ニュース

国立成育医療研究センター オンライン小児科医相談サービスの臨床研究実施

 国立成育医療研究センター政策科学研究部は11月1日から、横浜市栄区において、産後早期からスマートフォンなどを使った小児遠隔医療相談サービスを受けることで、母親の不安解消や子どもの健やかな成長につながるかどうかを明らかにする臨床実験を行う。ランダム化比較試験の手法で、スマートフォン等による小児科医との相談の効果を検証する試みは国内初。

 国立成育医療研究センター政策科学研究部、小児遠隔医療相談サービス「小児科オンライン」を提供する株式会社Kids Public、横浜市栄区が産学官で取り組むもの。研究名は「自治体における母の産後不安と児の皮膚状態に対する小児遠隔医療相談の有用性に関するランダム化比較試験(栄区母子小児医療相談研究):Sakae Infants and Mothers with Pediatric teLEconsultation study, SIMPLE Study(シンプル・スタディ)」。

 「小児科オンライン」はLINEや電話、Skypeを使って自宅から小児科医に相談できるサービス。スマートフォンなど使い慣れた機器を使って、自宅をはじめ都合の良い場所から直接、小児科医に子どもの健康や育児について、気軽に相談できるようになっている。

 研究では産後うつや虐待のリスク回避に重要とされる産後早期から専門家に相談できる体制を整えることで、母親の不安を解消できるかどうか、その効果を検証する。また、アトピー性皮膚炎の予防など、適切なスキンケアのアドバイスを専門家から受ければ皮膚状態が改善するかなど、子どもの健康状態についても検証する。

 具体的には、2017年11月1日から2018年3月31日までに、横浜市栄区に出生連絡票を提出する人の中から研究に協力する母子を募集。「小児科オンライン」を、「前半:研究参加時~生後4ヶ月0 日まで」か「後半:生後5ヶ月0日~生後8ヶ月0日まで」のいずれかの期間で利用してもらい、利用後にアンケートで母子の状態を確認する。この研究により、次世代的な産後ケアの新たな可能性を広げることが期待されている。

プレスリリース「遠隔医療相談サービス「小児科オンライン」を介した "次世代産後ケア"の臨床研究を産学官で開始」(国立成育医療研究センター)
[yoshioka]

「地域保健」に関するニュース

2022年08月16日
食事指導を個別化し肥満やメタボを改善 1人ひとりの好みやスタイルに合わせた食事プログラム
2022年08月16日
中年女性の肥満を予防・改善するための新しいガイドライン 保健指導は女性にも必要 早期の介入が効果的
2022年08月16日
【新型コロナ】「子供のメンタルヘルス」を改善 大人のワクチン接種や社会経済的な環境が影響
2022年08月16日
【新型コロナ】家庭内暴力など家族の問題が増加 児童虐待の不安はどういう人に起こりやすい?
2022年08月16日
【新型コロナ】感染後3ヵ月以内に糖尿病と心血管疾患のリスクが上昇 生活スタイル改善のアドバイスが必要
2022年08月09日
【新型コロナ】ノババックスのワクチンの3回目接種の結果 副反応の頻度は他のワクチンより低い
2022年08月04日
【新型コロナ】感染が疑われるときはどうすれば良い? 限りある医療資源を有効活用するために
2022年08月04日
【専門職の皆さまへ】地域・職域で実践できる飲酒・生活習慣改善指導!
「DASHプログラム」特設ページ開設のおしらせ
2022年08月02日
【新型コロナ】ストレスに弱くなり「頑張り」がきかなくなったのもコロナの後遺症?
2022年08月01日
【新型コロナ】モデルナのワクチンの3回目接種後の副反応は2回目に比べ減少 高齢者の1割は免疫反応がきわめて弱い
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶