ニュース

【母子保健】妊婦の糖代謝異常 診療・管理マニュアルの発刊など

 母子保健医療情報を発信する「健やか親子21(第2次)ホームページ」は、最新の関連情報「トピックス」を更新した。

最新トピックス(2016年2月15日更新)
    【2016.2.15更新】

    ・報道発表「遊具による子供の事故に御注意!」の掲載について(消費者庁)

    ・子どもを事故から守るプロジェクト「ストーブやファンヒーターでのやけどに注意!」(消費者庁)

    ・学校安全web 地域だより「第74回 安全教育及び事故防止の取り組みについて 新座市立第二中学校」の掲載(日本スポーツ振興センター)

    ・厚生労働省主催「母子感染の予防と対策」研修会の情報掲載について(日本家族計画協会)

    ・子ども虐待防止、オレンジリボン普及に関する共催イベントの募集について(児童虐待防止全国ネットワーク)

    ・第95回日本産婦人科医会記者懇談会資料「妊娠と栄養 ちいさく産んでおおきく育てようとしないでください」の掲載について(日本産婦人科医会)

    ・『妊婦の糖代謝異常 診療・管理マニュアル』の発刊について(日本糖尿病・妊娠学会)

    【2016.2.15追加 イベント情報】

    ・「母子感染の予防と対策」研修会(東京)

    ・「母子感染の予防と対策」研修会(大阪)

    ・女性の健康支援のための社会連携構築シンポジウム「いま日本女性の健康に求められるもの」

    ・厚生労働科学研究 成育疾患克服等次世代育成基盤研究推進事業 発表会「次世代を担う子供の健やかな育成のために」の開催について

    ※詳しい情報は、健やか親子21(第2次)ホームページを参照。

 「健やか親子21」は、平成13年から始まった母子の健康水準を向上させるための様々な取組を、みんなで推進する国民運動計画。

 母子保健はすべての子どもが健やかに成長していくうえでの健康づくりの出発点であり、次世代を担う子ども達を健やかに育てるための基盤となる。

 平成27年度からは、現状の課題を踏まえ新たな計画(~平成36年度)が始まった。

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」は、情報収集や情報を共有することによる交流・連携ができる有用なツールとして、様々な活動に役立つことを目的とする。

健やか親子21(第2次)ホームページ
2015年度 トピックス一覧

[soshinsha]

「健診・検診」に関するニュース

2021年01月28日
【オピニオン新連載】行動科学に基づいた保健指導スキルアップ~対象者の行動変容を促すには?~
2021年01月26日
【新型コロナ】接触確認アプリ「COCOA」がコロナ禍の心理的ストレスを減らす? 企業従業員の心の健康をどう守るか
2021年01月26日
スマホの運動アプリで1日の歩数を2000歩増やせる 新型コロナをきっかけに、運動への関心は世界中で拡大
2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月26日
人工知能(AI)を活用して大腸がんを高精度に発見 医師とAIが一体となり、がん検査の見逃しをなくす
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
2021年01月18日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 急激な温度変化は体にとって負担 血圧変動や脱水に注意
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶