ニュース

やせていても糖尿病に? 筋肉が少なく脂肪がたまると高血糖に

 「やせているから、糖尿病とは無縁」と思っている女性は多いかもしれない。しかし、やせていても安心はできない。筋肉が少なかったり、筋肉に脂肪がたまっていると、やせている女性でも2型糖尿病のリスクが上昇するという研究が発表された。
なぜやせた女性の糖尿病リスクが高いのか
 研究は、順天堂大学大学院医学研究科・スポートロジーセンターの河盛隆造センター長、田村好史准教授、染谷由希特任助教、代謝内分泌内科学の綿田裕孝教授らの研究グループによるもので、米国内分泌学会雑誌「Journal of the Endocrine Society」に発表された。

 研究グループは、やせた女性(体格指数(BMI)が18.5未満)のうち、血糖値が高い場合は、筋肉量が低下していたり、筋肉に脂肪が蓄積している可能性があることを明らかにした。

 近年、肥満だけではなく、女性の「やせ(体格指数:18.5未満)」が世界的に問題となっている。特に日本は、先進国の中でもっとも女性のやせ傾向が進んでおり、女性の8人に1人、20代女性の5人に1人以上が「やせ」と判定されている。

 「やせていれば健康」ということはなく、やせた女性は太った女性と同様に糖尿病の発症リスクが高いことが報告されている。順天堂大学の研究グループは今回の研究で、なぜやせた女性の糖尿病発生リスクが高いのかについて解明した。

関連情報
筋肉の「量」の低下や「質」の低下
 筋肉は人体の中でブドウ糖を貯蔵する最大の臓器だ。やせており筋肉量が少ない女性では、食後に十分な量のブドウ糖を筋肉に取り込めず、高血糖を生じやすいと考えられる。

 また、筋肉への脂肪蓄積は骨格筋の質の低下(インスリン抵抗性)を引き起こし、ブドウ糖を筋肉に上手く取り込めず高血糖となる可能性がある。

 やせた女性では、筋肉の「量」の低下や「質」の低下が生じているおそれがあり、そのような女性では糖尿病の発症リスクが高くなることが示された。
インスリンが少なく筋肉に脂肪をたまると血糖値が上昇
 研究グループは、やせた女性の割合がもっとも多い若年層と、糖尿病の発症リスクが高まる閉経後の年代層に着目。研究には、20歳代のやせた若年女性31人と、50~65歳までのやせた閉経後女性30人が参加した。

 参加者は、糖尿病かどうかを判定する検査のひとつである75g経口ブドウ糖負荷試験を受け、DXA法による体組成測定を受けた。DXA法(二重エネルギーエックス線吸収測定法)では、2種類のエネルギーのX線を測定部位に当てることにより骨密度の他、筋肉量や脂肪量の計測をすることができる。

 さらに、プロトンMRS法による異所性脂肪測定(脂肪肝、脂肪筋)などを受けた。脂肪の多くは皮下脂肪や内臓脂肪といった脂肪組織に蓄えられるが、それ以外の肝臓や筋肉などの異所にも蓄積される。そうした脂肪を異所性脂肪と呼ぶ。

 脂肪肝や脂肪筋がたまると、溜まった脂肪が毒性を発揮して、インスリン抵抗性が生じると考えられている。プロトンMRS法は、MRI(核磁気共鳴画像)の装置を用いて計測する方法。

 その結果、若いやせた女性と比較して、やせた閉経後女性では、糖負荷2時間後に140mg/dL以上となる耐糖能異常をきたす人が多く、測定を受けた女性の37%が該当するとことが明らかになった(同年代の女性での耐糖能異常の割合は17%程度)。

 さらに、やせた閉経後女性で、どのような人がより高血糖になりやすいかを詳しく解析したところ、インスリン分泌が低いことに加え、除脂肪体重(全身の筋肉の量を反映)が少ない人、筋細胞内に脂肪が蓄積(脂肪筋)している人ほど、血糖値が高いことが明らかになった。
「やせ」を改善する2つの方法
 研究グループによると、「やせ」は糖尿病に限らず、無月経、骨粗鬆症といったさまざまな疾患にも結びつくので、適切に是正することが肝心だという。

 「やせ」を改善する方法は大きく2つある。

(1)バランスのとれた食事
 やせの原因として栄養摂取不足が背景にあることが多いことから、バランスのとれた食事を適量摂ることが必須となる。
 例えば、若い女性でダイエットのために極端な炭水化物制限を続けていると、身体に必要なブドウ糖を産生・供給するために筋肉が分解されてしまうことや、不適切な食事によるタンパク質の摂取量不足により、筋量が低下し、高齢者で認められる筋量の減少(サルコペニア)と同レベルにまで筋量が低下するおそれがあるという。

(2)運動の習慣化
 正しい食事を摂ることに加えて、主に筋肉の「量」を増やす「レジスタンス運動」、「質」を高める「有酸素運動」への取り組みが重要となる。これらの運動は、厚生労働省から出されている運動ガイドラインでも推奨されている。

 やせた女性が糖尿病の発症を予防するために、筋肉の「量」の増加や「質」の改善を目指して、適切な栄養摂取や運動を行うことが重要だと、研究グループは強調している。

順天堂大学大学院医学研究科・スポートロジーセンター
順天堂大学大学院医学研究科・代謝内分泌内科学
Characteristics of Glucose Metabolism in Underweight Japanese Women(Journal of the Endocrine Society 2018年2月19日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2021年01月28日
【オピニオン新連載】行動科学に基づいた保健指導スキルアップ~対象者の行動変容を促すには?~
2021年01月26日
【新型コロナ】接触確認アプリ「COCOA」がコロナ禍の心理的ストレスを減らす? 企業従業員の心の健康をどう守るか
2021年01月26日
スマホの運動アプリで1日の歩数を2000歩増やせる 新型コロナをきっかけに、運動への関心は世界中で拡大
2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月26日
人工知能(AI)を活用して大腸がんを高精度に発見 医師とAIが一体となり、がん検査の見逃しをなくす
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
2021年01月18日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 急激な温度変化は体にとって負担 血圧変動や脱水に注意
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶