関連資料・リリース情報

「平成24年「国民健康・栄養調査」の結果」

「平成24年「国民健康・栄養調査」の結果」
(厚生労働省/2013年12月19日)

★糖尿病有病者と予備群は約2,050万人と推計され、平成9年以降、初めて減少

 厚生労働省は、平成24年11月に実施した「国民健康・栄養調査」の結果を取りまとめ公表した。重点項目として、平成9年以降、5年ごとに行っている糖尿病有病者等の推計人数及び体格や生活習慣に関する地域格差を把握した。

○主なポイント

【糖尿病について】

・糖尿病が強く疑われる者(糖尿病有病者)は約950万人

・糖尿病の可能性を否定できない者(糖尿病予備群)は約1,100万人

・糖尿病が強く疑われる者と糖尿病の可能性を否定できない者の合計は約2,050万人

・平成9年以降増加していたが、平成19年の約2,210万人から初めて減少

・糖尿病が強く疑われる者のうち、現在治療を受けている者の割合は、
 男性65.9%、女性64.3%(男女とも毎回増加)

(厚生労働省/2013年12月19日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「データヘルス計画」に関する資料・リリース

2022年06月01日
【Q-Station】持続可能な国民皆保険制度に貢献する「データヘルス計画」―社会保障における「成長と分配」を目指して― 特集 第1部
2022年04月21日
令和3年度データヘルス計画に基づく保健事業の実態調査の結果
2022年02月22日
西日本豪雨災害後に精神症状に使われる漢方薬(抑肝散)の処方を受けた高齢者が増加~ビッグデータを用いた分析~
2022年02月16日
幼児期の室内空気汚染物質ばく露と精神神経発達との関連:子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)について
2022年02月16日
妊婦の職業上の化学物質ばく露と胎児死亡との関連について

「データヘルス計画」に関するニュース

2022年06月06日
【新型コロナ】診断12ヵ月後で3分の1に症状が残存 罹患後症状があると不安やうつ・恐怖感・睡眠障害・QOL低下が増強
2022年05月16日
生活スタイルの改善による寿命延伸 生活習慣病の多い人ほど効果は高い 80歳以降でも有用
2022年05月10日
高齢日本の20年後を予測 認知症は減るが格差は拡大 フレイルの合併も増える 女性はとくに深刻
2022年04月12日
【新型コロナ】感染拡大はメンタルヘルスにも影響 心の健康が「悪化した」人は22.3% 厚労省調査
2022年03月29日
花粉症をスマホアプリで収集した医療ビッグデータで解明 花粉症の人の特徴や行動を1万人強のデータから解析

関連コンテンツ

みんチャレの新しい禁煙
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶