関連資料・リリース情報

令和3年(2021)人口動態統計(報告書)

令和3年(2021)人口動態統計(報告書)

「人口動態調査結果の概要」より

◯自然増減

 令和3年(2021年)の自然増減数(出生数から死亡数を減じたもの)は△628,234人で、前年の△531,920人より96,314人減少し、自然増減率(人口千対)は△5.1で前年の△4.3より低下した。

◯出 生

 令和3年(2021年)の出生数は811,622人で、前年の840,835人より29,213人減少し、出生率(人口千対)は6.6で前年の6.8より低下した。合計特殊出生率は1.30で前年の1.33より低下した。出生数を性別にみると男415,903人、女395,719人で、女を100とする出生性比は男105.1であり、昭和50年代後半からおおむね105台で推移している。

◯死 亡

 令和3年(2021年)の死亡数は1,439,856人で、前年の1,372,755人より67,101人増加し、死亡率(人口千対)は11.7で前年の11.1より上昇した。また、男の死亡数は738,141人、死亡率は12.4で、女の死亡数は701,715人、死亡率は11. 1であった。

◯悪性新生物<腫瘍>の死亡率

 悪性新生物<腫瘍>の主な部位別にみた年齢調整死亡率の年次推移を性別にみると、男女とも「胃」は、戦後上昇傾向にあったが、昭和30年代半ばをピークに低下を続けている。男は「肺」が上昇を続け、平成7年(1995年)には「胃」を上回ったが、以降は低下傾向にある。女は「子宮」が平成17年(2005年)まで低下傾向にあったが、近年は横ばいとなっており、「大腸」は7年(1995年)まで上昇傾向にあったが、近年横ばいに推移している。「乳房」は緩やかな上昇傾向にあったが、令和2年(2020年)にやや低下し、横ばいに推移している。

参考情報

人口動態調査(厚生労働省)

(厚生労働省/2023年 3月27日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「地域保健」に関する資料・リリース

2024年05月08日
感染症発生動向調査に基づく妊娠中の女性における梅毒の届出、2022~2023年
2024年05月08日
日本の都市圏における熱中症搬送者数は2040年に2倍の可能性 ~人口減にもかかわらず、高温化、高齢化で搬送者数の増加~
2024年05月02日
肥満症の予防・改善に活用できる「グッドウエイト手帳」
2024年05月01日
「家族と健康」WEB版 2024年・5月号
2024年04月30日
アルコール健康障害に係る地域医療連携等の効果検証および関係者連携会議の実態調査に関する研究

「地域保健」に関するニュース

2024年05月20日
特定保健指導でのオンライン面接は対面面接と比べて効果は劣らない オンラインの活用可能性が広がる結果に 帝京大学
2024年05月20日
「豆類」が肥満・メタボのリスクを減少 満腹感を得やすく体重管理が改善 豆は食事の質を高め栄養も豊富
2024年05月20日
メタボは乳がんリスクを高める 死亡リスクが44%上昇 運動習慣のある女性は乳がんリスクが大幅に減少
2024年05月20日
高齢者の「機能的能力」を高めるために何が必要? WHOが提唱する「ヘルシーエイジング」に必要な3つの因子とは
2024年05月20日
「肥満症対策に求められる6つの提言」を発表 特定健診・特定保健指導の成果を評価 肥満症対策推進プロジェクト
アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶