ニュース

どんな場合に、どう呼べばいいの?もしもの時の救急車利用法(内閣府)

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」より、学校保健・母子保健に関する最新情報をピックアップ。

お役立ち記事「どんな場合に、どう呼べばいいの? もしものときの救急車の利用法」掲載について(内閣府)
 突然の重い病気やひどいケガをした人に、応急手当を行い適切な医療機関に搬送するのが救急隊の役目です。近年、救急車の出動件数は増加傾向であり、また、救急要請を受けてから現場に到着するまでの時間も伸びています。

 救急車は、今すぐに医療が必要な人のための限りある資源なので、症状の軽い方が安易な救急要請をすることは望ましくありません。症状の軽い方はご自分で病院に行き、緊急性が高いと判断したときは、迷わず救急車を要請してください。
(続く)

他にも学校保健・母子保健に関する最新情報多数!!!

最新トピックス(2016年9月8日更新)


    ・報道発表「切れ目のない保育のための対策について」の掲載について(厚生労働省)
    ・『叩かない子育て』推奨パンフレットの作成について(さいたま市私立保育園協会)
    ・報道発表「保育所等関連状況取りまとめ(平成28年4月1日)及び待機児童解消加速化プラン集計結果を公表」の掲載について(厚生労働省)
    ・報道発表「全国マタハラ未然防止対策キャラバンを実施します」の掲載について(厚生労働省) ・「喫煙と健康 喫煙の健康影響に関する検討会報告書」の掲載について(厚生労働省)
    ・お役立ち記事「どんな場合に、どう呼べばいいの? もしものときの救急車の利用法」掲載について(内閣府)
    ・平成28年度学校施設の防災対策セミナーの開催について(文部科学省)
    ・「子供の歯みがき中の事故に注意!?安全対策の検討に着手しました?」の情報掲載について(東京都生活文化局)
    ・報道発表「親と子のよい歯のコンクールの優秀者決定」の掲載について(厚生労働省)

    ※詳しい情報は、健やか親子21(第2次)ホームページを参照。

「健やか親子21」とは?
母子の健康水準を向上のための国民運動計画

 「健やか親子21」は、平成13年から始まった母子の健康水準を向上させるための様々な取組を、みんなで推進する国民運動計画。

 平成27年度からは、現状の課題を踏まえ新たな計画(~平成36年度)が始まりました。

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」は、情報収集や情報を共有することによる交流・連携ができる有用なツールとして、様々な活動に役立つことが目的。

健やか親子21(第2次)ホームページ
2015年度 トピックス一覧

[soshinsha]

「学校保健」に関するニュース

2021年06月29日
夫が育児に参加すると妻の心理的苦痛を低減できる 男性も積極的に育児に取組む必要が 7万組超の夫婦を調査
2021年06月25日
【健やか21】「一般のみなさまへ 妊娠中の体重増加の目安について」の掲載について(日本産科婦人科学会)
2021年06月22日
「食中毒」の季節が到来 「予防の3原則」で夏を快適に過ごす 食中毒にともなう脱水を防ぐには
2021年06月18日
【健やか21】「12 歳以上の小児への新型コロナウイルスワクチン接種についての提言」の発表について(日本小児科医会)
2021年06月16日
全粒穀物が肥満やメタボのリスクを低下 低炭水化物やプラントベースのダイエットにも質の良い炭水化物が必要
2021年06月14日
ダンスを通じてバランス・認知能力・運動能力を改善 パーキンソン病患者さんのためのダンス教室を開催
2021年06月11日
12歳までの児童期に運動をすると中高齢期の認知機能の維持・増進につながる 脳内ネットワークの最適化が促される
2021年06月07日
【新型コロナ】見えないウイルスを仮想空間で視覚化 VR教育コンテンツを開発 医療・介護施設での感染防止に
2021年06月04日
【健やか21】「学校における熱中症対策ガイドライン作成の手引き」の作成について(文部科学省)
2021年06月01日
熱中症を予防するための8ヵ条 マスク着用で熱中症リスクが上昇 マスクをはずして休憩も
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶