ニュース

がん情報を集約・分析―国立がん研究センター「がん登録センター」を開所

 国立がん研究センター(東京都中央区、堀田知光理事長)は1月8日、がん対策情報センター内に「がん登録センター」を開所した。国民・患者に役立つがん登録を確立し、「がんにならない、がんに負けない、がんと生きる社会」を目指すという。

 1月1日に施行された「がん登録等の推進に関する法律」では「全国がん登録」として、国内でがんと診断を受けた人のデータを病院から都道府県に届け出るよう義務化。がん登録センターは全国から集められた情報をもとにデータベースを整備し、データの提供、分析を行う機関として開所された。

 がん情報はすべての病院に届け出義務があるため漏れなく収集され、都道府県をまたいだ受診や患者に転居などがあってもデータの重複がなくなる。そのため今後はがんと診断された人数が正確に分かるようになり、都道府県ごとに効果的ながん対策も可能になると期待されている。

 一方、「国内がん登録」は医療機関の作業負担を考えて26項目になっているが、がん診療連携拠点病院など約1,000施設では、より詳細な約90項目にわたる「院内がん登録」が実施されている。

 そのため、がん登録センターには全国がん登録を担当する「全国がん登録室」と「全国がん登録分析室」のほか、院内がん登録を担当する「院内がん登録室」も設置。両方のがん登録情報をまとめて統計を出す「がん登録統計室」と、事務を統括する「がん登録管理室」もあわせて計5室で構成され、職員は約40名が所属する。

 統計情報は国立がん研究センター「がん対策情報センター」のホームページ「がん登録・統計」で提供され、資料やFAQなどもまとめられている。全国がん登録で収集された平成28年の罹患数は、全国と都道府県別に平成30年12月を目途として公表される予定。

がん登録センター
がん情報サービス内「がん登録・統計」
[yoshioka]

「がん」に関するニュース

2021年05月26日
2021年度版【保健指導アトラス】を公開!保健指導に携わる人が知っておきたい法律・制度
2021年04月13日
「腸内環境」が高齢化すると生活習慣病に関連する代謝物が増える 「腸内細菌叢」を若く保ち加齢疾患のリスクを低下
2021年04月12日
【子宮頸がんを予防する日】予防ワクチンの接種を受ければ9割の感染を防げる 定期的な検診で女性の未来を守れる
2021年04月06日
玄米や麦ごはんなどの「全粒穀物」が心臓病や脳卒中のリスクを低下 「超加工食品」の食べ過ぎにも注意
2021年03月23日
【新型コロナ】コロナ渦でも楽しく運動を スポーツ庁が「オリジナル運動コンテンツ紹介サイト」を公開
2021年03月09日
野菜3皿、果物2皿を毎日食べるともっとも健康的 食べ過ぎに注意が必要な野菜も判明 10万人を調査
2021年03月02日
女性が多量飲酒をすると乳がんリスクが1.7倍に上昇 女性ホルモンが影響か 日本人女性16万人対象の大規模調査
2021年02月24日
健康寿命を伸ばすための10の方法 横断的根拠にもとづき具体的にアドバイス 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月10日
「がんになっても笑顔で暮らせる社会」 がんサバイバーのためのプロジェクト「LAVENDER RING」 206人の向き合い方をフォトブックに
2021年02月09日
がん治療と仕事を両立する「がんサバイバー労働者」 働けていることに幸福感 就労復帰後も健康感などを向上させるサポートが必要
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶