ニュース

睡眠不足の人は風邪にかかりやすい 6時間しか眠らない人では4倍に

 質の良い睡眠をとれないと、体に不調が起こりやすくなる。睡眠不足の人が風邪をひく確率は、休息を十分にとっている人より4倍以上に上昇するという研究結果を、米カリフォルニア大学が発表した。
睡眠時間が6時間の人が風邪をひく確率は4倍以上
 「寝不足になると、怒りやすくなったり、感情をコントロールしにくくなることを多くの人が経験していると思いますが、実験では睡眠障害は身体的な健康に、基本的な悪影響をもたらすことが明らかになりました」と、カリフォルニア大学サンフランシスコ校のアリック プレイザー氏(精神医学)は言う。

 研究チームは、日常での睡眠習慣と健康障害との関連を調べるために、164人のボランティアに参加してもらい実験を行った。結果は医学誌「スリープ」に発表された。

 研究チームはまず、ストレスの状況や、アルコールや喫煙などの生活スタイルを把握するために、参加者に2ヵ月間の健康診断を受けてもらい、質問票に回答してもらった。参加者に実験開始前の1週間、センサー測定器を着用してもらい、習慣的な睡眠について測定した。

 研究チームは次に、参加者にピッツバーグにあるホテルに滞在してもらい、ホテルに到着した時点で風邪ウイルスを点鼻剤で投与する実験を行った。ウイルスが定着したかどうかを確認するために粘液サンプルを毎日採取して、1週間にわたりモニターした。

 その結果、実験開始までの1週間で、睡眠時間が7時間以上だった人に比べ、6時間未満だった人は、風邪にかかる確率が4.2倍高いことが判明した。睡眠時間が5時間未満の人は、風邪にかかる確率は4.5倍に上昇した。
保健指導では質の良い睡眠にも注目
 プレイザー氏らは過去の研究で、睡眠時間が短いと予防接種の効果が薄くなることや、睡眠障害や運動不足、ストレスが多い生活が、自律神経に乱れを生じさせ、ヘルパーT細胞などの免疫システムに不調をもたらすことを確かめている。

 「風邪のひきやすさに関連しているのは、年齢やストレスレベル、人種、教育、所得、喫煙習慣などの要素ではないことが分かりました。解析した結果、統計的にもっとも重要なのは睡眠であることが明らかになりました」と、プレイザー氏は言う。

 睡眠時間の不足や睡眠の質の悪化は、生活習慣病のリスクにつながることは、過去の研究でも示されている。睡眠障害は自動車事故、産業災害、医療ミスなどの増加とも関連している。

 「睡眠は、食事や運動などの生活スタイルと同じように、保健指導の重要な要素であることは明らかです。実際の医療現場では、睡眠が重要であることを患者に教えるのは難しいと実感している指導者が少なくありません」と、プレイザー氏は指摘している。

 実際に睡眠の悩みをもっている人は多い。米睡眠財団の2013年の調査によると、米国人の5人に1人は、勤務日の夜の平均睡眠時間が6時間以下だという。

 「現代生活では忙しいことが尊重されており、睡眠時間を削って仕事に励むことが美徳のように思わている傾向があります。家では休養をとり、十分な睡眠をとることが必要であることを、今後の研究を示していく必要があります」と、プレイザー氏は述べている。

Sleep deprived? Expect to get sick too(カリフォルニア大学 2015年8月31日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2022年10月25日
【特定健診】健診結果から糖尿病リスクを予測するAIを開発 スマホアプリに搭載し生活改善を促す 大阪大学
2022年10月24日
「フレイル」をわずか5つの質問で簡便に判定 フレイル予備群も分かる 保健指導でも活用
2022年10月11日
高齢者の半数以上は「フレイルが心配」 フレイル健診を受診したのは23%と少数 データを活用した「対策モデル事業」も
2022年10月03日
【がん検診】胃カメラ検査は本当に効果がある? 胃内視鏡検査はX線検査よりも効果が高いことを確認
2022年09月27日
有害業務に伴う歯科健康診断の報告
―10月1日から規模にかかわらず、すべての事業場に義務化
2022年09月21日
がん検診受診率の目標を60%へ
職域のがん検診受診「個人単位」での把握検討を―「がん検診のあり方検討会」より
2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」
保健師の実践活動から、強みと意義を考える
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
DASHプログラム

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶