関連資料・リリース情報

2016年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況

2016年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況

 厚生労働省は、2016年度の特定健康診査・特定保健指導の実施状況を取りまとめ公表した。

○ポイント
1. 特定健康診査の実施率
 ・特定健康診査の対象者数は約5,359万人(2015年度約5,396万人)
 ・受診者数は約2,755万人(同2,705万人)
 ・実施率は51.4%(同50.1%)

2. 特定保健指導の実施率
 ・特定保健指導の対象者数は約469万人(2015年度約453万人)
 ・健診受診者に占める割合は17.0%(同16.7%)
 ・特定保健指導の終了者数は約88万人(同79万人)、
  保健指導対象者に占める割合は18.8%(同17.5%)

3. 特定健診受診者のうち、薬剤を服用している者の割合
 高血圧症、糖尿病、脂質異常症に係る薬剤の中で、
 ・いずれか1種類を服用している者の割合 18.8%
 ・いずれか2種類を服用している者の割合 7.8%
 ・3種類を服用している者の割合 1.4%

4. メタボリックシンドロームの該当者及び予備群者のうち、
  薬剤を服用している者の割合

 高血圧症、糖尿病、脂質異常症に係る薬剤の中で、
 ・いずれか1種類を服用している者の割合 30.3%
 ・いずれか2種類を服用している者の割合 15.7%
 ・3種類を服用している者の割合 3.7%

2016年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況(厚生労働省)

(厚生労働省/2018年7月30日)

[soshinsha]

「特定保健指導」に関する資料・リリース

2021年11月29日
「第10回 健康寿命をのばそう!アワード」受賞企業・団体・自治体決定
2021年11月18日
日本健康会議「2021年度保険者データヘルス全数調査」調査結果の概要
2021年11月17日
健保連による「次期診療報酬改定に向けた政策提言」
2021年11月04日
「家族と健康」WEB版11月号
2021年10月18日
日本肥満症予防協会ニュースレター『Obesity Report』最新号公開:巻頭言「コロナ禍における肥満症対策の重要性」など

「特定保健指導」に関するニュース

2021年11月30日
牛乳やヨーグルトなどの乳製品が高齢者の骨折や転倒のリスクを減少 カルシウムとタンパク質を十分に摂ることが大切
2021年11月30日
内臓脂肪が多いと認知症リスクが上昇 脳の異常も発生 内臓脂肪を減らせばリスクを減らせる
2021年11月30日
【新型コロナ】感染拡大の影響で食生活も変化 食育への関心は高いが実行がともなわない 食育を紹介したピクトグラムを作成
2021年11月30日
【新型コロナ】医療機関の受診控えにより、がん発見が大幅に減少 胃がんでは男性11.3%、女性12.5%減少 適切なタイミングの受診が重要
2021年11月30日
【新型コロナ】感染拡大で価値観を揺るがされ抑うつや不安に 感染対策に協力できているという達成感が救いに

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶