ニュース

糖尿病の重症化を予防するサービスを開始 未治療の患者を特定

 東芝は、糖尿病でありながら治療に取り組まず放置しているリスクの高い保険加入者を、診療報酬明細(レセプト)のデータ解析で特定するサービスを、2月末日から開始する。
診療報酬明細のデータを解析 受診を勧告
 同サービスでは、まず健保が持つ特定健康診査(メタボ健診)のデータから、糖尿病でありながら医療機関において十分な治療を受けていない、あるいは未受診であるハイリスク対象者を抽出する。

 次に、健診データと診療報酬明細(レセプト)のデータを突き合わせたデータベースを構築し、健診で血糖値の平均を示すHbA1c値が確認された時期、糖尿病治療ステージ、受診状況などを判定する。これによりいつ受診を開始したか、受診を中断したかといった状況が明らかになる。

 さらに、得られた情報をもとに「受診中断」「投薬治療中」などといったステータスを定義し、加入者各人の年度ごとの変化を評価する。これを母集団全体に展開し、経年で各ステータス間をどのような確率で遷移してきたのかを算出する。

 この技術を使うと受診勧奨の介入がどのように医療費の削減につながるのかを評価できるという。

 開発した手法を適用し、東芝健康保険組合と共同で糖尿病ハイリスク対象者の抽出および受診推奨などの介入を行う実証を実施したところ、約90%の介入対象者が治療を開始するとともに健診値の改善が確認できた。

 糖尿病は初期の段階では自覚症状がほとんどないが、適切な治療をしないでいると腎不全などの合併症につながるおそれがある。人工透析が必要になった場合、患者1人当たりの医療費は年500万円に達する。受診を促すことで糖尿病合併症を防げれば、健保組合にとっても医療費を減らせる利点がある。

 厚生労働省は、全ての健康保険組合に対し、健診やレセプトなどの健康医療データの分析、それにもとづく加入者の健康保持増進のための事業計画である「データヘルス計画」の作成・実施を義務化している。

 健保組合など日本の保険者が加入者に対して保健指導する取り組みは限定的で、データ活用に必要な人員やノウハウがないところも多い。同社は、「データヘルス計画」を作成する健康保険組合を支援するサービスの需要は高いと見込んでいる。

東芝ヘルスケア
[Terahata]

「特定保健指導」に関するニュース

2021年01月26日
【新型コロナ】接触確認アプリ「COCOA」がコロナ禍の心理的ストレスを減らす? 企業従業員の心の健康をどう守るか
2021年01月26日
スマホの運動アプリで1日の歩数を2000歩増やせる 新型コロナをきっかけに、運動への関心は世界中で拡大
2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月26日
人工知能(AI)を活用して大腸がんを高精度に発見 医師とAIが一体となり、がん検査の見逃しをなくす
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
2021年01月18日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 急激な温度変化は体にとって負担 血圧変動や脱水に注意
2021年01月18日
【新型コロナ】ワクチンの利益とリスク 正しく評価し、接種の判断を 日本感染症学会が提言「ゼロリスクはありえない」
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,795 人(2021年05月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶