024年03月05日
標準的な健診・保健指導プログラム(令和6年度版)
2024年03月05日
特定健診・保健指導に係るオンライン資格確認(資格確認限定型)の導入等について(周知)
2024年02月29日
令和4年度 健保組合医療費の動向に関する調査
2024年02月29日
【リーフレット】花粉症対策 スギ花粉症について日常生活でできること
2024年02月28日
3月は「自殺対策強化月間」です

「行政・団体の関連資料」に関するニュース

2024年02月29日
子ども家庭庁「令和4年度母子保健事業の実施状況等」公表 進む産後うつ対策、「成育医療等方針に基づく計画」策定は5割未満
2024年02月16日
「HPV検査単独法」子宮頸がん検診に4月から導入 厚生労働省「がん検診検討会」より
2024年02月08日
「座りすぎを避ける」などを強調 「健康づくりのための身体活動・運動ガイド2023」
2024年02月01日
【毎年2月は全国生活習慣病予防月間】2024年のテーマは「少食で腸活」~「一無、二少、三多」の生活習慣を腸内細菌の働きから検証するWeb講演会を公開中! ~
2024年02月01日
働き盛りの「AYA世代」のがん、女性が7割超―院内がん登録における小児・AYA集計報告公表

関連コンテンツ

アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶