ニュース

「がん患者と家族に対する緩和ケア提供の現況調査」報告書を公表 厚労省

 厚生労働省はこのほど、がんなど生命を脅かす病気を患った患者と家族のあらゆる苦痛を和らげ、生活の質を向上させる「緩和ケア」を提供している病院について、調査結果をまとめて公表した。調査したのは「地域がん診療連携拠点病院」のうち、緩和ケアを提供する体制に工夫がなされている日本海総合病院(山形県酒田市)、川崎市立井田病院(神奈川県川崎市)、聖隷三方原病院(静岡県浜松市)、市立豊中病院(大阪府豊中市)、松江市立病院(島根県松江市)の5病院。

 同調査は、地域がん診療連携拠点病院における患者と家族への緩和ケア提供で、効果的な連携が取れている取り組みを調査し、広く医療関係者などに情報提供することを目的としている。そのうえで、一般の人々に対しても緩和ケアが「より良く生きる1つの方法」として理解が広まることを期待している。

 報告書では診断、通院、入院、退院、在宅といった状況ごとに、緩和ケアを受ける体制について具体的な取り組みを紹介しながら、工夫されていたポイントなどを分かりやすく説明。チーム内での情報共有の方法や、緩和ケア病棟の環境づくりなど、多岐にわたって情報をまとめ、それぞれの地域における支援体制の見直しに有効な内容となっている。

 また各病院の取り組みについては、個別報告書で詳しく解説。各部署の工夫や地域のリソースの活用など、具体的な支援体制について紹介している。

 このうち川崎市立井田病院では、幼い子どもが2人いる40代女性が、痛みを管理するため緩和ケア病棟に入院したうえで、「自宅に帰り、家族とできるだけ長く過ごしたい」という願いを実現したケースを紹介。

 病棟に入院中に、(1)痛みそのものへのケア、(2)がんに伴う痛み以外の症状へのケア、(3)栄養状態を保つための対応が行われ、退院後も入院中のケアが継続されていることなどを説明している。

 報告書では「緩和ケアにおいて、残された時間を家族とともに自宅で療養しながら過ごすことは有力な選択肢である」としたうえで、「これまで病院で受けてきた医療ケアが退院後も継続され、患者の状態に応じた患者と家族の苦痛を和らげる緩和ケアについて地域の医療機関や介護事業所との協力や連携を一層強化していくことも求められている」と解説。 さらに、患者と家族の想いや願いに寄り添い続けることが重要であることも強調している。

報道発表「がん患者と家族に対する緩和ケア提供の現況に関する調査」の結果を公表します(厚生労働省)
[yoshioka]

「がん」に関するニュース

2021年05月26日
2021年度版【保健指導アトラス】を公開!保健指導に携わる人が知っておきたい法律・制度
2021年04月13日
「腸内環境」が高齢化すると生活習慣病に関連する代謝物が増える 「腸内細菌叢」を若く保ち加齢疾患のリスクを低下
2021年04月12日
【子宮頸がんを予防する日】予防ワクチンの接種を受ければ9割の感染を防げる 定期的な検診で女性の未来を守れる
2021年04月06日
玄米や麦ごはんなどの「全粒穀物」が心臓病や脳卒中のリスクを低下 「超加工食品」の食べ過ぎにも注意
2021年03月23日
【新型コロナ】コロナ渦でも楽しく運動を スポーツ庁が「オリジナル運動コンテンツ紹介サイト」を公開
2021年03月09日
野菜3皿、果物2皿を毎日食べるともっとも健康的 食べ過ぎに注意が必要な野菜も判明 10万人を調査
2021年03月02日
女性が多量飲酒をすると乳がんリスクが1.7倍に上昇 女性ホルモンが影響か 日本人女性16万人対象の大規模調査
2021年02月24日
健康寿命を伸ばすための10の方法 横断的根拠にもとづき具体的にアドバイス 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月10日
「がんになっても笑顔で暮らせる社会」 がんサバイバーのためのプロジェクト「LAVENDER RING」 206人の向き合い方をフォトブックに
2021年02月09日
がん治療と仕事を両立する「がんサバイバー労働者」 働けていることに幸福感 就労復帰後も健康感などを向上させるサポートが必要
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶