ニュース

シンボルマークとマタニティマークの情報を掲載 ~健やか親子21

 健やか親子21(第2次)の公式ホームページがこのほど、シンボルマークとマタニティマークの使用方法などについて情報を整理し、掲載を始めた。健やか親子21や妊産婦にやさしい環境づくりを推進するため両マークを使用したいときに役立つページになっている。

 「健やか親子21」のシンボルマークには平成12年、こども未来財団が「少子化への取り組みについての全国キャンペーン」で公募し、厚生労働大臣賞に選ばれた山形市在住のグラフィックデザイナー・松岡英男氏の作品を採用。

 「子どもがのびのびと健やかに、夢と希望を持って、光輝く星のように・・・☆」をコンセプトにしており、第1次では赤を基調カラーとしていた。

 2015年に第2次が始まったことに伴い、社会全体で子どもの健やかな成長を見守り、子育て世代の親を孤立させないよう支えていく温かな地域づくりのイメージカラーとして、背景色を薄緑色に変更。「健やか親子21」がより一層の普及するよう、啓発活動やイメージアップに一役買っている。

 そのため公式ホームページには新たに、マークの使用方法や1次からの変更に伴う注意事項などを整理して掲載。使用規定や使用許可申請書もダウンロードできる。

 一方、マタニティマークは妊娠・出産に関する安全性と快適さの確保を目指し、「健やか親子21」推進検討会が発表したもの。妊産婦が公共交通機関などを利用するとき、周囲が配慮を示しやすくなることを目的としている。

 マタニティマークは交通機関だけでなく職場や飲食店、さまざまな公共機関が「妊産婦にやさしい環境づくり」を推進する際に使えるよう、呼び掛け文を入れたデザインにすることも可能。デザインのサンプルや使用禁止例についても詳しく解説している。

「健やか親子21(第2次)」シンボルマークについて
マタニティマークについて
[yoshioka]

「地域保健」に関するニュース

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月26日
【新型コロナ】接触確認アプリ「COCOA」がコロナ禍の心理的ストレスを減らす? 企業従業員の心の健康をどう守るか
2021年01月26日
スマホの運動アプリで1日の歩数を2000歩増やせる 新型コロナをきっかけに、運動への関心は世界中で拡大
2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月26日
人工知能(AI)を活用して大腸がんを高精度に発見 医師とAIが一体となり、がん検査の見逃しをなくす
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶