ニュース

児童虐待を社会全体で解決―11月は児童虐待防止推進月間

 11月は児童虐待防止推進月間―。厚生労働省は今月、児童虐待問題に対する深い関心と理解を社会全体に広げるため、集中的に広報や啓発活動を行っている。今年の標語は、安間梓さん(愛知県)の作品「いちはやく 知らせる勇気 つなぐ声」で、児童虐待が疑われる場合は、児童相談所全国共通3桁ダイヤル「189(いちはやく)」に電話をするよう呼び掛けている。

 ポスターやリーフレット、ふせんなどを作成し、全国の関係機関や団体に配布。リーフレットでは、体罰によらない育児を推進する「子どもを健やかに育むために ~愛の鞭ゼロ作戦~」を紹介し、「爆発寸前のイライラをクールダウン」や「親自身がSOSを出そう」、「子どもの気持ちと行動を分けて考え、育ちを応援」などポイントを絞った広報を行っている。また「乳幼児揺さぶられ症候群」についての解説も加え、赤ちゃんが泣き止まないときの対処法なども分かりやすく伝えている。

 期間中は全国の自治体や民間団体でも独自の取り組みを行っており、厚生労働省のHPに紹介されている。このうちNPO法人児童虐待防止全国ネットワークは11月19日、東京都中央区銀座で「子どもの虐待死を悼み命を讃える市民集会」を開く予定。

 厚生労働省では「189」ダイヤルが匿名で連絡でき、通報内容の秘密は守られることなどを周知し、地域で孤立している親子や、子どもの養育に拒否や無関心を示す保護者についての情報を求めていきたい考え。

平成29年度「児童虐待防止推進月間」について(厚生労働省)
第15回子どもの虐待死を悼み命を讃える市民集会開催のお知らせ(児童虐待防止全国ネットワーク)
[yoshioka]

「地域保健」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月20日
「住環境」は健康増進にも影響 「断熱と暖房」が血圧や住宅内での活動量に寄与 足元が暖かいことも大切
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月13日
【新型コロナ】日本人はなぜ感染・死者数が少ない? 風邪でつくられた免疫が新型コロナにも有効に働いている可能性 理研
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶