ニュース

日本保健師活動研究会「保健活動の評価指標の研究報告(平成27年度)」公表

 日本保健師活動研究会はこのほど、平成27年度「保健活動の評価指標の研究報告」を公表した。研究の成果として、保健師による保健活動の実態を"見える化"し、保健師の活動の効用を示す「保健活動の評価指標・評価マニュアル」も作成。全国で活用されるよう「保健活動の評価指標集」として、全国の市区町村および保健所、事業所などに配布された。

 公的介護保険制度の運用に伴い、近年はヘルパーや介護福祉士、訪問看護師など、家庭を訪問して活動する職種が増えている。そのような中にあって保健師の果たす役割はどのようなものなのか、明確に説明するのが難しい場合もある。一方で、ほかの職種と違い、保健師には支援を求めない人とも関わるなど独自の活動があり、それらの成果も含めて活動内容を"見える化"できないかと考えられてきた。全国どこでも保健活動を標準的に評価できる仕組みづくりが求められてきたことも背景にある。

 これまでも保健師が行った活動は報告が求められてきたが、実績だけにとどまり、活動したことによる成果や活動の質までは示されてこなかった。そこで平成22年度から27年度にわたって、厚生労働科学研究補助金による研究として評価指標の開発を実施。全国の市町村および保健所、また産業保健の保健師の協力も得て進められてきた。

 内容としては、主に市町村の保健活動として「母子保健活動」、「健康づくり活動」、「高齢保健福祉活動」の3分野と、保健所の保健活動として「精神保健福祉活動」、「感染症対策」、「難病対策」の3分野。これらに産業保健活動を加えて、計7分野で評価指標が収められている。評価指標ごとに留意するべき「評価マニュアル」も付記している。

 研究では保健師によって評価マニュアルのわかりやすさや、有用性などについて検証も行われており、今後もさらに検討を重ねて内容を充実させていくことなどが報告されている。

保健活動の評価指標の研究報告(平成27年度) 日本保健師活動研究会
[yoshioka]

「地域保健」に関するニュース

2021年06月29日
【新型コロナ】ワクチンを否認しているのはどんな人? 全国で大規模調査を実施 情報発信が必要「地域や社会の健康と回復につながる」
2021年06月29日
夫が育児に参加すると妻の心理的苦痛を低減できる 男性も積極的に育児に取組む必要が 7万組超の夫婦を調査
2021年06月29日
産業保健師活用テキスト『産業保健師がいること』のご紹介
2021年06月28日
【生活習慣病の医療費】トップは入院では「脳血管障害」、入院外では「糖尿病」 特定健診と特定保健指導が重要 健保連
2021年06月28日
高齢者の脳の老化予防に効果的なのはウォーキングなど「有酸素運動」 記憶力が低下する前に運動を始めることが大切
2021年06月28日
肥満は薄毛・脱毛も引き起こす 肥満を早期から予防すれば、毛を生やす細胞を維持できる メカニズムを解明
2021年06月25日
【新型コロナ】ワクチン接種で副反応が 熱が出たら市販の解熱鎮痛剤を利用することも可能 厚労省が成分を示す
2021年06月25日
【健やか21】「一般のみなさまへ 妊娠中の体重増加の目安について」の掲載について(日本産科婦人科学会)
2021年06月22日
「食中毒」の季節が到来 「予防の3原則」で夏を快適に過ごす 食中毒にともなう脱水を防ぐには
2021年06月22日
【新型コロナ】野菜や魚を食べると新型コロナが重症化しにくい 健康的な生活スタイルで感染対策
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶