ニュース

「乳がん」早期発見のきっかけはセルフチェック 定期的な検診が決め手

 乳がんに気付くきっかけは「セルフチェック」だった。早期に乳がんが発見された患者の37%は年1回の乳がん検診を受けていた――乳がんを早期発見するために検診を定期的に受けることが大切であることが、ドコモ・ヘルスケアの調査で明らかになった。
 10月は「乳がんの早期発見・早期治療」を啓発、推進する「ピンクリボン月間」となっている。これに合わせ、ドコモ・ヘルスケアが乳がん患者の女性160人を対象にアンケート調査を実施した。

 乳がん患者のコミュニティサイト「イルイル」や乳がん患者会、ピンクリボン団体などの協力を得て行ったもので、乳がんに気付いたきっかけ、検診、情報収集、治療と仕事の両立についてなどの調査内容になっている。
乳がんに気付いたきっかけは4割が「セルフチェック」
 乳がんに気付いたきっかけを尋ねたところ、「セルフチェック」(40%)、「マンモグラフィ検査」(37%)という回答が得られた。次いで「超音波検査」(19%)、「視触診」(14%)となっている。「その他」と回答した人の中には「たまたましこりに触れて気付いた」というコメントもみられた。

 ステージ0~1の早期に乳がんが発見された患者に、乳がんと診断される前の検診受診頻度を聞いたところ、「年1回」(37%)、「2年に1回」(16%)、「年に2回以上」(3%)となり、合わせて56%に上る。早期発見者の半数以上が乳がん発見前に2年に1回以上の頻度で検診を受けていたことが分かった。

 乳がん発見後、病気に関する情報をどこから収集したか尋ねると、「インターネット」(63%)という回答が、「主治医」(78%)の次に多かった。「同じ病気の患者のブログ」(31%)が、「看護師など主治医以外の医療者」(25%)を5ポイント上回っており、医師・看護師と同程度に、インターネット上の情報を頼りにしているということが分かった。
79%が罹患中も仕事に就いている 「仕事は続けた方が良い」
 乳がん発見前に仕事をしていた人に、乳がん発見後の就労状況について聞いたところ、「休職せず仕事を続けた」(46%)、「休職して復職した」(24%)、「やめたが再就職した」(9%)となり、79%が罹患中の現在も何らかの仕事に就いていることが分かった。

 また、乳がんを経験した立場から、他の女性たちに勧めたいことについて聞いたところ、「仕事は続けた方が良い」というアドバイスが多く集まった。

 乳がん発見後、治療と仕事の両立について誰に相談したか尋ねると、「会社の上司・同僚」(36%)が多く、「主治医」(30%)、「家族」(28%)と続いた。18%は「誰にも相談していない」と答えており、「友人・知人」(12%)よりも多かった。
マンモグラフィ検診の定期的な受診が大切
 湘南記念病院乳がんセンター長の土井卓子氏は今回の調査について、「セルフチェックは、女性が自分のからだの変調に気がつくための大切なきっかけです。タイミングとしては、月経前は乳房が張るので、月経後が適切です」とコメントし、「しかし、セルフチェックで発見できるのは、ある程度大きくなってからのがんなので、小さながんを早期発見するためには十分ではありません」と解説している。

 「セルフチェックだけで安心するのではなく、マンモグラフィ検診も定期的に受診することをお勧めします」と、土井氏は指摘している。

 さらに、「がんと診断されると、仕事をやめてしまう人もいますが、現在では、さまざまな治療法が出ています。仕事を続けながら行える治療も増えているので、常に前向きにとらえましょう」とアドバイスしている。

カラダのキモチ(ドコモ・ヘルスケア)
[Terahata]

「がん」に関するニュース

2021年05月26日
2021年度版【保健指導アトラス】を公開!保健指導に携わる人が知っておきたい法律・制度
2021年04月13日
「腸内環境」が高齢化すると生活習慣病に関連する代謝物が増える 「腸内細菌叢」を若く保ち加齢疾患のリスクを低下
2021年04月12日
【子宮頸がんを予防する日】予防ワクチンの接種を受ければ9割の感染を防げる 定期的な検診で女性の未来を守れる
2021年04月06日
玄米や麦ごはんなどの「全粒穀物」が心臓病や脳卒中のリスクを低下 「超加工食品」の食べ過ぎにも注意
2021年03月23日
【新型コロナ】コロナ渦でも楽しく運動を スポーツ庁が「オリジナル運動コンテンツ紹介サイト」を公開
2021年03月09日
野菜3皿、果物2皿を毎日食べるともっとも健康的 食べ過ぎに注意が必要な野菜も判明 10万人を調査
2021年03月02日
女性が多量飲酒をすると乳がんリスクが1.7倍に上昇 女性ホルモンが影響か 日本人女性16万人対象の大規模調査
2021年02月24日
健康寿命を伸ばすための10の方法 横断的根拠にもとづき具体的にアドバイス 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月10日
「がんになっても笑顔で暮らせる社会」 がんサバイバーのためのプロジェクト「LAVENDER RING」 206人の向き合い方をフォトブックに
2021年02月09日
がん治療と仕事を両立する「がんサバイバー労働者」 働けていることに幸福感 就労復帰後も健康感などを向上させるサポートが必要
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶