ニュース

朝食をとらない子供は将来メタボになる 27年追跡調査

 朝食をとる習慣のない子供が成長すると、メタボリックシンドロームや糖尿病予備群になりやすいという研究が発表された。
朝食を欠食する習慣のある子供は、成長するとメタボや糖尿病予備群に
 この研究は、889人のスウェーデン人を16歳から43歳まで27年追跡して調査したもの。スウェーデンのルレオ地域で行われている大規模研究「北スウェーデンコホート研究」の一環として行われた。

 研究チームは、1981年に16歳の子供を対象に朝食の摂取状況に関する調査を行った。そして彼らの健康状態を追跡し、健康診断を18歳時、21歳時、43歳時に行った。

 質の悪い朝食習慣を、「朝食を欠食する」、「飲み物だけ、あるいは甘い食品だけの朝食」と定義し、メタボリックシンドロームの判定には、国際糖尿病連合の診断基準を使った。内臓脂肪の蓄積、脂質異常、高血圧、高血糖といった要因が重なると、将来に2型糖尿病などの生活習慣病を発症しやすくなる。

 調査の結果、朝食の質の悪い子供は、そうでない子供に比べ、27年後にメタボリックシンドロームを発症するリスクが68%上昇していることが判明した。社会経済的な要因や、喫煙やアルコール摂取、運動習慣などの影響を取り除いて調整した後も、この傾向が示された。

 子供の頃に朝食をとらなかった子供は成長すると、特に空腹時血糖値が高くなり、内臓脂肪が蓄積しやすくなるという。

 「不健康な朝食習慣とメタボリックシンドロームとの関連について、さらなる研究が必要ですが、朝食欠食が血糖値コントロールにマイナスの影響を与えることは、いくつかの先行する研究でも示されています」と、ウメオ大学のマリア ウェンベリ氏(公衆衛生学)は話す。

 朝食を抜くと昼食までに空腹になり、食欲を抑えられなくなり、間食を欲しがるようになる。中途半端な時間に満腹になると、昼食を軽く済ませ、夕食までに再び空腹になり間食を繰り返してしまう傾向があるという。

 イスラエルのテルアビブ大学の研究では、朝食を抜くと肥満になる確率が高くなることが示された。1日の早い時間帯に食べることで、日中のインスリン濃度や中性脂肪を低く抑えられ、脂肪が体内に蓄積しにくくなるという。

 夕食が多い人に比べて、朝食が多い人は、食欲促進ホルモンのグレリンが低いレベルに保たれ、食事の満足感が大きかった。

 欧米では朝食を欠食する習慣のある子供や若者は10~30%に上る。「若い頃から、健康的な朝食をとる習慣を身に付けることが大切です」と、研究者は述べている。

Poor breakfast in youth linked to metabolic syndrome in adulthood(ケンブリッジ大学 2014年1月28日)

[Terahata]

「栄養」に関するニュース

2021年06月28日
肥満は薄毛・脱毛も引き起こす 肥満を早期から予防すれば、毛を生やす細胞を維持できる メカニズムを解明
2021年06月25日
【健やか21】「一般のみなさまへ 妊娠中の体重増加の目安について」の掲載について(日本産科婦人科学会)
2021年06月22日
「食中毒」の季節が到来 「予防の3原則」で夏を快適に過ごす 食中毒にともなう脱水を防ぐには
2021年06月22日
【新型コロナ】野菜や魚を食べると新型コロナが重症化しにくい 健康的な生活スタイルで感染対策
2021年06月21日
女性は食事からメンタルヘルスの影響を受けやすい 不健康な食事は精神的苦痛につながる
2021年06月21日
高齢者の転倒にはこうして対応 原因と対策を科学的に検討 日本老年医学会などが「施設内での転倒に関するステートメント」を公開
2021年06月16日
全粒穀物が肥満やメタボのリスクを低下 低炭水化物やプラントベースのダイエットにも質の良い炭水化物が必要
2021年06月09日
「今こそワクチンリテラシーを高めよう」へるすあっぷ21 6月号
2021年06月08日
夏野菜「トマト」が肥満とメタボのリスクを低下 リコピンやβカロテンで血管を健康に
2021年06月08日
高齢者が地域で活用できるパンフレット「おいしく食べて低栄養予防」 栄養状態を自分で把握できる 通いの場などで活用
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶