ニュース

【書籍プレゼント】「職場のたばこ(喫煙)対策」を10名の方に

 受動喫煙防止対策から禁煙支援まで 事業の知識とその実際を学ぶ書籍「「現場の声」から知る・考える・つくる 職場のたばこ(喫煙)対策」を抽選で10名の方にプレゼントいたします。
※この書籍プレゼントの応募は終了いたしました。

【書籍紹介】
「「現場の声」から知る・考える・つくる
 職場のたばこ(喫煙)対策」
著:高橋裕子
 (奈良女子大学教授)
 (一社)保険者機能を推進する会 たばこ対策研究会

 職場において「たばこ対策」の推進は必須の事業となっています。

 たばこ対策は、環境整備、教育・啓発、禁煙支援という三本柱を軸に、企業においては、人事総務部、健康管理室、健康保険組合など、さまざまな部署との連携によって行うことが必要です。

 本書では、禁煙支援専門家である高橋裕子先生と、一般社団法人保険者機能を推進する会たばこ対策研究会のメンバーがタッグを組んで制作にあたり、事業の実際においての失敗例、成功例など「現場の声」を豊富に取り組んだ内容になっています。
(出版社ホームページより)

※この書籍プレゼントの応募は終了いたしました。  

[保健指導リソースガイド編集部]

「禁煙」に関するニュース

2022年10月20日
改善が見られたものは約5割に 課題は次期プランへー健康日本21(第二次)最終評価報告書
2022年10月17日
【新型コロナ】重症化リスクを高める要因は高齢・タバコ・糖尿病・肥満 危険因子を減らす対策が必要
2022年09月02日
「効果を上げる保健指導のヒント」へるすあっぷ21 9月号
2022年08月16日
【新型コロナ】感染後3ヵ月以内に糖尿病と心血管疾患のリスクが上昇 生活スタイル改善のアドバイスが必要
2022年07月19日
認知症予防のための生活スタイル改善に年齢は関係ない 18歳の若者も80歳の老人も同じく必要
2022年07月11日
心筋梗塞や脳卒中を予防するための「生活エッセンシャル8」 新たに睡眠を追加 良い睡眠は心臓を守る
2022年06月13日
日本の職場での「いじめ」の実態を調査 8%がネットいじめを、11%が従来型いじめを週に1回以上受けている
2022年05月30日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年05月30日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年05月16日
生活スタイルの改善による寿命延伸 生活習慣病の多い人ほど効果は高い 80歳以降でも有用
アルコールと保健指導

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶