ニュース

「クイズで学ぶスローカロリー」プロジェクトがスタート!

 一般社団法人スローカロリー研究会(宮崎 滋理事長/公益財団法人結核予防会理事・総合健診推進センター長)は、スローカロリーをわかりやすく理解するための遊べる教材として「クイズで学ぶスローカロリー」プロジェクトをスタートしました。 「クイズで学ぶスローカロリー」へ ▶

 スローカロリーとは、糖質の" 質"と" 摂り方" に着目した考え方です。狭義ではゆっくりと消化吸収できる糖質を摂ることで急激な血糖上昇を防ぎ、過激な脂肪蓄積を抑えることです。そのために、糖質の質と量を意識しながら食品を選び、バランスのよい献立で食べ方を工夫しながら、ゆっくり食事を楽しむ。さらには規則正しい食習慣を身につけ、消化しやすい身体をつくる、という広義の考え方にまで及びます。

 スローカロリーの食生活は単なるダイエット論ではなく、日本人に合った食の基本とも言えます。食をどのように選ぶか、毎日の積み重ねが身体を作ります。決して特別なことではない、健康づくりを考える上で必要な食生活の知識です。

 食生活の基本となる様々な要素が詰まっている「スローカロリーの食生活」の実践方法を提示していくべく、まずは"何がスローカロリーなのか?"、"なぜ良いのか"が理解いただける選択式クイズを沢山作り公開していくことになりました。今回はそのウオーミングアップ編をご紹介します。これから、順次クイズを増やしていきますので、お楽しみに!

スローカロリーはどっち?

答えはこちらでご確認ください。 「クイズで学ぶスローカロリー」へ ▶


答えはこちら ▶


答えはこちら ▶

一般社団法人スローカロリー研究会とは

 スローカロリーの知識を普及することを目的に設立されました。スローカロリーの有用性について調査・研究を進め、健康づくりのための食生活を指導する医療・保健指導従事者と一般生活者に向け情報発信を行っています。

一般社団法人 スローカロリー研究会 ▶

[soshinsha]

「栄養」に関するニュース

2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月09日
野菜摂取量向上を図るプロジェクトが最優秀賞 「第10回健康寿命をのばそう!アワード」生活習慣病予防分野
2021年12月08日
「今求められる女性の健康サポート」へるすあっぷ21 12月号
2021年12月06日
【新型コロナ】腸内環境を健康にして感染対策 食物繊維で善玉菌をサポート 腸内菌が感染と重症化を防ぐ?
2021年11月30日
牛乳やヨーグルトなどの乳製品が高齢者の骨折や転倒のリスクを減少 カルシウムとタンパク質を十分に摂ることが大切
2021年11月30日
内臓脂肪が多いと認知症リスクが上昇 脳の異常も発生 内臓脂肪を減らせばリスクを減らせる
2021年11月30日
【新型コロナ】感染拡大の影響で食生活も変化 食育への関心は高いが実行がともなわない 食育を紹介したピクトグラムを作成
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶