ニュース

自治体・健保組合の取組をまとめた保健事業事例集 重症化予防がポイント

 厚生労働省は、地方自治体や健康保険組合など、健診・保健指導の実施に携わる団体が行っている保健事業の事例集を公開している。そのうち、今年度公表された事例集3つを紹介する。

被用者保険におけるデータ分析に基づく保健事業事例集(データヘルス事例集)

 データヘルス事例集は、健康保険組合などの被用者保険において健診やレセプト情報等を分析した上で、保健事業に取り組んでいる事例を取りまとめたもの。

 データ集約・分析の手法や保健事業の効果をあげるための実施事例として、民間事業者が提供するシステムやサービスを用い加入者の健康づくり・疾病予防を促すものや、長年の独自のデータを活用した先駆的な事業など、様々な取り組みが紹介されている。

 各種データを収集・分析することで被保険者全体へ効率的な働きかけが可能となり、生活習慣を改善が必要な人や、早期治療が必要な人など、焦点を絞り込んだ事業が展開できる利点があると考えられる。

被用者保険におけるデータ分析に基づく保健事業事例集(データヘルス事例集) [2013年9月]

標準的な健診・保健指導プログラム新事例集(平成25年版)

 医療保険者における「標準的な健診・保健指導プログラム【改訂版】」の効果的・効率的な推進のため、健診・保健指導の実施に携わる団体の事業改善に資することを目的に作成された。

 「標準的な健診・保健指導プログラム【改訂版】」の中では、保健事業の実施に当たり、現状分析、計画の策定、健診の実施、保健指導対象者の選定・階層化・結果の通知、対象者の階層に応じた保健指導評価、次年度計画の策定、という流れからなるPDCAサイクルの重要性が示されている。

 PDCAサイクルに沿った事業運営を実施することで、事業実施上の課題や改善点が見出され、より効果的・効率的な保健事業活動へと発展していくものと考えられる。

標準的な健診・保健指導プログラム新事例集(平成25年版) [2013年3月]
健診・保健指導の在り方

地方自治体の取組事例 健康日本21(第二次)
 健康日本21(第二次)の効果的な推進を図る上で、地域や職域における生活習慣病の発症予防と重症化予防の効果的な取組事例をまとめている。

 健康の維持増進、疾病の予防及び早期発見等を積極的に促進することにより、地域・職域において健康診査の数値に改善が見られた、糖尿病患者数が減少した、新規人工透析導入者数が減少した、医療費削減の効果が生じたなど一定の成果を挙げたことが客観的に認められる事例などを紹介している。

地方自治体の取組事例 健康日本21(第二次) [2013年8月]
健康日本21(第二次)

[soshinsha]

「データヘルス計画」に関するニュース

2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月12日
「性感染症」のセルフチェックができるスマホアプリを開発 感染の可能性があるときは医療機関の検索も 順天堂大学
2021年01月12日
「乳がん」を早期発見するための画期的な検査を開発 女性3000人の「マイクロRNA」を測定 臨床試験を4道県で開始
2020年11月02日
【2019年国民健康・栄養調査3】男性の41%が「食習慣の改善ができない」 運動も38%が「関心がない」「やる気がない」
2020年11月02日
【2019年国民健康・栄養調査2】男性の38%、女性の41%が「睡眠時間が6時間未満」 喫煙率は10年間で最低を更新
2020年10月20日
「メタボ健診・特定保健指導」の課題が明らかに "制度の見直しが必要"と提言 7.5万人のデータを検証
2020年10月20日
日本人高齢者のフレイル割合は8.7% プレフレイルは40.8% フレイルの予防・重症化予防を推進
2020年10月05日
女性の月経周期や基礎体温は年齢により変化 高温期も年齢により変化 日本人女性31万人を調査
2020年08月11日
【新型コロナ】日本のCOVID-19による入院患者の死亡率は7.5% 欧米や中国に比べ大幅に低い 国立国際医療研究センター
2020年03月25日
健康診断でパーキンソン病・認知症のリスクが分かる 健診で早期発見・予防できる可能性が
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶