ニュース

どんな場合に、どう呼べばいいの?もしもの時の救急車利用法(内閣府)

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」より、学校保健・母子保健に関する最新情報をピックアップ。

お役立ち記事「どんな場合に、どう呼べばいいの? もしものときの救急車の利用法」掲載について(内閣府)
 突然の重い病気やひどいケガをした人に、応急手当を行い適切な医療機関に搬送するのが救急隊の役目です。近年、救急車の出動件数は増加傾向であり、また、救急要請を受けてから現場に到着するまでの時間も伸びています。

 救急車は、今すぐに医療が必要な人のための限りある資源なので、症状の軽い方が安易な救急要請をすることは望ましくありません。症状の軽い方はご自分で病院に行き、緊急性が高いと判断したときは、迷わず救急車を要請してください。
(続く)

他にも学校保健・母子保健に関する最新情報多数!!!

最新トピックス(2016年9月8日更新)


    ・報道発表「切れ目のない保育のための対策について」の掲載について(厚生労働省)
    ・『叩かない子育て』推奨パンフレットの作成について(さいたま市私立保育園協会)
    ・報道発表「保育所等関連状況取りまとめ(平成28年4月1日)及び待機児童解消加速化プラン集計結果を公表」の掲載について(厚生労働省)
    ・報道発表「全国マタハラ未然防止対策キャラバンを実施します」の掲載について(厚生労働省) ・「喫煙と健康 喫煙の健康影響に関する検討会報告書」の掲載について(厚生労働省)
    ・お役立ち記事「どんな場合に、どう呼べばいいの? もしものときの救急車の利用法」掲載について(内閣府)
    ・平成28年度学校施設の防災対策セミナーの開催について(文部科学省)
    ・「子供の歯みがき中の事故に注意!?安全対策の検討に着手しました?」の情報掲載について(東京都生活文化局)
    ・報道発表「親と子のよい歯のコンクールの優秀者決定」の掲載について(厚生労働省)

    ※詳しい情報は、健やか親子21(第2次)ホームページを参照。

「健やか親子21」とは?
母子の健康水準を向上のための国民運動計画

 「健やか親子21」は、平成13年から始まった母子の健康水準を向上させるための様々な取組を、みんなで推進する国民運動計画。

 平成27年度からは、現状の課題を踏まえ新たな計画(~平成36年度)が始まりました。

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」は、情報収集や情報を共有することによる交流・連携ができる有用なツールとして、様々な活動に役立つことが目的。

健やか親子21(第2次)ホームページ
2015年度 トピックス一覧

[保健指導リソースガイド編集部]

「学校保健」に関するニュース

2022年10月24日
【新型コロナ】不安やうつを予防するのに「健康的な食事」が効果 ストレスになるニュースを遮断するのも有効
2022年10月24日
【子宮頸がん】HPVワクチンのキャッチアップ接種は必要としている女性に届く? 9年近くにわたった積極的勧奨の差し控え
2022年10月20日
改善が見られたものは約5割に 課題は次期プランへー健康日本21(第二次)最終評価報告書
2022年10月20日
児童虐待防止対策を更に推進 こども家庭庁創設を前に、より一層の取り組み強化を~一時保護時の子どもの聴取援助支援員養成など
2022年10月11日
なぜ夕食が夜遅いとつい食べ過ぎてしまうのか? 肥満やメタボに食事タイミングが影響
2022年10月11日
熱帯夜による「睡眠障害」の被害は熱中症に匹敵 エアコンが適切に使われていない可能性が
2022年10月03日
【子宮頸がん】HPVワクチンは効果が高いことを確認 初交前に接種すると予防効果は78%に上昇 広くアピールする必要が
2022年10月03日
【睡眠健診】睡眠を見直し生活リズムを改善 健やかな発育・発達を 「子ども睡眠健診」プロジェクト
2022年09月26日
【社会生活基本調査】男性の家事・育児などの時間は過去最長 でも女性はその4倍に 「男性中心型社会」からの脱却が必要
2022年09月20日
妊娠中に発酵食品を食べると生まれた子供は睡眠不足が少ない? 母親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
アルコールと保健指導

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶