関連資料・リリース情報

「野菜は好きですか?」でわかる腎臓病のリスク―大阪大学職員10,819人の職員健診データの解析結果

「野菜は好きですか?」でわかる腎臓病のリスク

 大阪大学の研究グループが、同大学の職員健診データを用いて、「野菜は好きですか」という質問に「嫌う」と回答した職員は蛋白尿のリスクが高いことを明らかにしました。

 野菜の摂取量を測定するために食事摂取頻度調査票が使われることが多いものの、質問数が非常に多く、日常的な診療や保健指導では使いにくいという欠点があります。本研究成果により、「野菜は好きですか」というシンプルな質問が、日常的な診療や保健指導において腎臓病のリスクが高い人を見つけるのに役立つことが示されました。

(大阪大学/2021年11月 9日)

[soshinsha]

「栄養」に関する資料・リリース

2021年12月23日
【動画】肥満症特別勉強会<生活編:内臓脂肪を減らす食事の工夫>
2021年12月17日
牛乳1日1杯で脳梗塞予防の可能性 ~岩手県北地域コホート研究 10年追跡データの解析結果から~
2021年12月03日
「野菜は好きですか?」でわかる腎臓病のリスク―大阪大学職員10,819人の職員健診データの解析結果
2021年12月02日
【動画】肥満症特別勉強会:新型コロナ感染症重症化と肥満症の不可分な関係
2021年11月17日
「日本の栄養政策」「東京栄養サミット2021」特設サイトが公開

「栄養」に関するニュース

2022年01月18日
肉やソーセージなどを食べ過ぎると健康リスクが上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月18日
歯を失うと認知症リスクが上昇 歯がなくなると男性は「人との交流」、女性は「野菜の摂取」に影響
2022年01月11日
【新型コロナ】感染拡大でストレスが増加 ストレス解消に効果的な方法は? 何が原因かに気付くことが大切
2022年01月11日
【新型コロナ】母乳育児が大幅に減少 母乳には大切なベネフィットが 授乳中のワクチン接種は安全
2022年01月11日
【1年間でもっとも読まれたニュース ベスト10】1位はあの記事 保健指導リソースガイド

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶