ニュース

佐賀のNPO法人が『教師のための2型糖尿病対応マニュアル』を作成

 NPO法人「日本IDDMネットワーク」(佐賀市)はこのほど、『教師のための2型糖尿病対応マニュアル』を作成し、公表した。
 2型糖尿病の児童・生徒にどのような対応をすればよいのか、注意すべき点は何か、といった教員の疑問や悩みにこたえる内容となっている。
GUM05_PH02074.jpg  糖尿病は成り立ちによって1型糖尿病や2型糖尿病などと分類される。

 このうち今回のマニュアルでは、2型糖尿病の児童・生徒のために学校ができる対応やサポートについて説明。(公財)テルモ生命科学芸術財団の助成を受けて制作され、大阪市立大学大学院・発達小児医学教室の医員の堀田優子さんと、同講師の川村智行さんが監修にあたった。

 2型糖尿病は生活習慣や遺伝的な影響でインスリンが出にくくなったり、効きにくくなったりすることで血糖値が高くなるもの。治療で血糖のコントロールができていれば、日常生活や学校生活を送ることができるとされている。

 そのためマニュアルでは糖尿病について、また2型糖尿病の症状についてまとめ、教員として通院の継続をうながすことや、生活習慣改善のサポートをすることが大切だと解説。

 また学校生活や学校行事への参加に制限はないが、治療法によって給食時の制限がある場合や、内服薬・インスリン注射の取り扱いについて留意事項があることなどを伝えている。

間違った知識や偏見でいじめが起こらないように
 マニュアルによると2型糖尿病の場合、クラスに公開する必要は基本的にないが、受診のために欠席や早退を繰り返す場合など、病気を公開した方がスムーズに学校生活を送れることもある、としている。

 また、間違った知識や偏見でいじめが起こらないよう、十分に見守る必要があることも強調している。

 マニュアルには、2型糖尿病の児童・生徒や保護者と話し合いながら、学校での対応を考えていく際に活用しやすいアンケートも添付。児童・生徒が安心して学校生活を送れるよう、教員と保護者が連携を取りながらどのようなサポートができるのか、情報をまとめている。

 マニュアルはHPからダウンロードできるほか、希望者には郵送もするという。

[yoshioka]

「学校保健」に関するニュース

2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月09日
保健師など保健衛生に関わる方必携の手帳「2022年版保健指導ノート」
2021年12月09日
多胎の妊娠サポートが最優秀賞〜健康寿命をのばそう!アワード母子保健分野
2021年11月30日
牛乳やヨーグルトなどの乳製品が高齢者の骨折や転倒のリスクを減少 カルシウムとタンパク質を十分に摂ることが大切
2021年11月18日
働く女性と児童・生徒の自殺者数が増加-令和3年版自殺対策白書
2021年11月16日
近くにファストフード店があると肥満や糖尿病になりやすい? ファストフードの栄養は30年間で悪化
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶