ニュース

【参加者募集】全国生活習慣病予防月間講演会2016 笑いで元気に!

 毎年2月の「全国生活習慣病予防月間」、来年は健康標語"一無・二少・三多"の中から"多接(多くの人・事・物に接する)"にフォーカスし「多接を楽しみ笑って健康長寿」をテーマとして全国で啓発運動が展開されます。 メインイベントとなる市民公開講演会は、2月3日(水)・日比谷コンベンションホールにて開催!医療・保健指導従事者の方、一般の方、皆さまお誘い合わせの上、是非ご参加ください。


全国生活習慣病2015 市民公開
講演会の模様(2015年2月開催)

 一般社団法人日本生活習慣病予防協会(理事長・池田義雄)が主催する全国生活習慣病予防月間は、生活習慣病予防に対する国民の意識向上と、これによる健康寿命の伸長を目指すべく2011年よりスタートし、今年で6回目となります。月間では毎年2月の1カ月間、行政、自治体、関連団体、産業界やメディアなどを通じて集中的に情報発信を行っており、恒例行事として定着しています。

 2016年も例年同様、スローガン(川柳)募集、ポスター・リーフレットの無料公開、全国の自治体、関連団体・企業等との連携活動とともに、メインイベントとなる市民公開講演会を開催いたします。

 メインスピーチでは、岐阜保健短期大学学長の永井博弌先生をお招きして「笑う門には福来る―ガンと生活習慣病予防」をテーマにお話いただくことになりました。"笑い" がNK細胞の活性を挙げ、自然免疫力高めることは知られていますが、近年ではどのような研究が進んでいるのか興味深いところです。

 医療・保健指導従事者の方、一般の方、皆さまお誘い合わせの上、参加登録をお待ちしています!

開催概要

全国生活習慣病予防月間 2016 市民公開講演会
「多接を楽しみ笑って健康長寿」

  • 日 時:2016年2月3日(水)13:30~15:45
  • 場 所日比谷コンベンションホール(千代田区日比谷公園1-4 千代田区立日比谷図書文化館・地下1F)
  • 対 象:一般生活者(100名)ならびに、医療・保健指導スタッフ(100名)
  • 参加費:無料
  • 参加申込こちらのフォームからお申込みください ▶
  • プログラム
    ◆開会の挨拶:
    村田 正弘(認定NPO法人セルフメディケーション推進協議会会長代行)
    ◆講演1)「生活習慣病予防のための多接のすすめ」
    座長:和田 高士(東京慈恵会医科大学院健康科学教授)
    演者:池田 義雄(一般社団法人 日本生活習慣病予防協会理事長)
    ◆講演2)「笑う門には福来たるーガンと生活習慣病予防」
    座長:佐治 重豊((財)がん集学的治療研究財団理事長/岐阜大学名誉教授)
    演者:永井 博弌(岐阜保健短期大学学長)
    ◆総合討論:
    各講演の演者および座長
    座長:宮崎 滋(公益財団法人結核予防会理事・総合健診推進センター長)
    演者:登壇者全員
    ◆閉会の挨拶:
    古田 榮敬(公益財団法人がん集学的治療研究財団事務局長・学校法人共済学園 日本保健医療大学客員教授)
  • 主 催
    一般社団法人 日本生活習慣病予防協会
  • 共 催
    公益財団法人がん集学的治療研究財団
    認定NPO法人 セルフメディケーション推進協議会
  • 後 援
    厚生労働省(申請中)、公益財団法人健康・体力づくり事業財団、健康日本21推進全国連絡協議会、糖尿病治療研究会、一般社団法人日本産業保健師会、読売新聞社 ほか
関連情報

全国生活習慣病予防月間について
日本生活習慣病予防協会

[soshinsha]

「特定保健指導」に関するニュース

2021年01月26日
【新型コロナ】接触確認アプリ「COCOA」がコロナ禍の心理的ストレスを減らす? 企業従業員の心の健康をどう守るか
2021年01月26日
スマホの運動アプリで1日の歩数を2000歩増やせる 新型コロナをきっかけに、運動への関心は世界中で拡大
2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月26日
人工知能(AI)を活用して大腸がんを高精度に発見 医師とAIが一体となり、がん検査の見逃しをなくす
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
2021年01月18日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 急激な温度変化は体にとって負担 血圧変動や脱水に注意
2021年01月18日
【新型コロナ】ワクチンの利益とリスク 正しく評価し、接種の判断を 日本感染症学会が提言「ゼロリスクはありえない」
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶