関連資料・リリース情報

2016年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況

2016年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況

 厚生労働省は、2016年度の特定健康診査・特定保健指導の実施状況を取りまとめ公表した。

○ポイント
1. 特定健康診査の実施率
 ・特定健康診査の対象者数は約5,359万人(2015年度約5,396万人)
 ・受診者数は約2,755万人(同2,705万人)
 ・実施率は51.4%(同50.1%)

2. 特定保健指導の実施率
 ・特定保健指導の対象者数は約469万人(2015年度約453万人)
 ・健診受診者に占める割合は17.0%(同16.7%)
 ・特定保健指導の終了者数は約88万人(同79万人)、
  保健指導対象者に占める割合は18.8%(同17.5%)

3. 特定健診受診者のうち、薬剤を服用している者の割合
 高血圧症、糖尿病、脂質異常症に係る薬剤の中で、
 ・いずれか1種類を服用している者の割合 18.8%
 ・いずれか2種類を服用している者の割合 7.8%
 ・3種類を服用している者の割合 1.4%

4. メタボリックシンドロームの該当者及び予備群者のうち、
  薬剤を服用している者の割合

 高血圧症、糖尿病、脂質異常症に係る薬剤の中で、
 ・いずれか1種類を服用している者の割合 30.3%
 ・いずれか2種類を服用している者の割合 15.7%
 ・3種類を服用している者の割合 3.7%

2016年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況(厚生労働省)

(厚生労働省/2018年7月30日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「特定保健指導」に関する資料・リリース

2022年06月09日
2021(令和3)年度 全国保健所長会協力事業
2022年06月09日
慢性腎臓病に対する生活習慣改善の指導は長期の診療継続と重症化予防に効果がある
2022年06月07日
「家族と健康」WEB版 6月号
2022年05月12日
健康日本21推進全国連絡協議会 第24回総会 講演抄録
2022年05月06日
「家族と健康」WEB版 5月号

「特定保健指導」に関するニュース

2022年07月01日
東京糖尿病療養指導士(東京CDE) 2022年度申込を受付中 講習会はeラーニング開催
2022年06月27日
ペットは健康に有用? ペットの飼い主の95%が「ストレス解消に役立つ」 脳の健康にも良い影響
2022年06月27日
東日本大震災後の高齢者のフレイルを調査 習慣的に運動をすることが低栄養リスクを下げる
2022年06月27日
日本人高齢者の認知機能は向上している 認知機能障害が減少 国立長寿医療研究センター
2022年06月27日
片足で10秒間立てれば死亡リスクは低下 「片足立ち」は日常的で簡易なテストとして有用

関連コンテンツ

みんチャレの新しい禁煙
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶