関連資料・リリース情報

「宿泊型新保健指導試行事業 採択決定」

「宿泊型新保健指導試行事業 採択決定」
(厚生労働省/2015年4月9日)

 厚生労働省は、 生活習慣病を効果的に予防することを目的に、糖尿病が疑われる者等を対象として、ホテル、旅館等の宿泊施設や地元観光資源等を活用して保健師、管理栄養士、健康運動指導士等が多職種で連携し、従来の保健指導よりも効果の高い保健指導を目指す「 宿泊型新保健指導(スマート・ライフ・ステイ)プログラム」を開発し、本年度は、本プログラムの効果検証を行う「宿泊型新保健指導試行事業」を実施する。

 今回、本事業に8自治体、22民間団体から事業計画が提出され、審査会で審査し、7自治体、16民間団体を採択し公表した。

○関連ニュース
 「宿泊型新保健指導」採択団体が決まる 厚労省(2015年4月10日)

(厚生労働省/2015年4月9日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「特定保健指導」に関する資料・リリース

2024年05月07日
血圧手帳のダウンロード
2024年05月02日
肥満症の予防・改善に活用できる「グッドウエイト手帳」
2024年04月30日
アルコール健康障害に係る地域医療連携等の効果検証および関係者連携会議の実態調査に関する研究
2024年04月17日
ニュースレター『Obesity Report』 第12号
2024年04月16日
糖尿病性腎症重症化予防プログラムの改定について

「特定保健指導」に関するニュース

2024年05月14日
エレベーターは寿命を短くする 階段の上り下りで心筋梗塞や脳卒中のリスクが低下 簡単に取り入れられる「運動のおやつ」
2024年05月14日
若い頃の運動不足は中年になってから健康・労働力の低下に影響 若いうちにこそ身につけたい運動習慣
2024年05月13日
所得が低い人ほど高血圧が多い 男性は飲酒と肥満、女性は肥満が影響 運動不足も 効果的な保健指導が必要
2024年05月13日
【フレイル予防】肥満とフレイルのある高齢者は死亡リスクが高い やせすぎの人にもリスクが 3つの質問で転倒・骨折のリスクが分かる
2024年05月13日
アフターコロナでも「マスク着用」を続ける理由は「私がつけたいから!」 周囲からの同調圧力は強くない?
アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶