ニュース

職場での健診項目見直しへ ~安衛法に基づく定期健診等検討会初会合

 「労働安全衛生法に基づく定期健康診断等のあり方に関する検討会」の第1回会合が2月8日に開かれ、職場での健診のあり方などについて審議を行った。労働者を取り巻く現状や医療検査技術の進歩などを踏まえてより実情に即した健診内容にするとともに、別途、見直しが行われている特定健診・保健指導の検討会とも連携していく考え。

 労働安全衛生法(以下、安衛法)に基づく定期健診についてはこれまで平成元年、10年、19年に改正され、生活習慣病などに対応する項目の追加などが行われてきている。

 一方、高齢者医療確保法では安衛法に基づく定期健診の結果を医療保険者の求めに応じて提供しなければならない、と規定。特定健診・保健指導の分野では、「特定健康診査・特定保健指導のあり方に関する検討会」(健康局)が技術的事項を、「保険者による検診・保健指導等に関する検討会」(保険局)が制度的事項を検討する形で見直しを開始している。そのため「労働安全衛生法に基づく定期健康診断等のあり方に関する検討会」は両検討会とも連携しながら、内容の整備にあたる方針。

 第一回の検討会では、厚労省が示した検討内容案について審議が行われ、高齢化やストレスチェック制度の創設など労働者の健康管理を取り巻く状況の変化や医療技術の進展などを踏まえ、診断項目や診断方法の見直しを行うことなどが確認された。

 また平成24年労働者健康状況調査で定期健診の実施率が事業所全体の91.9%、その中での労働者受診率が81.5%にとどまっていることから、受診率向上の必要性も問題提起。労安法では保健指導の実施は努力義務となっているが、医師や保健師による保健指導を行うべきかについても検討を重ねていく。

 今後は定期健診で見直すべき診断項目などについて審議を行い、今年夏ごろに中間とりまとめ、12月に最終とりまとめの検討をする予定で進められる。

第1回 労働安全衛生法に基づく定期健康診断等のあり方に関する検討会
[yoshioka]

「健診・検診」に関するニュース

2021年06月29日
産業保健師活用テキスト『産業保健師がいること』のご紹介
2021年06月28日
【生活習慣病の医療費】トップは入院では「脳血管障害」、入院外では「糖尿病」 特定健診と特定保健指導が重要 健保連
2021年06月01日
実行しやすい健康改善プランを提案するAI(人工知能)を開発 健診データから1人ひとりに最適なプランを選択
2021年06月01日
日本の代表的な6研究機関が連携 36.6万人規模のゲノムコホートを構築 「個別化医療・個別化予防」の早期実現を目指す
2021年05月26日
2021年度版【保健指導アトラス】を公開!保健指導に携わる人が知っておきたい法律・制度
2021年05月20日
【オピニオン新連載】緊急事態宣言下で前進した特定保健指導のオンライン化と働き方 ―総合健康保険組合の取り組み―
2021年05月18日
心理的ストレスが腸内細菌を乱すメカニズムを解明 うつ病に腸内細菌叢が大きく関わっている 「脳腸相関」を解明
2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年05月10日
「腸内環境」は植物性食品で整えられる 肥満やメタボの人は「腸内エコシステム」が乱れやすい
2021年05月10日
【新型コロナ】リモートワークで生活リズムが乱れ睡眠不足に 自然光の変化に合わせた室内照明で睡眠の質を向上
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶