関連資料・リリース情報

肥満症診療ガイドライン2022


画像をクリックするとAmazonに移動します

日本肥満学会による6年ぶりの改訂!

肥満症治療は、高血圧、糖尿病、脂質異常症など合併する複数の健康障害を一挙に改善する非常に重要な治療です

 肥満は体脂肪組織に脂肪が過剰に蓄積した状態であり、肥満がただちに疾患に分類されるわけではない。日本肥満学会は肥満者のなかから医療の対象となる集団、すなわち、減量によって合併している健康障害の改善や、将来起こり得るさまざまな疾病を予防することが期待できる集団を選び出すために「肥満症」の概念を提唱し、この概念に沿った診療の実施を推奨している。治療対象をBMIのみで定義するのではなく、健康障害の合併や内臓脂肪蓄積に基づいて抽出するという考え方は、国際的にみても極めて先駆的なものといえる。

 2016年版の発行以降に、小児や高齢者の肥満と肥満症に対する国内外の知見が増えたほか、おもに高度肥満症を対象としてわが国でも外科療法が保険収載され、その有用性が検証されるなど、肥満症の診療を取り巻くさまざまな変化がみられている。さらに、長らく進展に乏しかった肥満症治療薬の開発に関しても、日本人を対象として良好な治験結果が公表されるなど、新たな肥満症治療薬が登場する兆しがみられる。

 しかし、肥満や肥満症をもつ個人のQOLの維持・向上を、個人に対する医学的介入のみで十分に達成することは難しい。肥満や肥満症の発症には、他の慢性疾患と同様に遺伝的な要因、生育や発達における要因、社会的要因などを含むさまざまな要因が関係するにもかかわらず、必要以上に食習慣など個人の生活上の要因に帰せられる傾向がある。「自己管理能力が低い」という偏見、社会的スティグマ(不理解による誤った認識)や、自分自身の責任と考える個人的スティグマも存在する。「自己管理の問題であって、医療を受ける対象ではない」という誤った理解は、適切な治療の機会が奪われることにもつながる。

 肥満症は多様な健康障害の発症や増悪・進展の要因となることからも、対応にあたっては、広い領域・職種の連携が重要である。本ガイドラインを通じて、肥満症を治療することの重要性、すなわち肥満症を治療することにより合併する複数の健康障害を一挙に改善できるということを、できるだけ多くの方々に理解して頂きたい。

ISBN 978-4-89775-458-1 C3047
定 価:3,520円(本体3,200円+税10%)
編 集:日本肥満学会
発 行:ライフサイエンス出版
A4変形判 184頁 表紙4色・本文2色刷
2022年12月発行

版元のウェブサイトで情報をみる

参 考

一般社団法人 日本肥満学会:刊行物
保健指導リソースガイド ニュース:「肥満になるのは生活がだらしなく自己管理がダメな人」は誤解 日本肥満学会「肥満症診療ガイドライン2022」

(日本肥満学会、ライフサイエンス出版)

[保健指導リソースガイド編集部]

「健診・検診」に関する資料・リリース

2023年01月31日
「全国生活習慣病予防月間」2023年のテーマは一無(無煙・禁煙)~Web講演会や生活習慣病予防啓発ポスターなど公開中~
2023年01月31日
第37回がん検診のあり方に関する検討会(資料)
2023年01月26日
保健医療分野におけるAI研究開発加速に向けた人材養成産学協働プロジェクトの中間評価結果について
2022年12月27日
健診等情報利活用ワーキンググループ 民間利活用作業班(第10回)資料
2022年11月30日
肥満症診療ガイドライン2022

「健診・検診」に関するニュース

2023年01月20日
保健師など保健衛生に関わる方必携の手帳「2023年版保健指導ノート」
2023年01月17日
【特定健診】40歳以上の半数は生活習慣病かその予備群 健診受診率の引き上げと、働く人のヘルスリテラシーを向上することが課題に
2023年01月16日
わずか「1分間の運動」でも健康効果が 忙しい人も仕事や家事の合間に簡単な運動を行うと寿命を延ばせる
2023年01月05日
特定保健指導は効果があった! 肥満指標はわずかに改善 血糖や中性脂肪も 582万人のデータを解析
2023年01月04日
【もっとも読まれたニュース トップ10】変化の年だった2022年 保健指導リソースガイド

関連コンテンツ

アルコールと保健指導

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶